magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

人類がいなくなって1万年

チャンネルを変えたら「人類がいなくなった後、1万年で地球はどう変わるか」とか言うシミュレーションをやっていた。

200年くらいで建造物は倒壊し、舗装された道路は無くなり、植物が増え
森が広がり、それを食べる草食動物が増え、動物を食べる肉食獣も増える。

1万年もすると、人類がいたという痕跡は、エジプトのピラミッドや
中国の万里の長城などほんの一部しか残らなくて
地球は、緑豊かな自然の星に帰る、というもの。

実際、20年間人類が入っていない、ウクライナのチェルノブイリは
今、木々が増え、動物も以前より数が多いくらいだという。

チェルノブイリの原発事故は、広島原爆の500倍規模といわれ
この先自然が回復するには、長い年月がかかるだろうと予測されていた。
しかし、たったの20年で動植物は繁殖し、人間の作った建造物が朽ち果てているのに比べて
なんて自然はたくましいのだろうと、感心した。

「人類は地球にとって不治の病」と聞いたことがある。

人類こそが、地球の寿命を縮めている原因だ。

必要なものだけを捕り、必要なものだけを使い、多少の不自由さは我慢してじっと耐える。
そういう生活から進歩しなければ、今のような自然災害の問題は回避できたのか。

自分が存在することで、地球を殺そうとしているのだ、と指を突きつけられた気がした。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/07(土)|
  2. 日々是好日|
  3. エコ テレビ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

「ハチドリのひとしずく  いま、私にできること」

ハチドリのひとしずく いま、私にできること
辻 信一

4334974910
光文社 2005-11-22
売り上げランキング : 1330
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出版社 / 著者からの内容紹介
これは ちいさな力の大切さを教えてくれる
南米アンデスの 古くて新しいお話――



以前、西友がやっている「ハチドリキャンペーン」の記事を書いた。
『エコバッグ』

物語は、ほんの十数行の短いもので、誰にでも理解できる平易な言葉で書かれている。

改めてこの本を読んで、わたしが感心したのは
英訳する段階で「普段威張っている大きな動物達は・・・」という表現が
「これではハチドリが正義で、他の動物は悪だということになってしまう。
元々の話には、そんな善悪の区別はない。」
というところだ。

逃げた動物の中には、子供を連れて安全のために脱出したものもいたかもしれない。
自分にできることを思いつかなかっただけかもしれない。
逃げ出した他人を批判するのではなく、「いま、私にできること」をすればいいのだ。


例えば、電気をこまめに消すとか、水を無駄遣いしないとか。
たまにはキャンドルでムーディーな夜を過ごすとか。
輸入食材を買わずに、地元で取れた旬の野菜を食べるとか。

そんな簡単なことで、「自己満足に過ぎない」と思われるようなことでも、
何にもやらないよりはやった方がいいじゃない?
と、そういうことだ。

ハチドリ1羽ではひとしずくでも、それが何人も何十人も何百人も集まれば
大きな流れになるかもしれない。
そういうことだ。

無理をせず、気負わず「いま 私にできること」をすればいい。
できない大きな目標を掲げる必要はない。
やらない他人を非難することもない。
これは、そういうお話なのだ。

  1. 2007/12/13(木)|
  2. 本の話|
  3. エコ ハチドリ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

エコバッグ

先日テレビで見た、大地真央の持っているエルメスのエコバッグが、
158,000円もすると知って驚いた。

少し前にも、販売数の少ないエコバッグを求めて長蛇の列。
みたいなニュースを見たけども、その直後のテレビで、やはり
江角マキコがそのバッグを持っているのを見た。

やっぱ、芸能人は違うわね~。

江角の持っていたバッグは、デザイン的にあまり好きではなかったので興味はないが、
エルメスのエコバッグは「すてき!」と思った。
ぐるりとファスナーの付いた皮製の平たいケースで、開くと中からシルクのバッグ部分が出てくる仕組み。
革のケースはそのままバッグの底部分になる。

少し前にわたしは、西友の「ハチドリキャンペーン」のエコバッグを買った。
ポリエステルで折りたたみ式。値段は197円。
これが重宝なのだが、牛乳とかお肉とか、冷たいものを買って袋に入れて
バスの座席で自分の膝の上に載せていると、すっごく冷たいのだ。
エルメスは底が皮製だからそんなことないだろうなあ、いいなあと思ったのだ。
(エルメスのエコバッグを買うような奥様が、バスで買い物に行くとは思えないのだが(^^;)
3万くらいなら買っちゃうか?などと思ったわたしがバカだった。
ブランド音痴もここまで来ると、立派なものです。と、自分を褒めておこう。

各スーパーでは「レジ袋削減」とかで、マイバッグ持参の方にはカードにスタンプを押して割引券にしちゃう。
というところもあるようだ。
他にも、買い物額に応じてポイントをつけるとか。

しかし、わたしは西友の「マイバッグ持参の方には、一律2円引き」というのが、シンプルでいいと思う。
ハチドリのエコバッグを買ったときも「2円引き」にしてくれた。
だから、195円で買ったことになる。

いろんな店に行くと「ポイントカードはお持ちですか?」「お作りしますか?」と聞かれる。
大抵は、面倒なので断る。
自分がどこのカードを持っているのか、わからなくなるからだ。
よく行くスーパーとコンビニのものを1枚ずつ持っているくらいで、他は作っていない。
お店にすれば、ポイントカードを作れば「次もそこで買い物しよう」と思うから、集客のための一つの方法だろうが、
それよりも西友の「どなたでも、一律2円引き」が簡単で便利だ。
手間がない分「西友で買い物しよう」と思う人も増えるだろう。

ジャスコでは「レジ袋有料化」で、1枚5円で試験的に販売しているというニュースを以前に見た。

販売が5円なら、値引きも5円にならないかしらん。と思う、今日この頃。 


  1. 2007/11/09(金)|
  2. 日々是好日|
  3. 暮らし エコ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。