magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

アカマイ広告

あまり熱心でないブログユーザーのわたし。
ある日突然、自分のブログにでっかい広告が表示されていて
「あまりに更新しないので、1ヶ月どころかもっと早い単位で広告表示されるようになったのか?」
と思ったが、他のユーザにとっても突然のことだったようで、
公式インフォメーションでは怒涛の怒りコメントが寄せられていますね。

わたし個人としては、「ん~無料だし、広告表示もしようがないか~」
程度の感想だったが、出人さんのブログ~David the smart ass~を見ると、
親切にもこの広告をカスタマイズするスタイルシートを公開してくれた方がいらっしゃる。
『麻生阿檀さんのスタイルシートを試す~アカマイ高速化広告表示』(2)
無知なわたしにとっては、大変ありがたい。

その親切な方 麻生/阿檀さんの記事 『アカマイ広告用に、スタイルシートを追加してみた。』
によると「200%フリーユース」ということなので早速使わせていただく。

うん。見た目も前よりは格段にいい。

わたしはあまりサイトデザインとかにこだわりがあるわけではないが
デフォルトの表示はちょっといただけない。

FC2も事情があっての広告表示だろうし、無料ユーザーの身としては
広告表示はしかたないかなと思う部分もあるので、当面このCSSを使わせていただこうと思います。

ありがとうございました(^-^)



*追記(2009年4月18日)

2009年4月17日の出人さんの記事『広告カスタマイズは規約違反で処分の虞(おそれ)~アカマイ高速化広告表示(6)』

FC2からの回答です

>FC2ユーザサポートXXと申します。
>いつもFC2をご利用頂きありがとうございます。

>お問い合わせいただきました件ですが
>弊社からの広告につきましては
>故意にカスタマイズした場合は
>規約違反となり、処分の対象となりますので
>何卒、御了承くださいませ。

>以上、今後ともFC2を宜しくお願い致します。

と言う事でした 広告のカスタマイズは 一切してはダメみたいですね

→ユーザーフォーラム
高速コンテンツ配信システム導入における広告表示について語るスレ



というFC2側からの回答メールが紹介されていました。

麻生/阿檀さんのCSSは、デザイン的に気に入っていたのだけれど、
FC2側がこういう判断を出したのならば、わたしが使っているのも
麻生/阿檀さんや出人さんに迷惑がかかるかもしれないので、
CSSは削除いたします。

デフォルトの表示に戻します。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日)|
  2. 日々是好日|
  3. ブログ カスタマイズ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

ブログカスタマイズ

ユーザーフォーラムを見ると、毎日ブログのカスタマイズに勤しむ人たちの、様々な質問が寄せられている。

わたしなどは、自分にHTMLの知識が無いので
カスタマイズなどは端から諦めていて、作られたものを使わせていただいている状況だ。

今日は、遅ればせながら「ユーザータグ」なるものに気付いた。

なるほど、これをつければ同じテーマで記事を書いた他の人のブログが読めるのだな。
付けてみよう。

早速「猫」と入れてみる。
リンク変換もしてみる。

しかし、あまりにも記事中に「猫」という文字が多いため、文中文字の色が変わりすぎて目障りだ。
でも、リンクしてないと、ここからは他の記事に飛べないのよね。
何か便利な方法はないかしら。
1箇所だけリンクしてればいいんだけど。

あちこち検索してみる。
すると、出人さんのところで、記事の最後にすっきりとタグがまとまっているのを発見する。

これ、これ!こんな感じにしたいのよ。
どうしたらいいのかしら。
と、またまたあちこち検索する。

あら。インフォメーションからマニュアルへ誘導しているじゃないの。
これを使って何とかできないのかしら。

あちこちとテンプレートを弄る。

で、何とかタグのリンクも小さく追加できたのだけど、いかがでしょう。
わたしのカスタマイズなんて、こんなものなのである。

  1. 2006/09/29(金)|
  2. 日々是好日|
  3. タグ カスタマイズ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。