magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

金曜日の花束

信号待ちをしている時、街角の花屋で、スーツ姿の若い男性が花を選んでいるのを見かけた。

真剣な眼差しで一つ一つの花を見比べ、
ガラスケースの中を指差して店員さんに花を取り出してもらっていた。

誰かへのプレゼントだろうな。

店の中をあちこち歩き、店員さんを従えてあれこれと花を指差す。
店員さんは指示通り、花を1本2本と抜き出しては左手に持ち束ねている。

その時彼が選んでいたのは、紫色の小さな花と、黄色のスプレー菊のような花。
赤い鶏頭。ピンクのミニバラ。

金曜日の夜に、スーツ姿でネクタイを締め、額に汗を浮かばせて真剣に花を選んでいる彼。

恋人へのプレゼントかしら。
黄色の菊と赤い鶏頭とは・・・うーん・・・。

手前に淡いピンクがかった白バラがあるから、店員さんに予算を言って
「このバラをメインに花束にしてください」って頼めば、適当に可愛く作ってくれるよ。
と、余計なアドバイスをしたい気持ちに駆られる。

全ての花を選び終わった彼は、ふーっと息をついて笑みを漏らしハンカチで汗をぬぐった。

その時信号が青に変わったので、あれこれと想像しながら人の流れにのって歩き出した。

金曜の夜に花束を持って恋人に会うのはプロポーズかしら。
黄色の菊と赤い鶏頭の花束をもらう彼女は、どんな表情をするかしら。
彼が一所懸命に選んでくれたんだもの。きっと喜んでくれるわね。
プロポーズの返事がイエスでありますように。
そして、何年も経ってから子供たちに
「お父さんがプロポーズのときにくれた花は、菊と鶏頭だったのよ」と微笑ましく語ってくれたらいいな。

そんなことを考えると、何だかうれしくなってしまったのだった。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/16(土)|
  2. 日々是好日|
  3. プレゼント |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。