magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

本音でOK

裏表のある人が苦手だ。

言ってることと、お腹で思ってることが違うなんて高等技術は、自分には使えそうにない。

そう思って、今までは直球勝負。

ゴジラ松井も逃げ出すくらいの剛速球。


しかし、最近。

思ってることをそのまま言うのも、難しいと感じはじめた。

幸い今までは、周りの人が大人で、わたしの直球勝負の言動を面白がってくれることのほうが多く

諍いなどに発展することはなかったが、本当のところはどうだったんだろう?

と、気になり始めた。


わたしは、表に出ている部分が真実だと思っていたけれど、

表面とお腹の中は別、という人もいるくらいだから

顔で笑って、心で怒って。という人もいたかもしれないなあ。いや、いるだろう、確実に。

「怒らせよう」と意図して言ったことではなくとも、怒っていた人もいるだろう。


本音を隠して、探り探りの会話は苦手なのだが、人と打ち解けることも苦手なので

当たり障りのない会話はできないこともない。


でも、本当にわかってほしいことは、直球勝負。

遠まわしに表現することが苦手だったが、この頃は

「わかって欲しいなら、わかってもらえるように表現を考えなきゃなあ」と思うようになった。


職場に、クールで仕事もできて、信頼の厚い人がいる。

職場の飲み会や、女性が群がってするおしゃべりには加わらないが

信頼されているし、嫌われてもいない。

淡々としているが、押さえどころはグッと押さえている。

彼女を見ていると、「カッコいいなあ」と思う。


そういう人にわたしはなりたい。

身近にお手本がいるのは、幸せなこと。


これからも「本音でOK」な考えは変わらないが、この人の場合どういった表現が受け入れてもらえるか?

そこまで考えて、行動発言したいと思う。

これは、来年の目標だな。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 目標 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

我が身を省みる

暑いですね~。

去年も、こんなに暑かったのかしら。

今年は梅雨明けが早かった分、夏が長いんですよね。

朝も、目覚まし時計よりも先に、セミの鳴き声で起きてしまいます。



さて、暑い中、晩ご飯のおかずを買いにスーパーへ。

レジが結構混んでいたので、ボーっと待っていると

わたしの3人先くらいの女性客がレジ係りの女の人に怒り出した。

「あなた、仕事が雑よ!」 「誰も何も言わないけど、客商売なんだからもっと丁寧にしなさい!」

なんかあったのかなあ~、とボーっとその女性客を見送った。

混んでいるからか、レジは二人で分業していて

一人が値段を読み取らせて、もう一人が代金を受け取っておつりを渡す役割だった。

女性客が怒ったのは代金を受け取る係りの人。

値段を読み取らせる人が、一言二言慰めるような言葉を言った。


さて、わたしの番。

料金丁度の小銭があったので、その人に渡すと

「ありがとうございました~」と言いながら、片手でレシートを突き出された。


ああ、これか。

先の女性客は、こういう態度にカチン!ときたのだな。

手のひらを上に向けてレシートを差し出すという感じではなく、

レシートを親指と人差し指でつまんで、そのまま突き出すように渡された。

それを「失礼な!」と感じたのかも。


よくコンビニなんかでやるような、両手で包むように小銭のおつりを握らされるのは

それはそれでギョッとする時もあるけど、

このレジ係の人のようにポイッって感じでレシートを突き出されるのも

わたしはあまり経験がなくて「おっ」と思った。


「いろんな人がいるからねえ。気にしないようにね」と慰めているお客さんもいたけど、

忠告はやはり聞いたほうがいい。

せっかく「不快だ」という意思表示をしてくれた人がいるのだから、

自分の何が相手を不快にさせたのか、ということをよく考えることも大切だなあと思った。

言ってくれなければ気付かないことが多いからだ。




  1. 2008/07/29(火)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 仕事 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

面倒くさい

発言の裏を読む人が苦手だ。

Aが欲しいのから「Aをください」と言っているのに、

または欲しくないから「いりません」と言っているのに

「遠慮しているんだわ」 「Aと言っているけれど、本当はBが欲しいんじゃないか?」

などと、変な判断をして

「どうぞ、どうぞ」としつこく勧められたり

「Bのほうがいいですよ。Bにしませんか」と押し付けられたり。

ああ、面倒くさいと思う。




同じことで文句を言い続けるのがいやだ。

「暑い、暑い。クーラーが全然きかない」

部屋の空気を対流させる商品が、安価でありますよ。と提案しても、購入せずに

「暑い、暑い」と毎日言い続けている。

空気を対流させると、冷たい空気が部屋の中に行きわたって、ずいぶん感じ方も違うと思いますけど。

と言っても行動は起こさず、ただただ「暑い、暑い」

毎日同じ文句を言い続けるのって、すごいエネルギーがいると思うけど。


ああ、ああ。面倒くさい。

  1. 2008/07/15(火)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

褒め上手な人

褒め上手な人。

それは、わたしが通っている歯医者さんの先生です。

先月また、歯が痛みだした。
冷たいものがしみるとか、ズキズキするのではなくて
噛むと違和感がある感じ。
痛いような・・・。力が入らないような・・・。

歯医者さんはすっかりサボっていたわたし。
半年に一度の定期健診なんて、受けてませんです。

久しぶりに予約を入れて行ってみた。

何度も治療しては、かぶせ物をしているところが痛む。
どうしていつも決まってこの辺りの歯なのかなあ。

久しぶりなのでレントゲンを撮って、全体を診てもらった。

先生曰く
「木蓮さんの歯は、根っこが細いんです。
普通の奥歯は、根っこが分かれて二本でしっかり歯を支えていますが
木蓮さんの歯は、根っこが1本で細くなっているので、歯を支える力が弱いんです。
なので、硬いものを噛んだりする時に、歯が動いて痛みを感じるんですよ」と。

えええぇぇ~~!知らなかった。
これまでいろんな歯医者さんで何度もレントゲンも撮りましたが、
自分の歯の根っこが普通とは違うなんて
初めて知りました。
土台が細いのに、無理してたんですね・・・。

5回ほど通って、無事に治りました。

先生は今回も、「木蓮さんは、歯みがきが上手ですね。この調子で続けましょう」とか
「ここのところが磨きにくいかもしれませんが、今まで通り少し意識しながら磨いていれば
大丈夫ですよ」とか、たくさんの褒め言葉をいってくださる。

本当は、磨き残しがあってダメなのに、「ちゃんとできてるから、この調子でここの所も」と
聞く人が嫌な気分にならないように、いい表現で言ってくれてるんだろうなと思う。

人に聞いてもらうためには、相手の人が聞きたい言葉で言わないとダメなんだな。と
歯を治してもらって、その上、対話の勉強もさせていただきました。

先生いつもありがとうございます。

次回は三ヵ月後。
忘れないように行きますにこ

  1. 2008/04/12(土)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

色々あるさ

「困ったわ~」
「これからどうしよう」と言いながら、

他の人からのアドバイスには

「でも」とか「けど」とか
できない理由をあれこれ返す人は

きっと「悩んでいる自分が好き」なのだな。

そうに違いない。

アドバイスを求めているのではなくて、

「そう。それは大変だね~」とか

「それは困ったね~」とか

そうい返答を求めているのだな。

解決したいわけじゃなくて、ただ聞いて欲しいだけなんだと思う。

きっと、そうなんだ。

  1. 2008/04/11(金)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。