magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

子供に触れる

子供がいないせいか、外で子供がわがままを言って泣いている姿が可愛くて仕方がない。

今日もスーパーのレジで泣いている男の子がいた。
お母さんに何かを買って欲しいと駄々をこねている。
泣かれるお母さんはたまったもんじゃないだろうが、見ているわたしは自然と顔がほころんでくる。
ニヤニヤしながら泣いている子供を見つめていると、変質者のようだ。
捕まらないように気をつけなければ。

小学校に上がったくらいの年頃のお兄ちゃんと、泣き叫ぶ3歳くらいの男の子を連れて
お母さんは3つもスーパーの袋を抱えて、駐車場への階段を登っている。

男の子の泣き声はだんだんと大きくなり、とうとう座り込んでしまった。
お母さんは「いつもいつもはダメ」などと、諭しながら階段を登ろうとするが、
男の子は「バカ、バカ」と言いながらお母さんを叩きだした。

そのあたりで追いついたのでとっさに男の子の手を握り「そんなことしたらダメだよ」と
しばらく手をつないで階段を登った。
お母さんは「すみません、すみません」と言いながら、大きな袋を3つ抱えて駐車場の奥に歩いていった。

一緒にいた夫が「よその子なんだから、放っときなさい」と言う。
「最近は変な人も多いから、よその子に構っていると『うちの子に触らないで!』と逆に怒られるぞ」と。

それもそうかもしれない。
そのお母さんがいかにも怖そうな人で、子供をぎゃんぎゃん怒鳴っていたりしたら、わたしも関わらないようにするかもしれない。
でも、何だか、大きな荷物をもってふうふう言ってるお母さんを「バカ、バカ」と叩くなんて
ダメだと思ったんだ。止めなきゃって。

ちょっと子供に触りたかったのも事実だけれど。

そんなことでもないと、子供に触れるチャンスなんてないんだから。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日)|
  2. 日々是好日|
  3. 子供 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:10

ネットと子供の怖い話

犬の散歩のように、毎日馴染みのブログやHPを一通り見て回る。
日課になっている。

その中でも、3年ほど前から毎日楽しみにしているのが、
PASORUさんの
『BLUE MOON 少々毒がございます』

あの「花嫁は厄年ッ!」の原作本を書いた人だ。
厳密に言うと原作って訳じゃなく、PASORUさんの書いた本を参考にしてドラマが作られたようだが。

PASORUさんの文章は、毒舌も混じってるんだけど、真実に言及している。
なんて言うと硬いんだけど、オブラートに包んだりせずに本当のことを簡潔にズバッと言っちゃってるところが好きだ。

そんなPASORUさんにも小学生のお嬢さんがいて、子育てについても色々書かれている。
その中で、最近の子供は普通にネットも使うので、娘が危ない目にあわないよう色々リサーチしたりする。
中学生くらいの女の子(安奈でしたっけ?)に化けてHPを開設し、「荒らし」の現実をリポートしてくれたりする。
ネットの怖さも教えてくれるのだ。

最近、気になった記事。
やはり未だに我が子の写真を公開している親御さんはいるのだろうか。
『我が子にもネットマナーを 4』

この記事では、女の子が自ら自分の写真を公開することもあると書かれている。
しかし、女の子が無知で軽い気持ちで撮った写真が、悪意のある第三者によってネットに載せられてしまう事もあり得る。
可愛い我が子の写真の顔の部分と、裸の画像を組み合わせて販売されたりすることもあると聞いた。
外国では、幼児ポルノに使われる恐れが高いので子供の写真などは不用意に公開しないと聞く。
まだまだネットについては発展途上国の日本であるから、親世代の大人もセキュリティについての意識が低い。

以前にわたしも記事を書いた。
『出会ってしまった♪~個人情報をウェブに載せるということ』
この中にリンクしているsugarさんの記事
『【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より』
どういったことで犯罪に巻き込まれるかわからない。
小学生、中学生の子供を持っている親御さんには、難しい年頃の子供が相手で何かと大変だろうが、ネットについても充分警戒するよう指導していただきたい。


ちょっと話はそれるが

最近見ている海外ドラマ『CSI:マイアミ』で、子供の集まるテーマパークで親が目を話した隙に子供がいなくなるという事件の話があった。
その時、母親が「子供がいないんです」と係りの人間に言うと、その店員が非常ベルにすっ飛んで行ってベルを鳴らすと同時に店中のシャッターが下りて封鎖されるという場面があった。

アメリカでは「子供が見当たらない」=「犯罪」というのが当たり前の図式になっているのだろう。

これが日本ならどうだろう?
「子供がいないんです」
店員「いくつくらいのお子さんですか?どんな服装ですか?」
店内放送「何色のお洋服を着た、何歳の、○○ちゃんという女のお子さんが迷子になっています」

そんなことをやっているうちに、もし犯罪に巻き込まれていたなら犯人は逃げるだろうし、最悪の結果も考えられる。

日本はまだまだ平和だなあ。
何もかもアメリカ式にするのがいいとは思わないけれど、危機感は持っていないといけないと思う。

子供を守れるのは、お父さんお母さんしかいないのだから、気をつけて守ってあげてほしいと思う。

こちらがPASORUさんの本。
奥さまは毒舌―農家の長男と結婚したら…すごいよ!
青月 ぱそる

4396612419
祥伝社 2005-04
売り上げランキング : 277390
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そしてドラマのDVD。
花嫁は厄年ッ!
篠原涼子 矢部浩之 岩下志麻

B000ICLXU6
TCエンタテインメント 2006-12-22
売り上げランキング : 22271
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2006/11/28(火)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. ネット 子供 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

いじめではなく、犯罪

常々思っていた。
ニュースなどで「同級生から金品を要求されるなどのいじめを受け」という原稿を読むアナウンサーの言葉を聞いて、
それって、いじめじゃなくて恐喝じゃないの?と。

毎日新聞の記事より
『いじめ:同級生から洋菓子を脅し取る 中3の2人逮捕』

入学当初から繰り返しお金を恐喝されていたらしい。
一度に取られる金額が少なかったから、親も気付かなかったのだろうか。
しかし、この洋菓子は1万3400円相当というから、普段からお金を持ちつけている子なのだろうか。
中学生の子供が、1万円余りのお金をポンと使える時代なのだろうか。

恐喝した子供たちも、他人を脅して奪ったケーキで誕生祝して嬉しいのかね。
そんなケーキを食べて、おいしいと思うのかね。
悲しいよ。
そんな浅ましい根性の人間に育って。

最近の日本では、言葉によるすり替えがたくさんある。
もう、聞く人の耳に蛸ができるくらい言い続けているが
「売春」はダメだけど「援助交際」はいいとか。
「不倫」はダメだけど「婚外恋愛」は純愛だとか。
「捨て子」はダメだけど「赤ちゃんポスト」はいいとか。
「恐喝」は犯罪だけど「いじめ」ならまだマシとか。

そんな上っ面だけのまやかしは、もううんざりだ。
悪いことは、悪い。
犯罪は、犯罪。

そうキッパリ言えない大人が増えているのは、なぜなんだろう。

  1. 2006/11/28(火)|
  2. 日々是好日|
  3. ニュース いじめ 子供 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。