magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

あけましておめでとうございます


写真は ミントBlue 様よりお借りしました。


今年もよろしくお願いいたします。

今年のテーマは「自律」です。

いつも頭にはああるのですが、流されていってしまう弱い自分に克つ!というのが目標です。

また大それた目標を・・・(^_^;)




スポンサーサイト
  1. 2011/01/01(土)|
  2. 日々是好日|
  3. 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

あけましておめでとうございます

ny01m.jpg
*素材は ミントBlueさんよりお借りしました



新しい年  2010年。

今年もよろしくお願いいたします。



さてさて、今年の目標としては

「肯定的な言葉を使う」というのがひとつありまして。

現実世界では、なるべく否定的ではなく肯定的な言葉遣いで楽観的に過ごしたいと思っています。



その分、ネットでは毒を吐くことになるのかも?(^-^)

気楽にお付き合いいただけたら、と思います。



  1. 2010/01/06(水)|
  2. 日々是好日|
  3. 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

「写メ」を撮る

ボーっとしているときに、ふと浮かんだ言葉。

「写メを撮る」

テレビで、芸能人が「どこそこで写メを撮られた」などと言っていた。

うーん。

元々は「写真画像付きのメール」を「写メール」と言っていたような。

「携帯で写真を撮られた」では長いから「写メを~~」と言うのであろうか。

それとも、もう携帯で撮った写真自体を「写メ」と言うことになっているのだろうか。


日本語って、いい加減で面白いなぁ。

  1. 2009/09/14(月)|
  2. 日々是好日|
  3. 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

「他人事」とは

麻生太朗首相が「漢字の読み間違い」で度々ニュース種になる。

今朝もニュースバラエティで、麻生首相が読み間違った漢字11問を中学生にテストしていた。

平均点が7点ほどで、「でも、首相よりは読めるもんね」といった感じの揶揄するような内容になっていた。

サラリーマンの平均はもう少し上で、9点くらいだったように思う。

その後、「難読漢字」の本などがよく売れているというニュース。

そしてアナウンサーは「漢字が読めないと恥をかくというのは、サラリーマンにとって『たにんごと』とは思えないのでしょう」とニュースを締めくくった。


その最後の言葉に引っかかった。

「他人事」と書いて、わたしは『ひとごと』と読む。

今も記事を書いていると、確かに『たにんごと』でも『他人事』と変換される。
ウェブの辞書には両方の読みが載っている。

でも、『たにんごと』には違和感がある。
どちらが正しいのだろうか、と検索すると

NHK放送文化研究所では『他人事』という表記は使わず、『人事』として読みは『ひとごと』
その後の解説で「誤って読んだものが『たにんごと』である」という表記がある。

他にも、気になる人がいろいろ記事を書いているようだが、これもきっと「全然ダイジョ~ブ」などと同じように
『たにんごと』が一般的になっていくのだろうな。

  1. 2009/02/09(月)|
  2. 日々是好日|
  3. ニュース 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

褒め上手な人

褒め上手な人。

それは、わたしが通っている歯医者さんの先生です。

先月また、歯が痛みだした。
冷たいものがしみるとか、ズキズキするのではなくて
噛むと違和感がある感じ。
痛いような・・・。力が入らないような・・・。

歯医者さんはすっかりサボっていたわたし。
半年に一度の定期健診なんて、受けてませんです。

久しぶりに予約を入れて行ってみた。

何度も治療しては、かぶせ物をしているところが痛む。
どうしていつも決まってこの辺りの歯なのかなあ。

久しぶりなのでレントゲンを撮って、全体を診てもらった。

先生曰く
「木蓮さんの歯は、根っこが細いんです。
普通の奥歯は、根っこが分かれて二本でしっかり歯を支えていますが
木蓮さんの歯は、根っこが1本で細くなっているので、歯を支える力が弱いんです。
なので、硬いものを噛んだりする時に、歯が動いて痛みを感じるんですよ」と。

えええぇぇ~~!知らなかった。
これまでいろんな歯医者さんで何度もレントゲンも撮りましたが、
自分の歯の根っこが普通とは違うなんて
初めて知りました。
土台が細いのに、無理してたんですね・・・。

5回ほど通って、無事に治りました。

先生は今回も、「木蓮さんは、歯みがきが上手ですね。この調子で続けましょう」とか
「ここのところが磨きにくいかもしれませんが、今まで通り少し意識しながら磨いていれば
大丈夫ですよ」とか、たくさんの褒め言葉をいってくださる。

本当は、磨き残しがあってダメなのに、「ちゃんとできてるから、この調子でここの所も」と
聞く人が嫌な気分にならないように、いい表現で言ってくれてるんだろうなと思う。

人に聞いてもらうためには、相手の人が聞きたい言葉で言わないとダメなんだな。と
歯を治してもらって、その上、対話の勉強もさせていただきました。

先生いつもありがとうございます。

次回は三ヵ月後。
忘れないように行きますにこ

  1. 2008/04/12(土)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 言葉 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。