magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

パンのカロリー

連休中、夫が「朝ご飯用に」と惣菜パンを何種類か買ってきてくれた。
ウィンナーをはさんだのや、チーズがかかったピザ風のもの。
普段、あまりうちでは食べない。

袋の裏側を見ると、カロリー表示があった。
見てビックリ!

ほとんどのパンが400Kcalを超えている。

「うわぁ!これ二つ食べたら1000Kcal近いよ!」
「豚カツ定食くらいのカロリーじゃないか?」と、二人で驚いた。

それからコンビニでも、パンの袋のうらの表示を見たりしている。
わたしが好きな、小型の硬いドーナツ風のものは
500Kcalを超えていた。

おお~~!

菓子パンって、高カロリーの割りに満足感がない。
二つ三つと、ついつい手が出てしまう。

職場のお昼ご飯にも、簡単に済ませようとパンを買う人も多いが
ご飯の入ったお弁当よりも高カロリーだったりするんだろうなあ。

いやいや。知らないということは恐ろしい。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/29(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

昔の人は言いました

昔の人が言ったように

「暑さ、寒さも彼岸まで」

本当にねえ~。
この連休終わりくらいから、朝夕すっかり涼しくなって。
夜なんて、窓を開けていようもんなら肌寒いほど。

さすがの夫も「寒い」と言って、長袖のパジャマを出して着ていました。

連休明けからは、みんな秋の装いなんだろうなあ。
と思い、今朝涼しかったので、七部袖のブラウスに薄手のカーディガンを1枚持って出かけました。

通勤途中で見かける人も、長袖の人が多くて
色合いも秋を感じさせるものを着ている人が多かったように感じました。

その中で

一人の若い女の子が、肩を露出したチューブトップに
下着が見えそうなくらい短いデニムのスカートをはいて
足元は、膝までの皮のロングブーツを履いていました。

暑いんだか、寒いんだかわからない格好だな(^^;

しかし、昔の人が言ったように

「頭寒足熱」

という観点から見ると、正しい格好なんだな(^▽^;)

でもまだ、ブーツは暑いような気がするよ~~。

  1. 2005/09/26(月)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

お彼岸に

お彼岸なので、夫の父(舅ですね)のお墓参りに行ってきた。
おととし13回忌を済ませたので、わたしは実際に会ったことはないのだが
なかなか人格者で、舅がいる間は家にお客様が絶えなかったという。
親戚付き合いも多く、よく兄弟が家に来ていたらしい。

夫に聞いても「父のことは尊敬している」と断言するほどなので、
良い人だったのだろうな、と思う。
夫と同じで無口な人だったそうだが。

お正月とお盆、春と秋のお彼岸。
夫はお墓参りを欠かさない。

先に家に寄ってみた。頂き物の梨があったので、姑にと持って行ったのだ。
姑は留守で、相変わらず、人が住んでいるのかというくらい庭は荒れ果てていて
玄関前の花壇も雑草だらけ。
落ち葉が風に吹かれて、吹き溜まりにたまったまま。
たまらず、夫が雑草を取ると言い出したので手伝った。

ざっと取り終えた頃、姑が帰ってきた。
お墓参りに行っていたと言う。
うつむき加減のそろそろと歩いている姿を見て「弱ったなあ」と感じた。

家に帰って夫に
「お義母さん、弱った感じしたねえ。一人で住むの、無理かなあ?
やっぱり一緒に住んだ方がいいかなあ?」と聞いた。

夫も「もう年だし、一人で置いておくのは心配もあるけど
また一緒に住んで、木蓮が病気になるのも困る」と、どちらとも決めかねている様子。

どうしたものかしら。
うちの母だって、年は年だから、遠く離れたところに一人置いておくのも心配なんだけど。

どちらも一緒に近くに住むことができたらいいんだけど。
難しい問題だなあ。


  1. 2005/09/24(土)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

疲れちゃったかな?

突然の京都旅行と、3日間のハードな仕事で
ちょっと疲れが出ちゃったようです。

昨日は、ボランティアに行くはずだったんだけど、
それも急遽お休みして
夜は8時くらいから寝てしまいました。

今朝は、元気。
ゴミも出して、天気が良いので大物も洗っちゃおうと洗濯中(^^)

夫は、同じく疲れが出ていたようで
朝ご飯食べて、また寝ちゃいました。

今日は、お墓参りに行かないといけないのになあ。

  1. 2005/09/23(金)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

調味料

我が家では、一つだけ飛び抜けて消費量の多い調味料がある。

砂糖?塩?醤油?

いえいえ。それは・・・酢。

お酢の消費量が、ちょっと半端でないくらい多いのだ。


確か昨年の秋、夫に頼んで1.8ℓのボトルを6本買って来てもらった。
一箱6本入りだったので。

それがもう無い。
今月に入って、新たに1.8ℓのボトルを買った。
それも、もう半分ほどしかない。

〆鯖や鰯の酢漬けは、よく作るんだけど
それよりも何よりも、わたしがリンスでかなり消費しているのだ(^^;

石けんシャンプーの後に、始めはクエン酸リンスを使っていたんだけど
ちょっとパサつき感がある。
お酢の方がしっとりすると聞いて、以来「リン酢」ばかりだ。

お酢は匂いがきついので、精油を入れたりハーブを入れたり。
今は黒髪に良いといわれるローズマリーを、鉢植えからちょんと切って入れてある。

最近は夫も「リン酢」を使い出したので(前は石けん用リンスを買っていた)
これからますます、お酢の消費量は増えるだろう。

でも、スーパーで1.8ℓのボトルを2本も3本も買うのは
ちょっと恥ずかしいのです(^^;

「リン酢」ユーザーの方はどうしているのかなあ?

  1. 2005/09/21(水)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

「お友達でいましょう」

昔から
「お友達でいましょう」というのは、お付き合いを申し込まれた時の断り文句だと思っていた。

相手が好みのタイプではないとき
その気にならないとき
他に好きな人がいるとき

相手のプライドを傷つけず、自分も言いにくい事をはっきり言わないための、日本人的な便利な断り文句であると思っていた。


しかし、最近の若い人は違うように受け取るらしい。

「お友達としてOKなら、望みがあるじゃん」と思う人がいるらしいのだ。

そして本当にお友達になったりして
何度も告白したりするらしい。


・・・?それとも?
本当に「お友達でいましょう」は、断り文句ではなくなったのか?
「本当にお友達になりたい」のか?

思いきって言った言葉も、こちらが意図したようには汲んでもらえない。
ジェネレーションギャップというのだろうか?

年を取ったのかなあ・・・脱力。

  1. 2005/09/20(火)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

猫を見ると

猫を見ると幸せな気分になる。
自然に顔がほころんでくる。

お昼寝してる猫。
いいなあ。
猫になりたいよ。

あ、でも
野良猫はダメだ。
自分ひとりで餌を獲って、孤独に暮らすのは無理な気がする。

優しい飼い主にかわれている、気楽な猫になりたいよ。

ちょっと、お疲れモードかも。

  1. 2005/09/20(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

秋の京都へ

秋の3連休。
突然思いついて、京都へ旅行してきました。

京都に、わたしの父をを納骨しているので
結婚当初から夫が「お参りに行かないと」と、ずっと気にしてくれていたのです。

夫が珍しく連休が取れたので、「よし!行こう」となり、車で出かけました。

yasaka


妹と待ち合わせて、廟堂に向かいます。
秋の3連休で、お彼岸も近いこともあって大勢の人出でした。

しばらく来ないうちに、京都のお店も変わっていて
神社の向かいの角地にコンビニができていたり
二年坂、三年坂の両側に若い人が好みそうなおしゃれな店ができていました。

sobyo


お経をお願いして、お花とお線香を持って納骨所までのぼり
お参りをしました。
以前はなかったエレベーターができていました。

二年坂のCafe風のお店でお昼ごはんを食べ、
お土産物屋さんを覗いてまわり、午後には京都を出て広島へ。

帰りは広島で1泊して、お好み焼きを食べ帰って来ました。

慌ただしい旅行でしたが、夫もずっと気にしていたお参りを済ますことができて
何だかほっとしたようです。

  1. 2005/09/20(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8

他人に話しかける

わりとすいているバスの車内で、車の中ほどの席に座っていたわたしの隣に、荷物を持った60年配のおばさんがドカッと座った。

「げははは・・・眼鏡を忘れちゃって・・・がははは」
と笑いかける。
顔見知りの人ではない。

見ず知らずの人にいきなり大声で笑いかけられて、愛想よく受け答えできるほど
わたしは人間ができていない。

「はあ」と言って、窓の方を見ていた。

おばさんはごそごそとかばんの中を探って、財布を取り出した。

眼鏡を忘れたから前にある運賃表を見て、バス代がいくらか教えて欲しいんだろうな。
と思ったが、おばさんがそう言わないので知らん顔をしていた。
こちらから言ってあげるほど、わたしは優しくないのだ。

運賃表が見えないなら、もっと前の席にいけばいいのに。
一番前の席だって空いている。
他人に見て欲しいのなら、「がはは・・・めがね忘れちゃって」じゃなくて
「すみませんが、バス代はいくらって書いてありますか?」と聞けばいいじゃないか。

結局、いつも乗っている路線だから見当がつくのか
ちゃんと料金を払って降りていた。

「がはは・・・」と笑いかけて、何がしたかったのかはよくわからなかった。


別の日。
後ろに座った86歳のおばあちゃんが、見知らぬ人を捕まえて
「早く死にたい。子供の邪魔になりたくないから、ころっと死にたい」
と朝から言っていた。

どうしてそんな答えにくい話を、見ず知らずの他人にできるのか。
「早く死にたい」と言われて「そうなるといいですね」とも答えられないだろう。

その捕まった50年配のおばさんは、善戦していた。
「子供からしたらいつまでも長生きして欲しいと思うもんですよ~」
「お元気ですね~、お若いわあ~」などなど
わたしが降りた後も、その戦いは続いたことだろう。

わたしも50代になれば、そういう社交辞令もすらすらと言えるようになるのだろうか。
そして80代になれば、誰彼かまわず大声で「早く死にたい」と言ってまわるようになるのだろうか。

  1. 2005/09/15(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

敬老の日

9月15日といえば「敬老の日」

そう思っちゃってるんだもの。
毎年毎年、変わらないでほしいなあ。

「体育の日」だって10月10日。

「成人の日」だって1月15日。

長年そう思って来たんだもの。

何だかしっくり来ないんだよなあ。

このハッピーマンデーって、何か良いことあるんですか?

  1. 2005/09/15(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:10

安達祐実、井戸田潤と結婚

いや~~、驚きました。

男と女なんて、わからないものですね。
どこに接点があったんだろう?

いや、ただそれだけなんですけど(^^;

  1. 2005/09/14(水)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

不満は増殖する

いつもいつも不平不満を言ってる人っている。

わたしって愚痴が多いよなあ、と思っていた。
姑のことはもちろん。
仕事のことも、会社のやり方も。
新人さんにイライラしたこともあるし、自分の不甲斐なさにため息が出ることもある。

しかし、最近環境が変わったせいか
仕事に関しては「できることをやらねば」と思い
周りの人の助けも得て、何となく、毎日楽しく過ごしている。
責任は増えたけど、周りの若い子たちが毎日笑いを提供してくれるし
助け合ってできていると思う。


しかし、今日直接関係はなくなった人と話していると
さっきまで考えてもいなかったような不満が口を突いて出た。

自分でも「あれ?こんなこと思っていなかったのに」と不思議だった。

後で考えてみると、その相手が不満を持っていて
共感するように話題を振られたことに気づいた。

わたしって影響受け易いなあ。
自分の考えってないのかな。

不満を言う人といると、自分も不満に感じるし
楽しそうな人といると、自分も楽しくなる。

逆に考えると、わたしも誰かを影響しているのかもしれない。
同じ影響を与えるのなら、楽しいほうがいいなあ。

「木練さんと話すと、何だか暗くなるのよね」とは思われたくないし。

それに不満を言い出すと、どんどんエスカレートする気がする。
一人で思っている分には小さな不満でも、誰かに言うと
「そうだ、そうだ」となって、どんどん膨らんでしまいそうな気がする。

はちきれそうなくらいに膨らんでしまう前に、不満は自分で解決しないといけないなあ。
もし、爆発してしまったら、周りの人も巻き込んで大惨事になるかもしれないし。

これからの考え方の方向性について、ちょっとヾ(_ _。)ハンセイ…

  1. 2005/09/13(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

「A」 or 「B」

うちの夫は無口です。
必要最小限のこと意外は、口を開かないという戒律を遵守している修行僧のようです。

「どっちがいい?」と聞くことがあります。
食事の味付けだったり、サラダにマヨネーズがドレッシングか?だったり。

すると夫の返事は、必ず「うん」です。

わたしは適当に、どっちかに決めます。
それに対して夫は文句は言いません。

わたし達夫婦は、うまくコミュニケーションが取れているのでしょうか?(^^;

  1. 2005/09/11(日)|
  2. 夫婦|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩は、是か非か?

長年一緒に生活していると、ケンカしないなんて信じられない!
と聞くことがある。
「夫婦喧嘩の勧め」といったことも聞く。

うちは、喧嘩らしい喧嘩はしたことがない。
まだ結婚して3年目だし、知り合ってからでも5年ほどしか経っていないから喧嘩しないのかな?
でも、喧嘩するカップルは交際中でも喧嘩するし
わたしの知り合いでも、半年で離婚した夫婦もいる。

夫と知り合うずっと前、長く交際した人がいる。
4年半くらい。
この人とはよく喧嘩をした。
原因は、価値感の違いとでも言うのか。
何かが起きた時の、彼の対処の仕方が嫌だった。
男らしく虚勢を張っているが、何かあると逃げる。
お酒が好き、ギャンブルが好き。
長い交際期間の間には、顔も見たくないくらい嫌だったこともある。
でも「悪いところがあるのは人間だから仕方がない。
わたしだって、彼から見たら欠点だらけの人間だろう。
欠点をも受け入れるのが『人を好きになる』ということだろう」
と思っていた。

でも、結局別れてしまった。
いわゆる結婚適齢期の頃で、結婚の話も出ていたが何か踏み切れないものがあった。

友達には「長かったから絶対結婚すると思っていたよ」と驚かれた。

それからしばらくたって、夫と知り合ったがこの人には嫌なところがない。
たぶん、他の人から見たらわたしとは違う印象を受けるだろう。
無口だし、あまり笑わないし、人見知りなのでわたしの家族・親戚にもまだなじめない。
おしゃれはしないし、休みの日は寝てばっかりいる。

でも、わたしにとってはそれは『欠点』ではない。
いざという時は、夫がきちんと対処してくれることがわかっているからだ。
わたしのために戦ってもくれた。
無駄なことは言わないが、言うべきことは短く言う。
お酒は飲まない。ギャンブルもしない。

夫の欠点をあげるとしたら・・・寝る前に甘いものを大量に食べることでしょうか(^^;
これは、健康のために辞めて欲しいと思うのだが、喧嘩の原因にはなり得ない。

夫婦喧嘩をしないと、お互いへの不満がたまって、あるとき爆発してしまうと聞くが
その『不満』があまりないので、たまりようがないのだ。
何かお互いに「こうして欲しい」と思うことがあると、話し合いはする。
その話し合いができないと、不満がたまって喧嘩のなるのかな?
言いたいことがあるのに、黙って我慢していると不満がたまって爆発するのかな?

「夫婦喧嘩しないなんて信じられない」と言われるが、
今のところうちは、喧嘩になる種がないのだ。
幸せなことなんだろうな、と思う。

  1. 2005/09/10(土)|
  2. 夫婦|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8

楽しいブログ

楽しいブログを紹介します。
「すまいる堂」さんです♪
http://smileysounds.blog1.fc2.com/

遊びに来てくださったようなので、履歴から行ってみたら
とっても楽しい♪

皆さんも行ってみてください(^^)

  1. 2005/09/06(火)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

『人妻』・・・

いつも行くサイトを覗いたら、掲示板に広告の書き込みがされてて

「人妻という響きに誘われませんか?」って書いてあったの。

『人妻』・・・たしかに。

昔から男性の喜びは「一盗、二卑」とかいって、
一番は人妻とのアバンチュール。
二番が金で買った女らしいけども。

でもね、言い方を変えると、ちっともそそられないんだよ。

『主婦』

d(^-^)ネ!

同じ意味なのになあ。
言葉って、変ね。

  1. 2005/09/06(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

24時間テレビの収支内訳

もう1週間経つのに、今朝もまだ24時間テレビの丸山弁護士のマラソンの放送をしている。

わたしはこの番組を見なくなって、もう何年も経つのだが
24時間テレビの収支報告ってどうなっているんでしょうね?
番組ホームページを見たけど、それらしいものはなかった。
「こんな使われ方をしています」という紹介はあったが
昨年の募金がいくらで、そのうちのいくらを何に使って残りはいくら・・・
というようなきっちりとした数字の表がないのだ。

募金をするのはいい。
でも、するだけして、その後のお金の行方を知らないというのは不安ではないか?

募金をしただけで、何だかいいことをしたような気になるのは、自己満足じゃないかなあ?

1週間後に放送するのがマラソンばっかりっていうのも、何だかなあ・・・と思う。(いや、丸山弁護士は頑張った。素晴らしいと思うのですが)
福祉車両を届けた人たちのその後、とか
頑張った障害者たちのその後の生活とかは放送されないんだろうね。

1年に1回だけ、日本人みんなが善人になれる日ではあるのだろうけど。

24時間テレビの収支内訳が見られるところをご存知の方、教えてください。

  1. 2005/09/04(日)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:2|
  5. コメント:8

夫婦の主導権

既婚男性に共通の概念だろう。

「嫁さんは、怖い」

どうして怖いのかなあ?
逆に妻の方で夫を怖いと思ってる人は、少ないように思う。

トミーズの雅さんがテレビで言っていた。
「結婚当初は、自分の手に『離婚』のスイッチが確かにあったのに
ある日気づくと、自分の手にはなくて嫁の手に渡っている。
そういう怖さ」

ん~~、男の人って生活のことが他人任せだからかなあ。
奥さんがいないと、何にもできない人っているもんね。
自分のパンツのありかさえわからないとか。
家電製品の使い方も怪しいし、台所に至っては異次元の空間のように思っている人もいるだろう。

掃除の手順。洗濯物の分け方。

ゴミの日は?ゴミの分別の仕方は?

町内会のお掃除の日は知ってますか?

どのスーパーが何曜日に特売をしているか知ってますか?
バスの時刻表は?

そういう細々した日常のことを、全部奥さん任せの人っているんじゃないかな。

後家さんは長生きするけど、やもめは早く亡くなるっていうのも
何だか判る気がする。

うちは、夫が何でもできるし
わたしがいなくても大丈夫かもしれない(^^;


  1. 2005/09/02(金)|
  2. 夫婦|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8

箸が転んでも・・・

帰りのバスを降りたところで、一緒に降りた二人の女子高生が大爆笑していた。

たぶん、バスの中から笑いをこらえていたのだろう。
何がそんなにおかしかったのかは、わからない。

「箸が転んでもおかしい年頃」というのだろうか。

いいねえ~。青春って。
(オバハン臭い・・・(^^;)


  1. 2005/09/01(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。