magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「博士の愛した数式」

博士の愛した数式
小川 洋子

410401303X
新潮社 2003-08-28
売り上げランキング : 62659
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

後悔しています。
この本を安易に「通勤のバスの中で読む本」に選んだことを。

もう、1ページごとに涙が出そうになるんです。
記憶が80分しかもたず、数字と子供を愛した博士の言葉の一つ一つや、
そんな難しい雇い主に愛情を持って精一杯接する年若い家政婦さんのひたむきさとか、
まだ子供なのに、相手を思いやる心を持ったルートの言葉のひとつひとつに、
心がじんわりとして、涙があふれてくるんです。

設定が「記憶が80分しかもたない数学者」という独特なものであるため、
そういった特殊な展開を期待して読む方もあるようですが、
これは「愛」をテーマにした小説だと思います。
毎日の日常の中にある「愛」。
積み重ねることはできないけれど、確かにそこには毎日新しい「愛」があるのです。

博士の愛したものは「数」と「子供」と「阪神タイガースの江夏豊」
博士は言う。

物質にも自然現象にも感情にも左右されない、永遠の真実は、目には見えないのだ。



見返りを求める愛ではなく、捧げるだけの愛。注ぐだけの愛。
どうしたらそんな愛し方ができるのだろう。

語り手の家政婦さんも、その子供のルートも、みんな「本当の愛」を知っている気がする。


読み終わってから気付いた、この本の登場人物に名前がないことを。
この本に出会った偶然に、感謝する。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/30(水)|
  2. 本の話|
  3. 読書 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

わたしが佐野元春を好きなわけ

EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004
佐野元春

EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004
EPIC YEARS THE VIDEOS 1980-2004 THE SUN STUDIO EDITION THE SUN LIVE AT NHK HALL 星の下 路の上 The Best of Shogo Hamada vol.2
by G-Tools

愛していると言っても過言ではない。
それも、能動的な愛ではない。受動的な、もうほとんど「依存している」といった愛だ。

佐野元春の歌詞は優しい。
世の中にこんな優しい人が本当にいるのだろうか、と思うくらい優しい。

そして、いつもわたしを肯定してくれる。

「今までの君は間違いじゃない」と言ってくれて
わたしのために「七色の橋を架けよう」と言ってくれる。

傷ついて一人きりで寂しいなら
「暖炉に火をくべて 君を待っている」と言ってくれる。
それも「いつまでだって かまわないぜ」という心の広さだ。

わたしは誰かに「間違ってないよ」「大丈夫だよ」と
頭を撫でて言ってもらいたいのだ。いつも。

  1. 2006/08/29(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

言葉にすること

やっと、言葉にできた。

うまく言えなくて、途中でぽろぽろ涙が出たけど

自分が感じたこと

悲しかったこと

今後どうしたいと思っているのか

取りあえず、伝えることはできたと思う。

これからも、言葉にして伝えていきたいんだ、ということも

うまく伝わっていればいいんだけど。

  1. 2006/08/28(月)|
  2. 夫婦|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

寝室の秘密

残暑厳しいですね~。
今年は梅雨も長かったし、寝苦しい日が続いています。

一般的に、男性のほうが女性よりも冷房の温度を低めに設定したがりませんか?
よくご夫婦でも「夏場は一緒の部屋では、寒くて眠れない」と聞きます。

うちの夫もご多分に漏れず「暑がり」です。
体型のせいもあるかもしれませんが・・・(^。^;)
しかし、冷房の設定温度はわたしに合わせるようにしてくれます。
それでも「寒い」と感じて肌布団をかぶって寝ることもあるのですが。

実は、うちは狭いアパートの一部屋にダブルのベッドをドーンと置いてそこで一緒に寝ているのですが、
夏場はちょっとした問題が発生するのです。

クーラーは、お休みタイマーで眠りについた後しばらくすると切れます。
しかし、こう熱帯夜が続くと、しばらくすると暑さで目が覚めるのです。
そこで扇風機のタイマーをセットしてつけるのですが、ここです問題は。

夫は「足が暑い」と、足元に扇風機を置きたがります。
しかし、わたしは頭の方が暑いと感じるのです。

1年目の夏、足元から扇風機の風が当たると足が冷えて寒いので、わたしはタオルケットを常に足元にかけて寝ることになり、その結果、わたしの頭の中にあせもができました。

2年目の夏、どうしようかと考えて一つの結論に達したのです。

「そうだ!逆向きに寝ればいいんじゃない?」
そうして今では、頭と足とあべこべの向きで寝ているのです。
こうすると、夫は足元が冷えてよく眠れるし、わたしも頭の方に風が当たって涼しく眠れます。

「おやすみ~」と言って、逆さまに寝る夫婦。
うちくらいのものだろうなあ。

時々蹴っ飛ばしちゃうんですが、優しい夫は怒らないんですよ。
(内心はどうだかわかりませんが・・・)

  1. 2006/08/25(金)|
  2. 夫婦|
  3. 夫婦 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:9

こんな性格

最近、自分でもホント嫌になることがある。
こんな性格、変えたい!変わりたい!と思うときが多い。

自分でも一番嫌なところは「人の好き嫌いが激しいところ」だ。

嫌いな人とは目も合わせたくない。
と言うか、見ることができない。
まるで、その人がそこに居ないかのように振舞ってしまう。

嫌いな人に、お愛想が言えない。
かろうじて挨拶程度はするけれど、世間話し程度ですらできない。
コミュニケーションすることを、全身が拒否してしまう。

職場やサークルで、どんな人とも仲良くにこやかに話している人を見ると感心する。
分け隔てなくいろんな人と接している人を、うらやましいと思う。

そういう広い心を持った人になりたい。

でも、人間の器はもう決まってしまっているのだ、きっと。
いつまでもわたしは「なりたい、なりたい」と思い続けるのだろう。
手に入らない望みを持ち続けるのだろう、これからもずっと。

  1. 2006/08/24(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:10

「ドット・ジ・アイ dot the i 」

ドット・ジ・アイ
ジェームズ・ダーシー ガエル・ガルシア・ベルナル ナタリア・ヴェルベケ

B0001X9D72
エスピーオー 2005-04-08
売り上げランキング : 24953
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
レストランで独身最後のパーティを楽しむカルメンは、たまたまその場に居合わせた男性、キットとキスをすることになる。一度のキスで永遠の愛を確信してしまうふたり。カルメンは、婚約者への愛が冷め始めた自分に気づくのだが、その裏には、ある陰謀が仕組まれていた…。



タイトルの意味は「iとtは似ているので、ちゃんとiには点を、tには横棒をつけなさい」という事から転じて「ちゃんと最後まで注意を払いなさい」という意味の慣用句だそうです。

どんでん返し映画として紹介されていたので、どんな展開かな~と思いながら観ていたのですが、
残念ながら、このヒロインはわたしの好みではなかった。
ゆえに感情移入できず。

しかし、バーナビー役のジェームズ・ダーシー。
彼の演技はとてもよかった。
とっても同情しちゃいました。

果たして、どこからどこまでが真実なのか?
わたしは、バーナビーは本当にカルメンを愛していたと思うのです。
でも、屈折した性格で素直に愛情を示すことも信じることもできなかったのでは?
そこに悲劇があるなあ、と思うのです。

結末は決して誰にも話さないでください。とパンフレットにあったそうです。
展開に無理もあるけれど、いろんな考え方もできて楽しめる作品だと思います。

  1. 2006/08/24(木)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 DVD |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:18

自分が嫌になる時

ここしばらく、鬱々とした日々を過ごしておりました。

何だか不機嫌になることが多くて、でも解消できなくて
自分が動けばよくなるかも、って事があって
でも、自分は動きたくなくて。

あ~あ~、鬱だよ~。と思って過ごしていました。

でも、ね。
すごいね。
たった一言で、ぐる~~~んと世界が変わったの。

お盆休み、実家で落ち合った妹と話していて「わたしの辛抱が足りないから、うまく行かないんだ」
という話をしていたら、妹が

「辛抱するとか言ってる時点で、うまくいくわけないやん、そんなん」

おおおぉぉぉお~!
目からウロコが、ボロボロと落ちた。

そうなんだ。
やりたくないことをやらなけりゃ。と思うからキツイんだ。
自分が我慢しなければ、と思うから辛いんだ。

みんな辛抱する必要なんてない。
誰も我慢する必要なんてない。

楽しく暮らすためには、我慢も辛抱も必要ない。

あるがまま。自分はこのままでいいんだ。
改めてそんなことに気付いた。

ありがとう妹よ。
少し浮き上がれた気分だ。
自分の人生だもの、楽しく生きなければ。
悪いところに目を向けず、良いところを見つけるようにしよう。

うん。
何だか、うまく行きそうだ。

  1. 2006/08/21(月)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

「CURE」

CURE キュア
黒沢清 役所広司 うじきつよし

B00005HSIR
ジェネオン エンタテインメント 2001-01-25
売り上げランキング : 81456
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
医科大の精神科の学生だった萩原聖人扮する青年が、催眠術を使って偶然出会った人々の心の奥に潜む狂気を呼び覚まし、次々と殺人を教唆(きょうさ)していく。役所広司扮する刑事は事件を追っていくうちに、自らが抱える不満を表出していき、皮肉にも癒されていく。



途中まで観て「あ、これ前にも観たな」って思ったけど、どういう結論だったか全然覚えてなかった。
最後まで見て、( ̄へ ̄|||) ウーム・・・よくわからん。
でも、惹かれる。

ネットであれこれ検索してみて、やっと何となくわかった。

「CURE」とは「魂の救済」とか、キリスト教の牧師といった意味だ。

萩原聖人演じる間宮という記憶喪失の青年は、自分のことは語らず「あんたの話が聞きたい」と言って、相手の心の闇をえぐり出し、魂を救済する・・・。

でも、ただ観ただけではよくわからない。
いろんな映画レビューのサイトを見て、「ああ、そういう意味なのか」と感心したり、また考え込んだり。
世の中には、頭のいい人がいるなあ。
手ほどきしてもらわないと、理解できない。

意味がわかってくると、また怖くなる。
もう一度観るのは、ちょっと勇気がいる

  1. 2006/08/17(木)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 DVD |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

天然酵母パン「我楽房」

夜中に急に思い出してしまった。
「我楽房」のパンが食べたい・・・。

佐賀県の厳木というところの山の中にある、天然酵母を使って石釜で焼き上げたパンを売っているお店なのですが、週末しかお店を開けていません。

初めて行ったのは、もう10年くらい前でしょうか。
細い道を入った、味わいのあるお店でした。
予約してお昼のコース料理を食べました。
今もしているのでしょうか。
畑で作った有機野菜と、地鶏や川で釣ってきた魚を使って、素朴でおいしいお料理でした。

そしてパンが!今まで食べたこともないくらい、ビックリするほど美味しかったのです。

天然酵母を使って石釜で焼き上げられたパンは、一つが直径30センチを超えるほどの大きさで、噛みごたえがあり、旨みがぎゅっと凝縮されていました。
今まで食べたパンのように、ふっくらふんわりではなくて、ぎゅっと詰まっていて硬い、でも美味しい。
美味しいから、つい何切れも食べてしまうのですが、とってもお腹にたまる。ずしっと腹持ちがいい。
それはベーキングパウダーなど「膨らますための物」を使っていないからで、もしそういったものを使えばこの4倍くらいの大きさに焼きあがるだろうといわれるほど、しっかりと何もかもがぎゅっと詰まったパンでした。

その味が忘れられなくて、何度も佐賀まで足を運んだほどです。

前のお店は有料道路の拡張のために立ち退きになってしまい、今の場所に移ってからも何度か行きました。

もし行かれる方がいらしたら、ぜひ奥まで入って景色を堪能してください。
そして一番のお勧めなのが、トイレです。
ここのトイレは、ドアを開けて入るとなんですよ。




三方は壁で仕切られているのですが、前方に壁がないのです。
そして、便器の周りがお庭のように造られていて、前方に見える山々が一枚の絵のようで、壁はないんだけど何だか落ち着けるというか、開放感があるというか
とにかく他では体験できないトイレです。
ぜひ入ってみてくださいね。
あのトイレに入るのは「我楽房」のお店に行く楽しみの一つです(^^)

あ~~、本当に食べたい。
ネットでお取り寄せも出来るけど、せっかくならお店に行きたい。
パンはすぐ売り切れるので、電話予約をしておいた方が無難ですよ。

(2006年3月26日記)

トイレの中の写真が出てきたので、UPします。
ステキでしょう?(^^)
以前は、丸っきり壁がなくて開放的だったのですが、
山の上に引っ越したからでしょうか、冬場は寒いのかもしれません。
一面がガラス戸になっていました。

  1. 2006/08/16(水)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8

「穴」


ガイ・バート ニック・ハム ソーラ・バーチ

B00007AJPL
ポニーキャニオン 2002-12-18
売り上げランキング : 64918
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
イギリスのパブリックスクールに通う4人の生徒が突然姿を消した。その18日後、失踪者の1人・リズが憔悴しきった姿で戻ってくるが…。彼女と3人のクラスメイトに何が起こったのか!?



最近借りるDVDが、なぜか「超身勝手な女の、変質的な恋に振り回される人々」の話が多いのです。

ラブストーリーだと思って借りた「ホワイトライズ」もそうだったし、
コメディだと思って借りた「カレの嘘と彼女のヒミツ」もそうだった。
この2本は「ゲッ!」と思っただけなんで、記事は書かない。

この「穴」は、ちょっとスリラーっぽい?と思って借りたら、
やはりサイコな女の狂った恋愛話だったが、狂った人間の怖さが出てた。

ただ、男の子がねー・・・。
あんまりカッコよくなかったし、学園のアイドルと言う割には「華」がない。
イギリス人は、ああいうのが好みなのかしら?

  1. 2006/08/14(月)|
  2. 映画の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

梅雨も明けて

梅雨が明けて、いきなり真夏の太陽!って感じです。
雲も、もくもくと入道雲のような夏の形だし、
あの長くいた雨雲の上には、こんな空があったんだなあと感心してみたりして。

地軸が傾いているおかげで四季があるのだけど、公転軌道が楕円形なので、
北半球が夏の時は、実は太陽から遠い位置に地球はあるらしい。

ということは、同じ緯度なら南半球のほうが夏は暑いのかしら?
なんて考えてみたりした。

(2006年7月27日)



今読んでいる本に答えが書いてあった。
南半球は、近日点の時期に夏を迎えるが、北半球に比べて海の締める面積が広いので、この海によって冷やされて、北半球の夏より暑すぎるということはない。
ということらしいです。

何だか、うまくできているなあ、なんて感心してしまいました。
(2006年8月13日:追記)

  1. 2006/08/13(日)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

「チャーリーとチョコレート工場」

チャーリーとチョコレート工場 特別版
ジョニー・デップ フレディー・ハイモア ティム・バートン

B00067HDXE
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-02-03
売り上げランキング : 130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。



遅ればせながら見ました。
ファンタジー物って、実はあまり好きではないのですが
これは好きな部類かもしれない。

感想として、誤解を恐れず一言で表すなら
この映画って変態が作った映画だよね。
子供たちが大好きなチョコレート。
それを作っている工場の中の、あの毒々しさ。奇怪さ。不気味さ。
原色を多用した色使い。
出てくる子供たちの表情の異様さ。顔の一部を特殊効果でデフォルメされてるんじゃないだろうか、と思うくらいの気味悪さ。
ウォンカ氏の子供の頃の歯の強制装置なんて、拷問道具じゃないの?と思うくらいの禍々しさ。

その中で、チャーリーだけはほんわかと子供らしく、可愛く爽やかな存在だった。

有り得ないくらい傾いた家も、可愛い。

話の内容は子供向けだが、その表現の仕方が毒々しい。
今回の作品はティム・バートンにしては毒がない、という評価らしいが
わたしは結構楽しめた。
ジョニー・デップもひげが無く、ツルツルして綺麗な服を着ていたので
ワイルドな男性像が苦手なわたしにとっても、これはOK。

見ず嫌いの1本だったが、見てよかったと思えた。

  1. 2006/08/11(金)|
  2. 映画の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

言葉は大切

たった一言で、信頼していた関係がグラグラと揺らぐ。

フォローの言葉もないから、ガラガラと崩れそうになる。

「言わなくてもわかる」事なんて、ほんの少ししかない。

言葉が欲しい時に、それをはぐらかして逃げるのはズルイ。

面倒だから気付かない振りをしている。

そんな人だったのかと、ガッカリさせられる。

  1. 2006/08/09(水)|
  2. 夫婦|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

ナスのレンジ蒸し




暑い日が続きますね。
こう暑いと、ご飯作りも億劫になると言うもの。
台所でガスを使うと、サウナ状態で汗が噴き出します。

なるべくガスを使わないで、おかず作りをしたいなあ~
と思ったときに最近よく作るのが「ナスのレンジ蒸し」

ナスは洗って皮を剥き、ラップでピッチリ包んでレンジへ。
1本で1分くらいを目安に、柔らかくなるまで加熱します。
ラップごと水に取り、粗熱を取ったら食べやすい大きさにきって冷蔵庫で冷やします。
出汁醤油をかけて薬味をのせて頂きます。
この日の薬味は、大葉とかつお節、おろし生姜。
冷たく冷やして食べると、おいしいですよ。

この日のほかのメニューは、イカそうめんの大葉和えと、レンジ蒸し鶏の棒々鶏風。
ガスを使わないメニューばかりです(^^;

奥様方、毎日暑いけど、工夫して夏を乗り切りましょうね。

  1. 2006/08/05(土)|
  2. 質素な食卓|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

恥ずかしいと思うこと

車に乗って信号待ちをしていた時。
ふと外を見ると、バス停のベンチに座っている女の子が、靴下を脱いで爪先に何かをしていた。
まさか、ペディキュアを塗っていたわけではなかろうが、爪先に何かをして、靴下を履いてスニーカーを履いた。

夫も気がついて
「何やってるんだろうな」と言うので、
「わからないけど、屋外で靴下脱ぐのって、勇気がいるよね」と答えた。

わたしは、その行為を「恥ずかしい」と感じる。
外出先の靴屋さんで、ステキなサンダルを見かけたとしても、
その日靴下を履いてスニーカーを履いていたら、わたしはそのサンダルを試着することはできない。
人前で靴下を脱ぐのが恥ずかしいのだ。

洋服屋さんのように、試着用の個室があって、誰にも見られずに靴下を脱ぐことができるなら試着できるのに。
しかし、そういう靴屋さんは見たことがない。
もしあったとしても、とても高級なお店で、そもそも入ることができないだろう。

裸足が恥ずかしいわけではない。
夏になると、裸足にサンダル履きで出かけることはできる。
しかし、履いている靴下を人前で脱ぐのは「恥ずかしい」と感じるのだ。
こんな感覚、おかしいだろうか?

sakeさんのブログで『電車のマナー違反』と言う記事を読んだ。

sakeさんは「電車の中で化粧をするのが、なぜマナー違反なのか」と言われる。
「若者が道で座り込むのもOK」と言われる。

わたしはどちらも「NG」と感じる。
なぜなら「美しくないから」だ。

家でお化粧する時間も無いくらい寝坊しているのか。
もう10分早く起きれば、お化粧くらいできるだろう。

疲れても「見苦しい格好はしない」というくらいの辛抱はできないのか。
いい若者が、外で立っていることもできないくらい疲れるって、どういうことだ?と思う。
公園のベンチとか、腰をおろしてもいい芝生地とか、川原、河川敷、土手などに座るのはOKだが、
街中のコンビニ前の地面とか、電車の通路とかにどっかり座っているのは、見苦しい。

そういえば「見苦しい」って最近聞かない言葉かもしれない。
そうやって「傍目に、自分はどう見えているのか」と意識することがないのかもしれない。

夫と外食した時、隣のテーブルに若いカップルが座っていたのだが、
食事を終えた女の子が、20センチ四方はあろうかという鏡を取り出してテーブルに置き、
脂取り紙で肌を押さえるところから、ファンデーション、眉、ビューラー、口紅など、
一通りの化粧直しをその場でやってのけた。
最後にブラシを取り出し、髪をとかした。

夫は黙って見ていたが、店を出てから
「よく男の方が黙ってるな」と言った。
男の子も女の子も、感覚が麻痺しているのだろうなと思った。
誰からも「やめなさい」と言われたことがないから、わからないんだろう。


結婚前、電車通勤していた頃は、朝から漫画雑誌を読んでいるサラリーマンをよく見かけた。
それも「恥ずかしい」と感じる。
新聞、文庫本ならOKだけど、いい年した大の大人が電車の中で漫画を読んでるなんて。
家で読めばいいのに、と思っていた。

sakeさんのおっしゃる通り、男性がスポーツ新聞のスケベな記事や写真を見ているのも「恥ずかしい」
逆に、女性がゴシップ記事満載の女性週刊誌を読んでいるのも「恥ずかしい」

こんなわたしは、おかしいのだろうか。

今や、パンツやブラジャーの紐を見せて歩いても平気な世の中なので、
そんなちょっとしたことでいちいち「恥ずかしい」と感じるわたしの方が、おかしいのかもしれないなあ。

  1. 2006/08/03(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

亀田くんの気持ち

あんまり好きじゃなかったんで、いつも試合があるのは知ってたけど見てなかった。
夫が仕事から帰ってきて「どう?」と聞くので、チャンネルを合わせたときは6ラウンドくらいだったか。

ボクシングの試合前の挑発合戦はいつものことで、どんなにお互いの選手が大口をたたきあっても、別に驚くことはないのだが、その中で亀田興毅が
「親父にチャンピオンベルトをやりたい」と言っていて
ああ、この子は自分のためと言うよりも「亀田家の長男として」「親の希望を実現するため」に虚勢をはって来たんだろうな、と感じた。

長男はツライよ~。

虚勢はって、ビッグマウスでつぱっているけど、中身は「親の期待を一身に背負って、つぶされまいとする男の子」って感じで、ピリピリしていた。
奈良の事件の男の子も、こんな感じだったのかな。


試合内容は、終わった途端に解説の人が
「まあ、今回は負けたけど」って感じのコメントを言ったとおり、判定なら確実に負けだろうなと思ったので、
2-1で亀田くんの勝ちと聞いたときには、本当に驚いた。

けど、「頑張る長男くん」のイメージが出来上がっていたわたしには、
「これであの子も、親の呪縛から解放されるんだろうなあ。
これからは、自分の意志が少しは言えるようになるんだろうか」なんて考えて、
子供のようにくしゃくしゃの泣き顔で、オヤジの腰にベルトを巻いたりしている亀田くんを見て
「まあ、よかったね」と思ったのだ。


しかし、やはり疑惑の判定に黙っている人ばかりではなく、TBSに抗議の電話が殺到したらしい。
誰が見ても、あの試合内容は「負けている」のだ。

やっと、楽になれると思った亀田くんだが、これからもリング外で闘い続けないといけないねえ。
可哀相にねえ、と思った。

  1. 2006/08/03(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:1|
  5. コメント:9

わたしが心配すること

「フライトプラン」という映画を見た。
映画の内容としては、まあ、何だったので、紹介記事は書かないのだが。

ジャンボジェットの中で、小さな女の子が行方不明になるという話だ。
母親が一人半狂乱で娘を探すのだが、そのときの台詞に
「小さな女の子をさらう変質者がいるのよ!」という意味のものがあった。

こういう台詞が、まず出てくるほど、最近の性犯罪の被害者は低年齢化しているのか。

小さな子供を狙った犯罪は、年々増えているように感じる。
知り合いのお母さんは、娘に可愛い洋服を着せていたら
「あまり可愛い格好をさせていると、変な人に目をつけられるわよ」
と忠告されたらしい。
小学生に声をかける不審者の話は、身近でもよく聞く。

そんな中、テレビのチャンネルを替えたら、幼児にお化粧をしてミニスカートを穿かせ、卑猥なダンスをさせている番組があった。
「エロカッコイイ」がブームらしいが、どうしてこんな小さな子供に、そんな真似をさせるのだろう。
子供は大人の真似をしたがるものだが、ここまでやらせるのは、どうだろうか。
「セクシー」とか「挑発」とか、そういった意味を本人が本当に理解してからするならともかく、
まだわけもわからない子供にそんな格好をさせて、腰をくねくねさせて躍らせて、
どんな人がどんな目で見ているかわからないのに、親は平気なんだろうか。

そんなことを心配するのは、わたしが変態趣味なんだろうか?
変に気を回しすぎだろうか?

「子供を犯罪から守ろう」

幼い子供に、あまり変なことをさせないで欲しいと思うのは、わたしの考えがおかしいのだろうか。

一応、貼っときます。
ジョディ・フォスターは、強い女性を演じるのが似合う。

フライトプラン
ブライアン・グレイザー ロベルト・シュヴェンケ ジョディ・フォスター

B000CS44YI
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-05-24
売り上げランキング : 275
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  1. 2006/08/01(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。