FC2ブログ

magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

わたしが心配すること

「フライトプラン」という映画を見た。
映画の内容としては、まあ、何だったので、紹介記事は書かないのだが。

ジャンボジェットの中で、小さな女の子が行方不明になるという話だ。
母親が一人半狂乱で娘を探すのだが、そのときの台詞に
「小さな女の子をさらう変質者がいるのよ!」という意味のものがあった。

こういう台詞が、まず出てくるほど、最近の性犯罪の被害者は低年齢化しているのか。

小さな子供を狙った犯罪は、年々増えているように感じる。
知り合いのお母さんは、娘に可愛い洋服を着せていたら
「あまり可愛い格好をさせていると、変な人に目をつけられるわよ」
と忠告されたらしい。
小学生に声をかける不審者の話は、身近でもよく聞く。

そんな中、テレビのチャンネルを替えたら、幼児にお化粧をしてミニスカートを穿かせ、卑猥なダンスをさせている番組があった。
「エロカッコイイ」がブームらしいが、どうしてこんな小さな子供に、そんな真似をさせるのだろう。
子供は大人の真似をしたがるものだが、ここまでやらせるのは、どうだろうか。
「セクシー」とか「挑発」とか、そういった意味を本人が本当に理解してからするならともかく、
まだわけもわからない子供にそんな格好をさせて、腰をくねくねさせて躍らせて、
どんな人がどんな目で見ているかわからないのに、親は平気なんだろうか。

そんなことを心配するのは、わたしが変態趣味なんだろうか?
変に気を回しすぎだろうか?

「子供を犯罪から守ろう」

幼い子供に、あまり変なことをさせないで欲しいと思うのは、わたしの考えがおかしいのだろうか。

一応、貼っときます。
ジョディ・フォスターは、強い女性を演じるのが似合う。

フライトプラン
ブライアン・グレイザー ロベルト・シュヴェンケ ジョディ・フォスター

B000CS44YI
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-05-24
売り上げランキング : 275
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
  1. 2006/08/01(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。