magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

我が身を省みる

暑いですね~。

去年も、こんなに暑かったのかしら。

今年は梅雨明けが早かった分、夏が長いんですよね。

朝も、目覚まし時計よりも先に、セミの鳴き声で起きてしまいます。



さて、暑い中、晩ご飯のおかずを買いにスーパーへ。

レジが結構混んでいたので、ボーっと待っていると

わたしの3人先くらいの女性客がレジ係りの女の人に怒り出した。

「あなた、仕事が雑よ!」 「誰も何も言わないけど、客商売なんだからもっと丁寧にしなさい!」

なんかあったのかなあ~、とボーっとその女性客を見送った。

混んでいるからか、レジは二人で分業していて

一人が値段を読み取らせて、もう一人が代金を受け取っておつりを渡す役割だった。

女性客が怒ったのは代金を受け取る係りの人。

値段を読み取らせる人が、一言二言慰めるような言葉を言った。


さて、わたしの番。

料金丁度の小銭があったので、その人に渡すと

「ありがとうございました~」と言いながら、片手でレシートを突き出された。


ああ、これか。

先の女性客は、こういう態度にカチン!ときたのだな。

手のひらを上に向けてレシートを差し出すという感じではなく、

レシートを親指と人差し指でつまんで、そのまま突き出すように渡された。

それを「失礼な!」と感じたのかも。


よくコンビニなんかでやるような、両手で包むように小銭のおつりを握らされるのは

それはそれでギョッとする時もあるけど、

このレジ係の人のようにポイッって感じでレシートを突き出されるのも

わたしはあまり経験がなくて「おっ」と思った。


「いろんな人がいるからねえ。気にしないようにね」と慰めているお客さんもいたけど、

忠告はやはり聞いたほうがいい。

せっかく「不快だ」という意思表示をしてくれた人がいるのだから、

自分の何が相手を不快にさせたのか、ということをよく考えることも大切だなあと思った。

言ってくれなければ気付かないことが多いからだ。




スポンサーサイト
  1. 2008/07/29(火)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 仕事 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4

面倒くさい

発言の裏を読む人が苦手だ。

Aが欲しいのから「Aをください」と言っているのに、

または欲しくないから「いりません」と言っているのに

「遠慮しているんだわ」 「Aと言っているけれど、本当はBが欲しいんじゃないか?」

などと、変な判断をして

「どうぞ、どうぞ」としつこく勧められたり

「Bのほうがいいですよ。Bにしませんか」と押し付けられたり。

ああ、面倒くさいと思う。




同じことで文句を言い続けるのがいやだ。

「暑い、暑い。クーラーが全然きかない」

部屋の空気を対流させる商品が、安価でありますよ。と提案しても、購入せずに

「暑い、暑い」と毎日言い続けている。

空気を対流させると、冷たい空気が部屋の中に行きわたって、ずいぶん感じ方も違うと思いますけど。

と言っても行動は起こさず、ただただ「暑い、暑い」

毎日同じ文句を言い続けるのって、すごいエネルギーがいると思うけど。


ああ、ああ。面倒くさい。

  1. 2008/07/15(火)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

クイズ番組ばっかり

最近のテレビは、クイズかお笑い。

元々、テレビドラマはほとんど見ないので、この傾向は悪くない。

クイズと言っても二分されているようで、

知識を競うものと、おバカ回答を楽しむもの。

どちらも面白く見ているけど、前まではいろんなバラエティーをやってたのに

すっかりクイズ色だけが強くなってしまった番組を見ると

「あ~、やっぱ簡単なほうに流されるんだなあ」なんて思ってしまう。

簡単で視聴率が取れるなら、その方が作る人も楽だモンね。


個人的な好みとしては「平成教育委員会」の、宇治原くんイジメはつまらない。

彼が超人的な回答率を誇っているから、反感はかわれても仕方ないカナと思うけど

全員で寄ってたかってのような「イジメ発言」を見ていても面白くない。

世の中にイジメって無くならないんだなあと感じる。

できてもイジメられ、できなくてもイジメられ。


その中で「クイズ!ヘキサゴン」のおバカアイドルたちは、元気でいいよね。

面白回答で笑わせてくれて、なおかつイケメンだったり、可愛かったり。

素直でいい子達だなあ、と思う。


せっかくのバラエティなんだから、見て楽しいものを作って欲しいな。


  1. 2008/07/07(月)|
  2. 日々是好日|
  3. テレビ |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2

「カーラの結婚宣言」

カーラの結婚宣言
ゲーリー・マーシャル

B00027LHMQ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-07-23
売り上げランキング : 42144
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
上流階級に生まれ、軽い知的障害というハンディキャップを背負って生きるカーラ(ジュリエット・ルイス)が、全寮制学校の卒業と同時に家に帰ってきた。やがて彼女は、娘を我が手で護りたいとあせる母エリザベス(ダイアン・キートン)の反対を押し切って職業訓練校に通い始め、そこで同じハンディキャップを持つダニエル(ジョヴァンニ・リビジー)と恋に落ちる…。



久しぶりにテレビでやっているのを見ました。

可愛くて、ひたむきで、健気な映画。

カーラとダニエルの二人は、見ていて応援したい気持ちになるし
「結婚する」という本当の意味を、二人に教えられた気がする。

教会でみんなを呼んで、誓いを述べるということは
みんなに「お互いを愛している」と宣言して、認めてもらうこと。
夫婦になるという「誓い」の証人になってもらうこと。

重い誓いだからこそ、たくさんの証人を呼んで神様の前で誓うのだなあ。

そういえば、他に一生かけて守り通すなんてこと、誓えないなあと、
変な感心をしたりして。

そんな覚悟も無く結婚してしまったなあ。
と我が身を振り返ったりして(^。^;)

  1. 2008/07/04(金)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。