magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

泣ける○○

最近テレビでは「泣ける歌」だの「深イイ話」だのといった番組が増えている。

書籍も「泣ける」というのが、売るためのキーワードの一つであるらしい。

朝のテレビからの情報によると、最近の若い女性は「ストレス解消法として泣く」らしい。


少し前の 「泣く」=「感動」 という図式とは少し違って

ただただ 「ストレス解消法のひとつとして泣く」 ということらしい。


わたしは 「死んだ恋人がどうしたこうした」 とか
「動物がああしたこうした」 といった番組や映画は極力見ない。

だって 「泣くに決まっている」 から。

そういう察しがつくものを、わざわざ見ようとは思わない。


一昔前は、娯楽といえば「笑うこと」だったと思う。

モノクロ映画の時代には、数々の喜劇映画がヒットして、喜劇俳優が大スターだったりした。

昔は、生活が大変だったから、「娯楽として泣く」なんて考えられなかったのかもしれないな。

そう考えると、今は平和でいい時代だな。


しかし、「泣くとスッキリする」という気持ちはわかる。

涙を長い間流さないよりは、体から出るものは何でも出しちゃったほうがいいのかもしれない。


こんなわたしが感動するのは、職人さんの苦労話。

今日見た、そろばん作りの伝統工芸士の方が作ったそろばんの美しさには感動した。

島根県の石原長蔵さんが、その人だ。
全ての工程を一人で作り上げる、そのそろばんは8万円と値段がついていたが、
島根まで行って購入したい!と思うほど美しかった。

職人さんって、すごい!カッコイイ!

・・・と、こういう話をリアルで興味を持って聞いてくれる人がいないので、ブログに書いておこう。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/27(月)|
  2. 日々是好日|
  3. 職人 感動 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6

「あるいは裏切りという名の犬」

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
ダニエル・オートゥイユ, ジェラール・ドパルデュー, ヴァレリア・ゴリノ, アンドレ・デュソリエ, オリヴィエ・マルシャル

B000NQRVD0
アスミック 2007-06-08
売り上げランキング : 13033
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
パリ警視庁のふたりの警視、正義感あふれるレオと野心家のドニ。かつてひとりの女性を取り合い、彼女がレオ夫人となったことから、友人だったふたりの間には深い溝ができた。次期長官候補がレオであることがおもしろくないドニ。どうしても出世したいドニは、レオが指揮をとる現金強奪事件の捜査に無理やり入ってくる。そんなとき情報屋に騙され、殺しのアリバイの片棒を担がされたレオ。やがてその一件は、ドニに勘づかれ、彼の人生を左右する事態に発展していく。



これ、なんということもなくテレビをつけたらやってたんですけど
面白かった。

フランス映画でね、ジェラール・ドパルデューが憎たらしくて。よかった。

最後の最後に、きっちり片がついたという感じ。

先入観無く見たのが良かったかも。



  1. 2008/10/21(火)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。