magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ねんどに戻る ~ボディクレイ~

昨年の秋は、体調が悪く、お肌もボロボロ状態だった・
今年は、自己流の冷え対策が良かったのか、季節の変わり目も難なく乗り切った。

昨年から、スキンケアには、ボディクレイの「ねんどの化粧品シリーズ」を使っていた。
最近は、ちょっと調子も良いし、もう少ししっとりする感じがいいかなあと思い
それ以前に使っていたラベンダー化粧水に変えてみた。
でも、ちょっとヒリヒリする。
やはり「ねんど」が刺激が少なくて、肌もカサカサしないし、合っているのかなあと思った。

しっとり感が足りない分は、ホホバオイルで補おうと
また「ねんどに戻る」のであった。

肌の弱い方には、お勧めの化粧品シリーズです。





スポンサーサイト
  1. 2008/12/13(土)|
  2. 石けん・重曹・布ナプなど|
  3. ねんど スキンケア |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

「アメリ」

アメリ [DVD]アメリ [DVD]
オドレイ・トトゥ, マチュー・カソヴィッツ, ドミニク・ピノン, ジャン=ピエール・ジュネ

ビデオメーカー 2002-08-02
売り上げランキング : 1836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「GAGAデータベース」より)
子供の頃から空想好きだったアメリは、一風変わった女の子。まわりの誰かを幸せにすることを生き甲斐にし始めたアメリは、“幸せの悪戯”を続けていた。そんなある日不思議な青年ニノに出会い、ひそかに恋をしてしまう。



昨日テレビで途中から見ました。

色合いとかファッションとか、映像が好き。
アメリのやっていることは、ちょっと怖いんだけれども
恋心とか「わかるなぁ」って感じで、わたしは好きなんです。

マチュー・カソヴィッツがいい味出してるなあって思います。
台詞も少なく、終始ボーっとした感じなんですけど。
あの長い顔でボーっとした感じが、まさに「ニノ」だなあ、と思います。

最後のアメリがニノにキスするシーンが好き。
最初に頬。次に首筋。そしてまぶた。
この、まぶたにキスするシーンがすごく好きはーと
このシーンを見るために、繰り返し見ていると言っても過言ではない(^^)

好き嫌いの別れる映画みたいですね。
わたしは、可愛くて好き♪

  1. 2008/12/13(土)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

久しぶりに面白かった K-1

昨日のK-1は久しぶりに面白かった。

対戦表や試合内容はこちらで。
K-1 WORLD GP 2008 FINAL

多分、谷川さんはエヴェルトン・テイシェイラとバダ・ハリで決勝を戦わせたかったのでしょうね。
谷川さんのえこひいきコメントは聞いていて笑える。

しかし、今回は各ラウンドごとにジャッジの点数が発表されていたので
以前のような「疑惑の判定」はなかったんじゃないかな。

一番面白かったのは
準決勝の バダ・ハリ VS エロール・ジマーマン

2R お互いにダウンを奪い合って素晴らしいファイトを見せるが
3R バダの右がアゴにあたり、前のめりに倒れたジマーマン。
夫曰く「前に倒れて起き上がったヤツはいない」だそうで、
バダ・ハリの逆転KO。

今回のバダ・ハリは一味違う。
以前は、ただの悪がきという感じでふてぶてしさが売りだったけど、
なんか今回は、ちょっと人が変わった感じ?思慮深さも、ちょっとは出てきた感じ?

準々決勝でピーター・アーツに勝った時は、アーツの前で座り深々と頭を下げていた。

なんか、バダ・ハリらしくないよ~。
何があったんだろう。

今回は違うといえば、レミー・ボンヤスキー。
ちょっと前までは精彩を欠いていたというか、体も今ひとつ締まりがない感じだったのが
今回は鍛えてきたな~って感じ。

でも、全盛期の頃のシャープさにはちょっと欠けていたかな。

こちらも準決勝の VS グーカン・サキの試合が圧巻。
レミーのフライング・ミドルキックでKO。

K-1はKOが面白いのです。
リザーブファイトのメルヴィン・マヌーフも面白かった。


しかし、しかし。

なんとも後味の悪い結果に。

今回は「一味違う」と思っていたバダ・ハリが。
やはりそうか。
変わっていなかったのか。

反則行為で失格という、決勝戦にあるまじき、面白くない結果。

もったいない。非常にもったいない。
今回のバダ・ハリなら、勝って王者になることも夢ではなかったはず。
反則行為さえなければ、試合結果がどうなっていたかはわからない。
ほんと、もったいないことをして、チャンスをふいにしてしまったね。


でも、全体に、今回のK-1の試合はどれも面白かった。
一時期は「何かつまんな~い」と思うことが多かったが、今回は面白いと思った。
毎ラウンドごとに点数を公開するジャッジシステムもいいと思ったし、
主催者側の思惑によって「勝たされてる」と感じる試合もなかったし、
新人がたくさん出てきた点も良いと思った。

やはり、一時代を築いたスター選手たちは素晴らしいけれども、その人たちばかりに頼っていないで
「K-1の新時代」というか、新しいスター選手がたくさん出てきた方が
いろんなスタイルの試合も見られるし、今後の期待にも繫がるからいいと思う。
今後もますます面白い試合を見せて欲しいと期待している。


  1. 2008/12/07(日)|
  2. 日々是好日|
  3. K-1 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。