magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

鬼嫁の旦那様

「鬼嫁日記」なるブログが好評で、本に漫画にドラマにとひっぱりだこだ。

そんな人気に影響されてか「うちの鬼嫁」を語るブログも時々見かける。

その「鬼嫁」たちを見ていて不思議なのは、
旦那さんたちがどんなにひどいことをされても、その「鬼嫁」を愛のある視点で書いているところだ。

わたしなら、とても人にはここまでいえない、というようなことまで言ってのける奥さん。
わたしが法律よ!と言わんばかりの奥さん。

愚痴る気持ちもわかる。
でも、愚痴を言いながらも奥さんへの愛を失っていないのは、なぜだろう?と思っていた。



彼らには共通点がある、ような気がする。

鬼嫁は美人なのだ

前に使っていたブログにも、それは悲惨な家庭生活を綴っている人がいて
その人は「嫁のいいところは、顔。そこだけは自慢できる」と書いていたし
最近見たブログでも、虐げられながらも「うちの奥さんは結構美人」と書かれていた。

美人は、鬼でも愛される・・・

得ね、美人って(T▽T)アハハ!
スポンサーサイト


  1. 2005/11/02(水)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:7
<<ブログマダム | ホーム | 貯める・捨てる>>

コメント

美人が得って言うよりも、鬼嫁を愛しているって男はSなんじゃないかって疑いたくなるのは私だけ?
ただ、北斗晶の場合は、一緒に苦労をしているようだし、結婚前のキャラもあるしで、本当のところは分らないけれど、鬼嫁って言うよりも、肝っ玉母さんと、甘えんぼ亭主みたいに感じるんですよね。
  1. 2005/11/02(水) 16:02:58 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

うるさい女を黙らせるのは、黙って言われるままにしておく。なんじゃないの?
と思ったりします。

まぁ、世の中いろんな夫婦があるけどあそこまで好き放題に言えれば
ストレスも溜まらなくでいいやろうなぁ~とうらやましくもあるよ。

女は愛嬌よ(爆)
  1. 2005/11/02(水) 17:41:10 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

> 杏さん

北斗さんと健介さんのところは、テレビでのキャラっていうのも強いかもしれませんね。
肝っ玉母さんと甘えん坊っていうのは、つまりマザコン?(^^)

ブログ見てると、そこまでされてなぜ?と思うこと、たまにあるんですよね。


> 菊さん

それがですね。鬼嫁の行動を書いている視点に「愛」を感じるんですよね。
究極の愛かもしれない(^-^;報われることはないけど、相手に尽くすという・・・。

まあ、夫婦の数だけいろんな形があるんでしょうね。
わたしも、家庭の話を職場ですると「え~~っ?」と驚かれること、多々あります。
ぐうたら悪妻なもんで( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
  1. 2005/11/02(水) 23:15:13 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

私もよくダーリンに
「おによめ~っ!」って言われますが
美人なんでしょうか・・・・?
(いやいや違いますからっ)
やっぱ、うちのはSですね・・・。
  1. 2005/11/03(木) 11:46:15 |
  2. URL |
  3. kururu
  4. [ 編集]

美人なんですよ。そうに違いない!(^^)

鬼嫁の旦那様は、美人に虐げられるのが好きな男性・・・なんでしょうか?(^^;
  1. 2005/11/03(木) 14:32:30 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

こんばんは。『おによめ』の夫です・・・

確かに、ウチの嫁は結構美人です。えへへ。

でもウチの嫁を『おによめ』にしたのは、きっと私なんです。
世間一般の『鬼嫁』も、鬼のような要求を受け入れるダンナがいて
はじめて成立するのかなーなんて思います。

嫁が言いたいこともできないでストレス溜めるくらいなら
自分に八つ当たりでも何でもされたほうがマシかなと。

えーと、とにかく・・・はい、私Mです(笑)
  1. 2005/11/04(金) 01:33:55 |
  2. URL |
  3. 兼業主夫
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます(^^)
当事者の方から、コメントいただけて嬉しいです!

やはり、鬼嫁様は美人なのですね。
鬼でも愛しておられるのですね。

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
ダンナが居て、鬼嫁ができる。
Mが居て、Sができる。

そういうことでしょうか。

ん~~、謎がひとつ解けた感じ(^^)

兼業主夫さんの「おによめ考」は、愛があって好きなんです、わたし(^^)
  1. 2005/11/04(金) 09:48:13 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/109-3bd476fd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。