magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

潔癖症ではないはず

掃除も片付けもいい加減で、決して潔癖症ではないと思うのだが
屋台の物が食べられない。

私の母は綺麗好きな人で、ずっと仕事を持っていたが、家の中のことも手を抜くということはなく
家は綺麗に片付けられ、洗濯して糊のパリッと効いたアイロンのきっちりかけられた服を着せてくれ、食事も手作りでおいしいものを三度々々食べさせてくれた。
この母が、子供のわたしに「お祭りに行っても屋台のものは食べてはいけない」と言っていた。

「水道もないところで、ポリバケツの中に材料を入れて持ってきて、埃がいっぱいしてるから」という理由だ。

子供の頃は近所に駄菓子屋さんがなく、自転車で飴やおせんべいを売りに来るオジサンがいた。
そのおじさんからも買ってはいけないと言うのだ。

「トイレもその辺でして、その後手を洗わないから」という理由だ。

友達とお祭りに行っても食べ物は買えない。
移動の駄菓子屋のオジサンが来ても、お菓子は買えない。
子供の頃はそれが不満で「いつか食べてみたいなあ」と思っていた。

しかし大人になった今、お祭りの人ごみの中で屋台に並べられている食べ物を見ても、あまり食べたいと思わない。

職場で「どこかのお客さんからの差し入れの、奥様の手作りケーキ」というのが食べられない。

駅にあるJR系列のパン屋さんが、改装して壁を取り払いオープンスペースになった。
わたしには道端にパンを並べているように見える。
台に盛られたパンの横を「ゴホゴホ」と咳をしながら何人もの人が行き交う。
これも食べられない。

少し前に流行った焼き立てメロンパンも、車でスーパーの駐車場に来て、そこで焼きたてのものを台に並べている。
パンの車の横を車がブーーっと通り過ぎる。
風がふいて、埃が舞い上がる。
もう買う気がしない。

決して潔癖症ではないはずなのに、そういうところのものを食べたいという気がしない。
母の躾けの影響か。物余り世代のわがままか。
スポンサーサイト


  1. 2005/12/03(土)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:12
<<犯罪を減らすには? | ホーム | 身近にある毒>>

コメント

 生育環境って、面白いですね。

 私が生まれ育った所では、駄菓子屋が近くに有ったし(4歳までいたところは、隣が駄菓子屋だったんですよ)紙芝居が自転車でやって来たし、4の日には縁日があり、屋台が並んだりと言う環境だったんです。

 だから、そういう所で買い食いするのって、普通の事だったし、それを禁止されたら、子ども社会で浮いた存在のなっちゃうような感じだったんです。

 それで、特にお腹を壊すことも無かったし。今でもこういうの、好きだし、平気だし。

 もしかしたら、木蓮さんのお母さんも小さい頃、こういった買い食いをなさった経験が無かったのかも知れませんね?
  1. 2005/12/03(土) 21:03:10 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

なるほどー!うちは手づかみで食べても怒られない家庭でしたので、屋台オッケー、床に落ちた食べ物でもフーフーすれば食べてしまう・・。
私がズボラなのもあってろくに手を洗わない・・。
私が母親になったら子供が粗野に育ちそうな悪寒・・。
環境って大切ですなぁ・・(性格か!?)
  1. 2005/12/03(土) 21:51:48 |
  2. URL |
  3. にょにょ
  4. [ 編集]

> 杏さん

そう!まさに、子供社会で浮いてました!わたし(^^;
今ならいじめの原因になるかも?
でも、ちゃんとした店舗の店先で売っているたこ焼きなんかは買っても良かったんです。
母の基準は「水道などが完備してあって、衛生的か」ということだったようです。

わたしは年を取ってできた子だったから、過保護に育てられたのかもしれませんね(^^;
  1. 2005/12/04(日) 07:55:47 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> にょにょさん

うちは家族だけで食卓を囲んでいても、大皿から取り分けるのに必ず取り箸が付いているような家庭でした。
でも、鍋は直箸OKだったんですよ。

( ̄-  ̄ ) ンー。母の基準がいまいちわからない。

要は「気分」ってことでしょうか?(^^;
  1. 2005/12/04(日) 07:58:31 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

うちも、父の実家が(廃業しちゃいましたが)食品加工業をやっていた関係で、屋台のものが食べられません。
祖母は寄生虫被害予防のために、漬物にする青菜でさえ茹でていたそうな。

唯一食べられるのは学園祭の屋台の食べ物(苦笑)。

父曰く「大きくなってから、『付き合いに困らないように』、って屋台の食べ物を解禁しようとした時は手遅れだった」とのこと。

義父は逆に屋台の食べ物大好き(健康食品を摂取しているので、多少変なものを食べても大丈夫なんだそうな)で、食品衛生に関して無頓着なので、最近は、こちらが「おいおい」って思うことがあっても、「本人がいいって思ってるんだし、ま、いっか」と思うことにしています(でないとやってけないもの、いくら別居嫁だって)。

夫は義父を反面教師にしているのか、屋台の食べ物は嫌いです(爆)。
  1. 2005/12/04(日) 21:09:04 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

木蓮さん、こんばんは~♪
読んでて、わ~!同じっ!と思いました~!
私の母は、部屋はピカピカにしてなかったけど(笑)屋台や駄菓子屋さんの物は買ってはダメと
同じ理由で同じ事を言われました。
なので子供の頃は、外食苦手で祖母宅で食事しただけでも具合悪くなってました(^_^;)
でも・・・
結婚して今では何でもOKになってしまいました(笑)
夫が屋台(ラーメン)大好き!お祭り大好き!で屋台の物も「食べよう~♪」って感じで。
初めての時なんて「えー?いいの?」って聞いちゃったくらい!(笑)
今は仕事柄、お料理教室なんかで先生が髪の毛を手で触ったりすると
「えー!手洗ってよ!」って思います。←誰でも思うか~!

  1. 2005/12/05(月) 00:06:38 |
  2. URL |
  3. きわりん
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

お舅さん。いくら健康食品を摂っていても、変なものは食べたらダメでしょう(^^;
健康食品って、気休めみたいなものだし。
むしろ、正しい食生活を送れば健康補助食品に頼らなくていいのでは・・・?

子供の頃に禁止されていて、大きくなってから「もういいよ」と言われても、習慣ってなかなか変えられないですよね。
わたしも今は母の監視の目はないけど、やはりお祭りの屋台のものは食べようとは思いません。

三つ子の魂百まで!ってことでしょうか(^^;
  1. 2005/12/05(月) 10:58:08 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> きわりんさん

同じですか!ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
今まで、同じ境遇の人には会ったことなかったんですよ。
お祭りって、屋台のものを食べに行くためにある!って人が多かったので(^^;

うちは外食はOKだったんです。母にとっては、水道などが完備されていて衛生的なところはOKという感覚だったみたい。
逆に父は外食NGの人で、理由は「食べているところを他人に見られるのは恥ずかしい」でした。
なので、どこに出かけても父と一緒だと、昼食までに帰って食事の用意をしないといけない母は大変そうでした。

変なところが潔癖な両親でしたね(^^;

お料理教室の先生は、調理中に髪を触ったりしたらダメだと思うんですが・・・。わたしも「手洗ってよ~」と思います。
同じようにテレビの料理番組で、長い爪にマニキュアを塗っている人が作ってると「Σ(゜◇゜;) ゲッ」と思いますね。
  1. 2005/12/05(月) 11:09:34 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

実家は木蓮さんがおっしゃるとおりの「正しい食生活云々」って家なんです。
でも、義父の場合は....
ブログのコメント欄なので、詳述は避けますが、義父が健康オタクになったのには、それなりの事情があったので、身内全員あきらめて&適当にあしらっています。
砂糖や塩を減らそう、って言って薄味ではあっても添加物だらけの加工食品を食べ、「○○という成分がいいから」と健康食品に頼るほうが...とは思うのですが、そこまでに至った事情を考えると、親戚一同何も言えないのです。

嫁は、佃煮や漬物系は、親から教わっているので、梅干など、手間がかかるものをのぞいては、添加物なしで(その分、味は濃いですが)作れますが....
  1. 2005/12/05(月) 19:54:32 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

そうなんですか。
わたしの親戚にも、健康補助食品マニアの人はいます。
個人の自由なので干渉はしませんが
「これ、すごく体にいいのよ!」と、高価な得体の知れない錠剤を勧められるので、周りの者はちょっと迷惑・・・(^^;

添加物や毒を全て取り除くことは難しいですが、健康補助食品を過信しすぎるのも怖いと思うのですがねえ。
  1. 2005/12/06(火) 07:36:49 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

私も、一緒です!!
小さい頃から、お祭りの屋台の物は、汚いと言って
買ってもらえませんでした。
屋台の夜鳴きそば(ラーメン?)も、絶対に
買ってはもらえませんでした。どうして?と
その頃には、思いましたが、大人になった今は
やはり、食べたいと思いませんね。やはり不潔だと
思ってしまうんです^^;
親から受けた躾って、大人になってから
納得できる部分が多いのでしょうかねぇ?
  1. 2005/12/06(火) 20:31:46 |
  2. URL |
  3. Candy
  4. [ 編集]

Candyさんも同じですか(^^)
そういえばわたしも、夜チャルメラを鳴らしながら売りに来るラーメンは、食べたことがないです。

大人になると、感覚が母に似てきたなあと思うことが多いです。
やはり一番影響を受けやすいのでしょうね。
  1. 2005/12/07(水) 07:46:56 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/145-b1f67c08
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。