magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ニュースの天才

ニュースの天才
ヘイデン・クリステンセン ビリー・レイ ピーター・サースガード
B0009H9X52



トム・クルーズ製作

実在の記者による記事の捏造事件に基づいて作られた映画。
スティーブン・グラスはアメリカの権威ある雑誌の記者だが、注目されたいという欲求から記事に嘘を書き加え、それが21本もの記事捏造事件になってしまうという話。

DVDにはスティーブン・グラス本人のインタビューも含まれている。

その中で気になったのは「一つ嘘をつくと、それをつき通すためさらに嘘で塗り固めないといけない」ということ。

出演した役者たちはスティーブンに同情的なコメントをしている。
回りの期待がそうさせた、など。

しかし実際の同僚や上司たちは、彼のことは思いだしたくもないし、彼の言うことはもう一切信用できないと言っている。
「例え雨が降っていても、彼が『雨だ』と言えば、その言葉を疑う」と言うほどだ。

嘘をつく人間は、周りの人をどれほど傷つけているかわからない。
ただ自分が言い逃れたいだけ、注目されたいだけ。
そんな些細な気持ちから小さな嘘をついたとしても、穴を埋めるためにどんどんたくさんの大きな嘘に膨らんでいく。

スティーブンは今、ロースクールを卒業し弁護士を目指しているとか。
今後の仕事のために信頼を回復したい、と言っていた。
本当に自分のことしか考えない人間なんだなと感じた。
元同僚たちの気持ちがよくわかる。
スポンサーサイト


  1. 2005/12/08(木)|
  2. 映画の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
<<夫自慢は嫌われる? | ホーム | 嫌いなCM>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/149-cfecddd3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。