magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

神の山に備えあり

遠く離れて一人暮らしをしている母からメールが届く。

「いま、ミシンで○○(孫の名前)の洋服を縫っています。

                    猫も一緒にいます」


ああ、猫よ。

お前は、母を置いて遠く離れるわたしの代わりに

母の傍に居てくれるために

10年前のあの夜に、わたしの足元に現れたのだね。


案ずるなかれ、神の山に備えあり。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/20(金)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<< | ホーム | 整理整頓>>

コメント

縁だねぇ・・

お母さんの傍で見守ってくれているのね、猫ちゃん。10歳というとなかなかの年寄りかな?
長生きするといいね、猫ちゃん。
  1. 2006/01/20(金) 09:48:18 |
  2. URL |
  3. にょにょ
  4. [ 編集]

そうですね。
人間で言えば、80歳くらいになるんでしょうか?

でも、彼は時々小走りで部屋を駆け抜けたり、たんすに飛び上がったり、とっても若々しいです。

長生きして欲しいです。

遠くにあっても、その人の(猫の)幸せと元気を願う。
愛してるって、こういう感情かな。
  1. 2006/01/20(金) 22:53:20 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

すてきなお話ですね。
心があたたかくなりました。

「神の山に備えあり」というのは、ことわざなのでしょうか。
(もしかして、知らないのは私だけ??)

私のブログのほうで、勝手にリンクを張ってしまいましたが、よろしかったでしょうか……!?
  1. 2006/01/22(日) 17:24:04 |
  2. URL |
  3. ちょいハピ
  4. [ 編集]

リンクありがとうございます(^^)大歓迎です。

「神の山に備えあり」と言うのは、聖書に出てくる言葉で
信心深い男に「息子を生贄として捧げなさい」と神のご宣託が降りて、その男と息子は生贄を捧げる山に向かって何日も旅をすするのです。
いよいよ、息子を生贄にしようという時に、父子の前によく肥ったヤギが現れて、二人はそのヤギを捕まえて生贄にした。
とか、そういう話です。

わたしなりの解釈で、何でも思い煩うことはない。神様は、何でもその時その時にちょうどいい物や出来事を用意してくださっている。
自分に出来ることだけをやってしまったら、後は神様にお任せする。
それでいいんだ。と思っています。

わたしにとって、この猫を拾ったということは、子猫は飢えずに済んだし、一人暮らしのわたしの慰めにもなったし、今は母の良きパートナーになっているので
何でも、物事には意味があるようにできているのだな。
感謝なことだな。と感じたので、こんな文章にしてみました。
  1. 2006/01/23(月) 08:03:17 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/190-391ea0cd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。