magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

抵抗のある言葉~「旦那さん」「夫さん」

突然ですが、日常生活でのちょっと気になる言葉。
ありませんか?みなさん。

タイトルにある言葉。ちょっと引っかかっちゃうんです、わたし。

自分の配偶者をさす言葉。
これって、結構悩んだりするのです。
実生活では「夫」とか「うちの」なんて言ってるのですが、「旦那」とか「主人」も聞く分には全然抵抗ない。
(でも、自分が言うのは抵抗ある。なぜかな?(^^;;)

ところが、自分の配偶者を「旦那さん」と呼んだりする人がいると、ギョッとしちゃうのです。
え?誰の旦那さん?なんて聞き返したりして・・・(^^;
それが、結構いい年の奥様の発言だったりすると何も言えなくなる。

それと、わたしの夫のことを「夫さん」と呼ばれるのも抵抗ある。
「夫さん」って、初めて聞いたとき「はあ?」と思いました。
そんな言葉あるんですかね?
わたしが「夫」と呼ぶからでしょうか?

「(自分の)旦那さん」「(あなたの)夫さん」という言い方は、市民権を得てきつつあるのでしょうか?
みんなが言い出したら、辞書もそっちよりになっちゃうでしょうし。

それと、もう一つ。
テレビでいい年をした大の男が「うちのお母さん」なんて言ってるのを見ると、赤面するくらい気恥ずかしくなったりするのですが、わたしだけでしょうか?
スポンサーサイト


  1. 2006/04/05(水)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:10
<<流行色 | ホーム | 風邪です。>>

コメント

うちのお母さん

って、自分の妻をさしているわけですよねぇ
ぷはは マザコンなんだねきっとその人。
「夫さん」も、おもしろいですなぁ~ きっとなんて呼んだらいいか迷って
「さん」をつければ とりあえず失礼ではないかナァ という気遣いかな?

私はしばらくの間 木蓮さんのところへお邪魔していたのに 読み逃げで
自分のブログを開設して間もなくに 木蓮さんにコメントさせていただいたので
なんだか私のところにも来て下さいと要求してしまったような 
(結果はそうなってしまったのですが)
そういうのが 少し厭だったので アドレスを残さなかったのですが
身分を隠しているよう気分にもなったので 思い切ってアドレス記入させていただきました。
ですから、遊びに寄って頂いて 本当に嬉しかったです!
コメントのお返事をさせていただく前に 嬉しくてここへ飛んできました。
こんなコメント書き込んですみませんでした。
木蓮さんファンの皆さんにも失礼しました。 
  1. 2006/04/05(水) 14:57:03 |
  2. URL |
  3. ねこみいにゃん
  4. [ 編集]

いい年の男の人も「うちのお母さん」ってテレビで言ってるんですよ。
「母」とか言わないのかな?
わたしはもう気恥ずかしくて、他人には「うちの母が」とか「母親が」としか言えないです。
「お母さん」って言うのは、本人に呼びかけるときだけですねえ。


ブログURLは、残しても残さなくてもどちらでも構いませんよ。
足跡だけの方を追いかけては行きませんが、コメントまでいただくと「どんな人かな?」って、こちらも興味がわいてくるので、ちょっとお邪魔したくなるのです(^^)
そうやってお友達の輪が広がっていくのも、またブログの醍醐味ではありませんか(⌒▽⌒)
わたしも早速、ねこみいにゃんさんのリンクから、他のブログも覗かせていただきましたし。

どうぞお気を楽にして、またおいでください♪
  1. 2006/04/05(水) 15:33:23 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

ハジメマシテ♪

足跡をたどってお邪魔してみました。
私も自分の配偶者を「旦那」とか「主人」と呼ぶのに抵抗があって、
ネット上でも「オット」と表現してます。
旦那とか主人だと、なんだか隷属しているような気がするからでしょうか。
実際にはほぼオットの収入で暮らしているのですが(笑)
  1. 2006/04/05(水) 15:54:08 |
  2. URL |
  3. ellie
  4. [ 編集]

私の場合

私も、ヤッパリ抵抗がありますね。

私の場合は、相手との親しさの程度で、自分の配偶者をさす言葉を使い分けているかしら?

親しい順に『トーチャン』・『ウチの人』・『夫』でしょうか、でも、『主人』とは言わないですね。

困るのは他人様のお連れ合いをなんというか、なんですが、相手が使っている言葉を使う事が多いかな。

でも、あえて『夫』という方の場合は困りますね。
もう少し年をとれば、『お連れ合い』という言い方もサマになるんでしょうが、今はまだこの言葉は取ってつけたような感じで使えないんですよね。
  1. 2006/04/05(水) 18:40:14 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

私の場合は

目上の人には夫のことを「主人」といい、親しい人には名前で呼ぶか、「だんなさん」か「夫」ですね....
メールなどでも親しい人にはふつうに「だんな」って言いますし...
他の方のお連れ合いは状況に応じて「ご主人」か「だんなさん」かなぁ。
夫に対しては名前で呼ぶことが多いかな。
  1. 2006/04/05(水) 22:34:35 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> ellieさん

そうですね。「主人」と「召使い」が一対の言葉だから、抵抗を感じるのでしょうか。

わたしの場合は「主人」って、何だかいかにも「結婚しました♪」って感じで気恥ずかしかったのと
「旦那」という言葉には「お金を運んでくる人」という意味がある、と
どこかで見たので「それはちょっと違うなあ」と感じたので
一番しっくりするのは「夫」かなあ、って感じです。

「うちの(人)」っていうのも多いかな?
  1. 2006/04/07(金) 08:22:50 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> 杏さん

「トーチャン」いいです!(*^.^*)
子供がいたら、こういう呼び方もありだなあ。
「うちのトーチャンがさあ」なんて言ってみたいものです。

わたしも相手の方の配偶者の呼び方に悩む時があります。
でも「ご主人」とか「旦那さん」とか言っちゃうかなあ?
ご自身が「夫」と言われてる方の場合は「旦那さん」と言っちゃってるかも。

考えると、難しいですね(^^;
  1. 2006/04/07(金) 08:26:45 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

使い分けてらっしゃるんですね。
わたしは目上の人と話すときも「夫」と言ってます。

本人には、つきあい始める時に「何て呼ばれたい?」と聞いたら「名前+ちゃん」と言われたので、そのように呼んでいます。
でも、親の前では「名前+さん」で呼んでます。
なんか「~~ちゃん」って言ってるのを、他の人に聞かれるのが恥ずかしくってo(*^▽^*)oエヘヘ!
  1. 2006/04/07(金) 08:31:56 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

お久しぶりです~♪

呼び方に反応してしまいました!
私も使い分けてます♪
「夫」「主人」かな。
親しい人や友人の前では、名前(本人に使ってる)やネットでは彼と呼んだりします。
私自身「彼氏」という意味で使ってるわけではないのだけど・・・
昔、「結婚してるのに、旦那さんの事、彼っていう人がいるんだよー、ちょっと違うよね」と聞いた事があって(^_^;)
他の人から聞けば、私もそう思われてるかも!?
「夫さん」初めて聞きましたー(笑)
「うちの旦那さんがね」という友達、います!います!
それぞれですね~
逆に夫には外で何て呼ばれてるのか気になります(^m^*)
前に聞いたら、「うちのが」とか「妻が」とか言ってると聞いたような記憶が・・・
さすがに友人の前では「きわりん」とは言ってくれないようです(笑)
  1. 2006/04/07(金) 14:34:41 |
  2. URL |
  3. きわりん
  4. [ 編集]

わたしは「彼」って呼び方好きなんです。
以前、既婚の知的な女性が配偶者のことを「彼」とか、苗字呼び捨てで話していたのを聞いたとき、なんかカッコイイ!と思ったんですね。
でも、自分何だか言えませんでした(^-^; 照れちゃって・・・。

そう言えば夫はわたしのことをなんと読んでいるのでしょうか?
以前に聞いたときには「嫁さん、かなあ?あんまり男は、家庭の話とかしないよ」と言ってましたっけ。
「妻」とは言ってないような気がします( ̄∇ ̄*)ゞ

そうそう「夫さん」も驚いたけど「親さん」って言う人もいるんですよ。
相手の親のことを言うなら「親御さん」じゃないの~?って驚いたことがあります。
  1. 2006/04/07(金) 16:17:11 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/214-9a7e5403
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。