magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「ファイトクラブ」

ファイト・クラブ
ブラッド・ピット デビッド・フィンチャー エドワード・ノートン
B000B84N90

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
デイビッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演によるバイオレンスドラマ。
あるエリート青年が、無秩序な破壊活動に巻き込まれていく。



これも「観ず嫌い」の映画でした。

大きな声ではいえませんが
・・・わたし、ブラッド・ピットが苦手なんです・・・。
ファンの方、ゴメンナサイ。
あの手の「男臭い」「ワイルドな」「無精ひげのある」タイプが苦手なのです。

案の定、観てみると、ブラピは壊れかけた薄汚い廃墟に住んでいる。
雨水のたまった床を平気で歩く。
いつ掃除したかわかんないようなバスタブに、平気で入っている。

うわ~~、やっぱ、苦手~~。と思いながら観ていました。

話も、暴力的で強引なもので、主人公がどうして惹かれるのかわからない。何だか胡散臭いもの。
出てくる登場人物、ほとんどが「裏がありそう」な感じ。

でも、エドワード・ノートンだもの。
一筋縄ではいかない展開なんだろうなと思ったら、その通り。
後半は息をもつかせぬスピードで、一気にクライマックスへ。
うん。エドワード・ノートンは好きなのです。

そう。公開当時にCMされていたような「男たちが殴りあう」だけの映画ではなくて、社会派の、現代の物欲にまみれた社会で生活する若者の、心の葛藤を描いた映画だと感じました。

途中、石けんを作るシーンがあって
「灰汁と脂を混ぜたものが、今の石けんと同じ原理」だとか
「アルカリは、酢で中和させる」とかブラピの台詞にあったんです。
変なところに関心を持って観てしまいました(^^)
スポンサーサイト


  1. 2006/04/20(木)|
  2. 映画の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<「スイミングプール」 | ホーム | やっぱり猫が好き♪>>

コメント

エドは良いですよね

お久しぶりです。未だに暖房が必要みたい…。灯油高いけど、買わないとダメかしらん。木蓮さん、お加減ダイジョブですか? どうかお気をつけて下さいね。

私、「ファイトクラブ」は劇場で観ましたよ。当時テレビ壊れてたんです。壊したと言うか…。そして今は…(いきなりジルベール・ベコーの歌になってしまいましたが)ビデオが壊れました。これは不可抗力。10年以上使いましたからね。

いつの時点だったかしら、エド「これだけしか出演してないのにアカデミー賞にノミネートされる率50%の俳優」と言われてましたね…。(すごい事です。)

あの頃って観てるこっちの心に揺さぶりをかけて来る映画が多かったように思います。でも「CUBE」は救いがなさ過ぎて好きになれませんでした…。続篇観る気にはとても…。

「ファイトクラブ」のオープニングで出演者や監督の名前が出てくる所、すごく斬新に感じました。何というか…勢いがあって、近未来的で…。「インファナル・アフェア」にもその影響感じましたもの。ホントは今や香港芸能界どっぷりなんで、認めるのはちょっとクヤシイ、けど「無間道」で思い出したのは「ファイトクラブ」以外の何ものでありませんでした…。

ブラッド・ピットの顔を「ホームベースの形よねえ、あれ」という人がいました。後からジェームズ・ディーンを観たり、マーロン・ブランドを見て、似ているような気がしてた時期もありましたが…。トム・クルーズ同様、私生活のゴシップで持ってるとでも言うか、年齢を重ねても何も加わっていかない顔って好きになれません。内面が少しも反映されてないとまで言っては言いすぎ? でもこの二人、舞台でお芝居できるかな~? 歌えるかな~? ルックスだけでさあ、どこまで行くのやら。(ここにはケミストリーの歌が一番しっくり来ますかね?)

どこへでも行っとくれ~、ついて行かんから。が本音のSteffi Z.でした。

「タイタニック」も続篇が作られてるようです。柳の下のドジョウ…? 映画でしか出来ない事をして欲しいのですが…。一映画ファンとしては。それではまた。
  1. 2006/04/22(土) 11:28:06 |
  2. URL |
  3. Steffi Z.
  4. [ 編集]

Steffi Z.さんは、すごく、深く映画を観てるんですね。
わたしは「これ好き」「これ嫌い」なんて、表面上の好き嫌いだけ感じています。

「CUBE」はわたしも苦手・・・。
夫は好きなんですよね、ああいうの。彼は「2」も観たはずです。
わたしは観る気にならず・・・。
でも、時間が経てば観るかも。
「SAW」も苦手でした。続編までは観る気になれません。

「タイタニック」かあ。あまり長い映画は観ないので、未だにレンタル屋さんでも手に取ることもないのですが、続編とは・・・?
また豪華客船が沈むのですか?

ブラッド・ピットの私生活にも興味はないのですが、どうしてもあの「演じられた男臭さ」が好きにはなれないのです。
夫に言わせると、わたしは男性の好みが変わっているようなので
一般的に「カッコイイ♪」と言われる人は、あまり好まない傾向にあるようです。

体調は良くなりつつあります。
元々、自律神経系が弱いので、季節の変わり目には弱いのです。
気温や湿度の変化、日替わりで変わるお天気などに体調が付いていかないのですよね。
カーーっと暑さが続く日や、キーーンと寒さが続く日のほうが、かえって楽なのです。
変化のない方が、自律神経もあれこれ調節しなくて済むのでいいのでしょう。
本人だけじゃなく、自律神経も怠け者なのですね(^^)
お見舞いありがとうございます。
  1. 2006/04/22(土) 16:57:49 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

エドワード・ノートン

確か キングダム・オブ・ヘブンで顔の出ない役柄で
(らい病になってしまって仮面をつけた)
出演していたような気がする…ちょっと忘れたな
この映画だよナァ 

自律神経が怠け者なのではなく デリケートで敏感なんだから
悪いことじゃぁないです!! って、励ましてるつもりなんだけどエヘヘ
誰だって健康で元気が一番で そうありたいわけだけど
体が思うように対応しないのは 本人が一番つらいよね。
でも 自分の弱い部分を一番理解できるのも 自分自身しかないので
めげないで つらいときは 落ち込まずゆ~くり ゆ~くり 回復して欲しいです。
  1. 2006/04/22(土) 23:02:43 |
  2. URL |
  3. ねこみいにゃん
  4. [ 編集]

顔の出ない役ですか。
この「ファイトクラブ」では、名前のない役でしたね。
「真実の行方」の時に、おっ!と注目した俳優さんです。
ジョン・キューザックといい、この手の顔がわたしのタイプなのかもしれません(^^)

温かい言葉、ありがとうございます。
デリケート・・・見た目は丈夫そうなんで、期待はずれでゴメンナサイって感じなのです。
わたし自身、いつも明るく元気で心の広い人に憧れているので
あまりにの自分の不甲斐なさに、悔しくなるんです。
でも、そういうのもいけないんですよね。
自分の不甲斐なさも受け入れないと。

ボチボチ頑張ります。焦らずにd(^-^)ネ!
  1. 2006/04/22(土) 23:13:48 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/231-8ee52416
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。