magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

身近にある危険

先日から「個人情報を出すこと」について記事にもし、トラックバックもいただいた。
どこからが「個人情報」なのか。
わたしは「その手がかりから、個人が特定されること」だと思う。
自分自身では気をつけているつもりなのだが、もしかしたら気付かないところで手がかりを残しているかも?
そう思うと、ネットなんてできなくなる。
せっかくの楽しいツールを、自分の不注意で台無しにしたくはないから気をつけているつもりなのだが。

なぜわたしが「個人情報をだすこと」に敏感なのか。
以前、怖い目にあったことがあるからである。

いわゆる「メル友」だった男性から、脅迫まがいのメールをもらったことがあるのだ。

その人には住所も教えていないし、本名も教えていなかった。
下の名前と住んでいる県名くらいしか明かしていなかったが、初めてそういうメールをもらってとても怖かった。

原因は、わたしの世間知らずで幼稚なところにあったのだが
「世の中には、いろんな人がいる。初めは親切そうでも、意に沿わないと豹変する人もいる」
ということを、身を持って知ることとなった。

以前にも紹介した小町さんの日記「われ思ふ ゆえに・・・」で、3回にわたっての連載がある。
「誰が読んでいるかわからないから。」

携帯電話というのは、今や個人情報のいっぱい詰まった貴重品だ。
わたしの携帯のアドレス帳には、その人の電話番号やメールアドレスはもちろん
住所、誕生日、血液型や趣味まで登録することができる。
もちろんわたしは、必要最小限しか登録していない。
それでも、なくしたら大変なことになる。
夫に見られて困ることはないけれど、万が一のことを考えて
ロックする癖をつけておいたほうがいいのかもしれない。

個人情報を出すことで、自分はもちろん身近な人にも迷惑がかかるかもしれない。
それでもネットに顔を出す必要のある人もいるだろう。
ネットで商売している人は顔を出すことで信用にもつながるだろうし、記事に責任を持つと言う意味もあるのだろう。
しかし、そういう場合はプライベートとは切り離す必要があると思う。
仕事とプライベートは別のもの。
ブログは別々にした方が安心できると思う。

こんな辺境で心配していても、危険なところを歩いている人には届かないかもしれない。
自分の身を守るのは、自分自身なのだ。
スポンサーサイト


  1. 2006/05/27(土)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. ネット |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
<<なぜ「生」がいいのか? | ホーム | 意気地なしなもので・・・>>

コメント

私がブログを書く時には、こんなことに気をつけています。

☆知り合いのことは書かない。
もし、本人や共通の知り合いが記事を読めば、誰が書いたのかの見当がつきますからね。
悪口になるようなことが書かれていたら大変ですし、トラブルになる時は、悪口を書いていなくても誤解からトラブルになりますからね。
実在の人間が登場する場合は、主人公にはせず、単なる通行人ぐらいの役で出すのが無難です。

☆近所の様子がわかるようなことは書かない。
地元の人間が読めば、どの辺に住んでいるのかの見当がつきますから、何かあった時に怖いですよね。
危険な奴は、ブログの内容から家まで調べて、ネットに晒したりします。
なにがトラブルの元になるかわかりませんから、用心に越した事はないですね。


  1. 2006/05/27(土) 19:29:41 |
  2. URL |
  3. りゅう
  4. [ 編集]

「怖さ」を知っている人は、何かしら注意しているところがあると思うんです。
わたしも、知人の話を書くときは、イニシャルは別のものだし
性別や設定も変えることがあります。
小町さんのブログでは、最寄の駅名と職種を日記に書いたために、後をつけられた人の話しがありました。

毎日、多くの人がブログを開設していると思います。
中には、ネットに不慣れで、本当に自分だけが読む日記を書くような感覚で
いろんなことを書いちゃう人もいると思うのです。
写真だって、平気で載せちゃう人もいると思います。
そういう人に、「危険だよ~」と伝えたいのですが、こんな外れで記事にしても目にとまらないかもしれませんね。

楽しみで始めたブログで、怖い目にあったり、嫌な思いをすることのないよう、
お互いに気をつけたいですね。
  1. 2006/05/28(日) 00:03:34 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

考えさせられますね

私が別HNで関わっているネットの世界はオンラインだけの付き合いの方もいますが、あるコミュニティの中の連絡用の色彩の強い世界なので、オンライン=オフラインの付き合いの方も出てくるところ。
なので、余計いろいろなことに気を遣います。
このHNで関わっている部分は、ごく一部の方を除いては私の個人情報はそれほど伝わってないはず...
別HNでのネットの指南役の方にいろいろ教わったので、個人情報に関しては非常に敏感になっています。

最近、プライベートでブログを立ち上げましたが、なるべく個人情報がばれないように、気を遣ってます。
(あまり更新してないけどw)
(メモ[複数形]という意味のタイトルをつけてます:本当にメモなのでw)
  1. 2006/05/28(日) 00:08:22 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

そう。以前から葉桜さんはブログを持っていないのかなあ?と疑問に思っていたんですよ。
いろんな事柄に一家言お持ちの葉桜さんですから、御自分のブログかHPをお持ちになってないはずはないと感じていました。

オンでもオフでもお付き合いのある方とは、オンではオンの話だけ。
もっと親密な話がしたいときはオフラインで。
などと言う取り決めをされるといいかもしれませんね。
  1. 2006/05/28(日) 00:15:34 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

ぼかして書く

 私も日記帳のお話はニセ設定で書いてます。
 実際には存在しない人物も登場させてます。
 そうやって書いてるうちに
 なんということでしょう!
 「丸さん、アナタ本当はオンナでしょ?」
 なんてコメントもらった事もあります。
 なんでやねん!!

 私は知り合いにもURLを教えてますから
 「ねえ、アレって誰の事?」なんて聞かれることも
 無いわけではないのですが、

 「あ~、アレ?作り話」って煙に巻きます。
 問題になる素材は新聞から引っ張ってきたり、
 友人の話を元にしていたりするのですが
 色付けは私のオリジナルです。ハイ。

 
 メル友の話ですが、
 顔が見えないから自分の良いトコばかりアピールできるし
 それだけをお互いに目にするのですから
 あたかもPCの向こうには理想の彼・彼女がいるかのように
 錯覚しちゃいますよね。

 イメージを遊べるだけの器量があれば良いですけど
 そのイメージが固まって、その人のその部分だけに
 真剣になっちゃうと、お互いに困るでしょうね。

 お互いに「その部分」でしか触れ合っていないという
 最初の認識を忘れてはいけないですよね。

 でも、最近のスピリチュアルブームで、
 現実よりも精神世界の方に比重があるみたいな考え方の
 インフラ整備がされて、
 そこにインターネットなんかが絡んで来ると
 ろくな事にならなそうですよね。
 
 時間を忘れて熱中しちゃう、麻薬みたいなところは
 ありますよね。
 それが他人とのコミュニケーションという形を取っているから
 なおさら。

 考えてみれば、PCの前に座ってる時間が増えてるな~。
 “自分本体”が“フクフク丸”である時間が確実に増えている・・・。
  1. 2006/05/28(日) 06:40:28 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

わたしは、リアルの知人には絶対教えないです。
夫にも言ってないです。
PCは1台ですが、それぞれの名前でログインして、相手が何を見ているかは知りません。
見ようと思えば見られるし、見られて困るものもないのですが、あえて言う必要もないだろうと思って。

メル友はね~、怖かったですよ。
たぶん、直にやり取りしてたから、相手の中ではすっかり「恋人」だったのだろうと思います。
「殺してやる」とまでは言われませんでしたが、それに近い文章が送られてきて。
それまでが、親密で思いやりのあるメールをもらっていたので
怖くもなり悲しくもなり。

ネット中毒になるのは、顔が見えない相手にだからこそ自分をさらけ出せる部分があって、そういうやり取りの方が「心が通じ合う」ように思うからじゃないでしょうか。
うちの夫は非常に無口ですが、メールだと饒舌になるときがあるし、普段は言わないような優しい言葉ももらえたりしますもん。

リアルの知人に面と向かって、ここの記事にあるようなことを言っても
「何面倒くさいこと考えてんのよ~」とか
「説教臭いわね」と思われるだけかも知れないし。

しかし、ネットを通じていても、向こうにいるのは血の通った人間ですから
良いところもあれば、欠点もあり。
素晴らしい!と思うこともあれば、そりゃちょっと違うのでは?なこともあり。
そういうところがまた、面白いのですよね(^^)
  1. 2006/05/28(日) 08:51:13 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

仲間 だって思ってた。

 お姉さまのところに書いてもしょうがないんだけど、
 仲間 が 大型掲示板で 個人情報晒されまくりで叩かれまくってるんです。

 私、その方とメールでやり取りとかもしていたのですが、確かに個人情報が出まくってて、幾度と無く注意した末にその「表向きのブログ」は個人情報はだいぶ収まったのですよ。

 ところが、その方は他にも多くのHPやブログを運営されていて、完全に別ハンドルでありながらも、今はやりの"倫理的に許さない行為"を明け透けにupし続けていたらしいんですね。   

 そちらの 不倫ブログ からいろんなのを辿って行って、全ての個人情報をつなぎ合わせられて、今や完全に住所も名前も巨大掲示板に晒されて叩かれまくりです。近所の住人にもURL公開してたらしく、あきらかに彼らの匂いも見られます。

 さすがに全てのHP・ブログは閉鎖、しかし本人はこの状態でもなお「証拠がないから大丈夫」「どうせ大型掲示板のヤツらなんて何もしてこない」といたって冷静なご様子。動揺はあるけど反省なし。まさに救いようもない・・・

 いや・・・そうじゃなくて、そういう不名誉なことが実際に不特定多数の人間に開示されて、しかもそれが本人が完全に特定されるような情報であるってことが問題であり、恐怖なんですよね?

 ネジが外れちゃったのか、もともとズレてるのか・・・

 仲間だって思ってた人・・・なんだけれど・・・ちょっと怖いです。
  1. 2006/07/30(日) 06:38:42 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

> 「どうせ大型掲示板のヤツらなんて何もしてこない」

それはそうかもしれませんが、ご近所の方にまでURLを公開していて、その後ご近所付き合いがうまくいかなかったり、奥様に「倫理的に許さない行為」のことがバレて揉めたりしないのでしょうか?
本人は平気でも、家族が中傷を受けたりすることはないのでしょうか?

個人情報がさらされて受ける被害というのは、「巨大掲示板の人が実際に何かをする」ということではなくて、ネットの情報によって、リアルの生活が脅かされるということだと思うのですが。

例え自分のブログやHPを閉鎖しても、他の場所にログを貼られたり、まとめサイトを作られたりして、いつまでもそういう情報が残ることはあります。
もし、お子さんがPCを使う年齢であれば、偶然そういう情報を目にすることも絶対無いとは言い切れませんし、その時に子供が受ける傷というのも大きな被害ではないでしょうか。

おっしゃる通り、ちょっと怖い人かもしれませんね。
  1. 2006/07/30(日) 08:17:15 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/261-f4940d38
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。