magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

なぜ「生」がいいのか?

ビールのお話。

ほとんどお酒の飲めないわたしは「生ビール」と「ビール」の違いがわからない。
なぜみんなが「生だ」「生だ」と言って、生ビールを好むのかもわからない。
最近では佐藤浩市が「無ろ過」というビールのCMに出ている。
何が「無ろ過」なの?と言う事は、普通のビールは「ろ過」しているのね。
などと疑問に思っていたのだが、今朝のテレビで少し謎が解けた。

「生ビール」とは、殺菌のための熱処理をしていないビールのこと。
火が通っていないから「生だ」ということなのか。

この「殺菌」とは、何を殺菌しているかと言うと残留したビール酵母。
これが残っていると、発酵が進んでしまって品質が変わってしまうとか。
それで、以前は熱処理をしていたのだが、最近ではろ過技術が進んで
高温処理しなくても酵母を取り除くことができるのだとか。

このろ過に使われるのが「珪藻土」
「珪藻(けいそう)」とは原生生物の一つで、今も空気中をふわふわと漂っているらしい。
これが死んで海底などに堆積し、何百万年も経って、殻の部分が「珪藻土」と呼ばれる天然資源になったらしい。
この珪藻土には無数の穴が開いていて、ビール酵母はこの穴より大きいため通ることができない。
テレビの実験では、墨汁を珪藻土の入った容器の上から注ぐと
舌から透明な水が出てきた。
すご~~い!これを使えば、家庭の水も綺麗に浄化されるんじゃないか?
欲しいなあ。

こうして除去された酵母は、整腸剤などの健康食品に使われる。
最近CMされている「無ろ過」のビールは、中に酵母があるわけだからお腹に良いが賞味期限が短いのだろう。

調べてみると、珪藻土は壁材にも使われているらしい。
エコで化学物質を中和し、人や動植物にもいいらしい。

しかし、何百万年も掛けてできた珪藻土を、そんなにドバドバとビールのろ過やら壁材に使いまくっていいものなのか?
壁材は、まだ高価らしいが
日本のビールは、もうほとんどが「生ビール」らしい。
人間って、消費するために生きているなあと感じた。
スポンサーサイト


  1. 2006/05/28(日)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:5
<<「赤い部屋の恋人」 | ホーム | 身近にある危険>>

コメント

自然もの

今日ひさびさに缶ビールを買ってしまいました。缶ビールは生じゃないのかな??^^;
たしかに『生』と言われると美味しいような気がするけれど、私の場合は何となく泡が優しいビールが『生』と言うイメージでした。
何百年も経って培った大切なものを利用するほど、生と普通のビールの味の違いは私は分かってないようです。

話は変わって、最近都内のあちこちでも天然温泉ができてます。あれもうんと地下深い所からお湯をもってくると聞いて、不安になるのは私だけでしょうか。。。そこまでしてまで天然温泉でなくてもいいような気がします。
  1. 2006/05/28(日) 21:41:59 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

私も、ビールって飲みませんので、
そういう違いっていうのを初めて知りました。
そうなんですね~♪
やはり、お好きな方は生を好まれるんですね。
ろ過の技術もすごいんですね。
でも、やっぱりビールは、飲めない私なのですが・・・。
  1. 2006/05/28(日) 22:20:51 |
  2. URL |
  3. Candy
  4. [ 編集]

> sakeさん

今や、日本のビールはほとんどが「生」らしいですよ。
やはり保存性を考えると、酵母を取り除いた方がいいのでしょうね。
でも、最近「無ろ過」って言うのが出てきたから、体のためには酵母がいたほうがいいのかもしれない。

味は、どちらがどうとか、わたしはわからないです。
飲まないもので・・・(^^;

何百万年も経ってできた自然のものをザバザバ使っているんだから、大事に飲まないといけませんよねえ。

温泉は、効能が色々あるようですが
わたし自身は、入ってもあまりよくわからない(^^;
掘る技術が進んだから、日本のような火山列島は、どこ掘っても出るでしょうね。
そういえば、石油も、一昔前は「枯渇する」と言われていたのが
技術の進歩で「(人類がいる間は)無尽蔵にある」と言うことになっているようです。
そうやって、地球が蓄えてくれた財産を食い潰して、人類は滅んでいくのでしょうね。


> Candyさん

わたしもアルコール類は飲めないので、味の違いはわかりません(^^;
そんなに「生」「生」とありがたがって飲む違いって何だろう?
ここは、ぜひ、飲む人からの意見が欲しいですね(^^)

これから生ビールを飲むときは、何百万年前の珪藻に思いをはせて・・・。
いや、そんなこと考えると、おいしくないですかね( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
  1. 2006/05/29(月) 07:16:33 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

焙煎飲んだらまた焙煎!!

 え~、ビール呑みです。
 生じゃないビールって何だろう?そういや聞いた事無いなと思って、
 調べて来ました。
 んん~♪変なことに勉強熱心♪

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1974316

 「ラガー」が生に対する熱処理ビールなんですってね。16へえ。
 「ラガー」も美味いですよ。 

 缶ビールは持ち運びに便利ですし、缶の処理も簡単だから普及したのでしょうけど、
 缶ビールが美味いと思ったのはサッポロビールで十数年前に出していた
 「焙煎」とタイの「シンガビール」だけです。
 織田裕二が「ばいせ~ん の~んだら また ばいせ~ん!」って歌ってたアレです。

 味が濃くて美味かった。
 でも、私が成人する前に無くなってしまった・・・

 いつでもどこでも生ビールが良いかと聞かれると、そんな事はありません。
 ビールサーバーが置いてあるお店のジョッキ生は、
 ビールの売れ行きが芳しくないお店だと、

 ・・・ニガショッパイ・・・
  
 えっと、サーバー内の掃除が不徹底なのか、酵母が発酵してしまったのか
 それは良く分からないのですが、とにかく
 ニガショッパイ。
 
 ある意味、我が町の「地ビール」と言えなくもありません。

 地ビールでも世界のビールでもどんなビールでも飲みますが、「発泡酒」とか「第三のビール」は嫌いです。
 なぜか悪酔いしてしまいます。

 生でもラガーでも飲み始めしか味覚なんて無いんだから、酵母がどうだとか
 こうるさく言う人はあまりいないと思いますよ。
 でも、ビール屋さんの感覚から行けば他者との差別化を狙って
 あの手この手を探して、
 地球の内部まで行っちゃったって感じでしょうかね~?
  1. 2006/05/30(火) 06:20:17 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

日本で発売しているビールの99%が生ビールらしいです。
生の方が喉越しがいいんだそうですよ。
グイグイ飲めちゃう、と言うことでしょうか。

瓶詰めにして加熱殺菌するよりは、ザーッとろ過して缶に入れちゃうほうが
簡単!っていうこともあるのでしょうか。

日本人は「イキがいい」っていうのが好きだから、「煮てある」よりも「生」の方が新鮮!と感じて好きなのかもしれませんね。

「缶ビールは缶臭いから、いやだ」と言う人もいましたが
要は、飲めりゃあいいのよ♪ってことでしょうか(^^)
  1. 2006/05/30(火) 07:39:56 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/262-7e9699f3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。