magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

人との距離

他人との距離の取りかたって、難しいなあ。

良く思われたいって気持ちが強いのかなあ。

自分の器以上に大きく見せようとして、失敗するのかなあ。

言葉の選び方が、ヘタなのかなあ。

大勢の中に、うまく溶け込むことができないよ。

いつも自分だけ異質だと感じるのは、なぜなのかなあ。

スポンサーサイト


  1. 2006/05/30(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:22
<<あなたの「大人年齢」は? | ホーム | 「赤い部屋の恋人」>>

コメント

私は集団生活は苦手。。人とは壁を作って接してしまいます。
誰とでも打ち解けられる人が羨ましい。。。
  1. 2006/05/30(火) 19:32:48 |
  2. URL |
  3. にょにょ
  4. [ 編集]

私も同じ。
他人は他人、自分は自分、と思っていないとやってられないかも。
誰とでも打ち解けられる人は羨ましいと思う反面、他人のことにあれこれ首を突っ込んでくる人は苦手です。
木蓮さんはいかがですか?
  1. 2006/05/30(火) 20:24:04 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> にょにょさん

友人は、量より質と思いますよ。
大勢よりも、一人の親友。でいいと思うの。

誰とでも打ち解けられるわけではないけど、笑顔ではいるかなあ。
「敵ではないですよ~」と接しているつもりなんだけど、
打ち解けてからの距離のとり方が難しいの。
こっちは、もう大丈夫。と思っても
向こうが、まだ準備できてない状態だったり。

難しいですね~。


> 葉桜さん

口を挟んできて断言されるのは、いやですね。
「わたしは、こう思う」と言われるのはいいけど「それは、絶対こう!こうしなければ!」と言われると
ちょっと、怖いな~と思います。

でも、社会にいる以上、他人とも関わって行きたいな、とは思っているのです。
  1. 2006/05/30(火) 21:43:13 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

ぁぁああぁぁ・・・まさに、今、悩んでいるのです。。。
『人間関係』というものについて。
といっても、『ママ友』という特殊な関係。

あまり深く考えないようにしてはいるのですが、なんせ子供が関わってくるだけに考えざるを得ない・・・というかなんというか。。。

現実逃避するために“世界地図”見て「あ~♪こんなトコロにちぃさい島があるぅ~♪行ってみた~い♪」なんて思いふけっています。
  1. 2006/05/30(火) 22:48:45 |
  2. URL |
  3. ヨッシー
  4. [ 編集]

わたし「女の集団」というのが、苦手なのですよ。
マイペースなところがあって、気遣いができないから苦手に感じるのかな。
今の職場はみんないい人で、楽しく過ごしてますが。

ママ友とか、公園デビューとかも難しそうだなあ。
子供がいないので、縁がないのですが
妹の話を聞いていると、苦労しそうだなあと言うのはわかります。

一人でいるのが気楽でいいけど、たわいないお喋りに入りたいときもある。
自分がどっちつかずなのが、一番イケナイのかもしれませんね。
  1. 2006/05/31(水) 04:57:47 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

私も苦手です。

そして、
>一人でいるのが気楽でいいけど、たわいないお喋りに入りたいときもある。
これ、とっても共感します。

ご近所の同世代の女性たちが難なく行き来をしているのに
別にうまくいっていない訳でもないけれど
行き来があるというのでもなく。
一緒にテニスに行きたい訳じゃないのですが、何というか。
  1. 2006/05/31(水) 09:42:54 |
  2. URL |
  3. sugar
  4. [ 編集]

他人の目から見た自分<自分のイメージ

 あらまあ、ここにコメントされてる方が全員女性の方なのですね。

 木蓮サンの「疑問」
 にょにょサンの「壁」
 葉桜サンの「嫌な距離」
 ヨッシーさんの「ママ友」「イメージ逃避行」
 sugarサンの「何というか」

 へえ。勉強になるなあ。
 ちゃんとウチの嫁さんに何か言われたときのために
 覚えておこうっと。

 私は自意識過剰な部分と言うか、
 他人に「こう見て欲しい」という自分のイメージを持ってます。
 他人の目を意識するから
 どうしても踏み込めない線もあるし、
 大概の人が思いとどまる様な線を「平然としたそぶり(内心ヒヤヒヤ)」で
 乗り越えて行くこともしばしばあります。

 他人がどう思っているかよりも
 自分が「どう見てもらいたいのか」という方が強いんですね。

 で、できれば好かれるか嫌われるかしたいんですよ。
 その相手の印象に残りたい。

 自分が混ざりたくない会話には全然入って行かないし、
 そういう会話の中で誰かが私の助けを求めてるサインが感じられたら
 その人を助けに入って行くし
 嫁さんの女友達が数人で話してる中でも面白い話だったら
 (内心ドギマギしてるそぶりも見せずに)入って行きますね。

 ああ、このコメントの状態がまさにそれですね。
 
 大勢に溶け込めないのが「失敗」に感じてしまいますか?
 たまにね、私もそう思うこともありますけれど、
 そういう時って、別に入り込まなくてもいい話題だったりしませんか??
  
  1. 2006/05/31(水) 11:48:16 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

フクフク丸さん、こんにちは。

私の場合ですが。

失敗、とは思わないのですよ。
ただ、
>一人でいるのが気楽でいいけど、たわいないお喋りに入りたいときもある。
これなんです。

他愛のないお喋りって、やはり、「日頃のおつきあい」が関係してくるんですね。それが薄いと、ぎこちない。かといって、そんなに親密につきあいたい訳でもない。

>別に入り込まなくてもいい話題だったりしませんか??

別に入り込まなくてもいい話題ですが、いつもいつも必然で入り込む訳でもなく、それが「何というか」なのですが、このニュアンスは、男性社会ではあまりないものなのでしょうか。

おっと、ここは木蓮さんのブログでした。自分ちへ戻って、もう少し、考えてみましょう。
  1. 2006/05/31(水) 13:00:53 |
  2. URL |
  3. sugar
  4. [ 編集]

sugarサン、こんにちわ。

 あ、は・・はじめまして。
 フクフク丸と申します。

 すみません。
 あの・・・。
 ちょっとブログに伺ったのですが
 難しすぎてコメント入れられずおめおめと逃げ帰って
 magnoliaってます・・・。

 多分、男性社会でもあるのでしょうけれど、
 私がそういう木蓮サンが仰る所の「異質」さを
 楽しんでいる変なヤツなだけだと思っております。

 なかなかこういった「私だけでしょうか?」な部分を大っぴらに
 語れる場面には出くわしませんし、
 それが女性の物事の感じ方の意見ともなると
 すごく新鮮というか、不思議な感じでドキドキします。

 楽しく「勉強」(と呼ぶには楽しすぎる?)させて頂きま~す。 
  1. 2006/05/31(水) 17:07:51 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

わかります

その「距離」なんですよね、問題は・・・。
女性って、仲良くなると割とズケズケとプライバシーに
突っ込みたがるじゃないですか。そして群れたがる。
それが煩わしくて嫌なんですよね。
いくら仲良くなっても適度な距離をいつも保っていたいです。
一人でいたい時もあるしね。
ホント、難しいですよね。


  1. 2006/05/31(水) 19:33:18 |
  2. URL |
  3. レンゲ
  4. [ 編集]

ああぁぁ~、なんか激論になってる(^^)
活気があって良いですね。

> sugarさん

いつも一緒にくっついていたいわけじゃないけど、もちょっと打ち解けたい気もする。
自分にはできないことを、易々と気楽にできている人を見ると、羨ましかったりするのです。

わたしは、自分から話題をふるのが苦手で
それは、若いい女の子なら誰でも好きなブランドや芸能人や話題のドラマを知らないせいもあるからかな?とも思うのですが
一人でいるとき、ちょっと遠くで女の子がキャッキャッと2~3人で笑っていると
「いいなあ。何話してんのかな?」なんて、ボーっと見ているのです。

一緒にテニスは、多分わたしも断るのですが
なんと言うか。いやはや。

わたしが、わがままなんでしょうか?


> フクフク丸さん

> 別に入り込まなくてもいい話題だったりしませんか??

そうなんです。別に入らなくてもいい話題なんです、きっと。
やっぱ男性はこうやって「~~するべき」「~~しなくてもよい」ということを、日常生活の中でもきっちり分けて考えるのでしょうかね。

女はそういう辺りが曖昧で、きっちり線引きできなくて
「するべき」ではなくて、何となく喋りたい。というときがあるのです。
寂しい時とか、憂うつな時とかに。
話題は何でもいいから、誰かと共感を分け合いたい、という時があって
まあ、わたしはブログに書いたりするわけですが(^^)
そうすると、こうやって共感してくれる人が書き込みしてくれて
「嬉しい。書いて良かった」と思うのです。

そうだ。丸サマにとっておきの秘密をお教えしましょう。
女が悩みや心配事を相談する時は
解決法が欲しいのではなく、共感して欲しいのだ
そういうことなのですよ。

あ、「晩ご飯、何食べたい?」と聞く時は、共感じゃなくて意見が欲しいのですよ(^^)


> レンゲさん

そうなんです。「距離」なんですよね。
わたしは、その距離の取り方がヘタなのかも。

「もっと、こっちに来ていいよ~」と言われているのに、遠慮したり
結構仲良くなったし、もっと近寄って大丈夫かな?と進んでいったら行き止まりにぶつかったり。

いくつになっても、難しいものです。
  1. 2006/06/01(木) 07:53:14 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

は~い。

 なるほど。ここのコメント欄を見ていると
 なんとなくそのとっておきのニュアンスが分かりました。

 以前の木蓮サンの記事で
 「会社でこんなことがあったんだよ~」と言ったら
 「そうか~、大変だったね~」と旦那様が聞いてくださって
 安らいだ

 というのがありましたが

 まさにアレですよね。(おお、実に熱心な読者だ!)

 ここのコメント欄で私が浮いちゃってます。
 でも、この浮いた状態に焦ってしまわないのが
 私なのですよ。

 「こんなのもアリだな」って
 次元大介のようにニヤリと笑うのです。
 
 男の大半がこんなんなのではなくて、
 私が「変」なのだと思います。
 そして、そうして「変」であることを指摘されると
 舞い上がるという
 素晴らしい特質を持っている私を
 私は好きなのです。

 あ、自分ラブレターになった・・・。
 アホやなあ・・・。
  1. 2006/06/01(木) 15:22:18 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

浮いた状態

自分とこで考えます、と言いながら、またここで書きます。

私も浮いた状態って、嫌いじゃないんですが、いっつもだと、「たまには」と思ってしまう。それだけなんです。

木蓮さん、
>「もっと、こっちに来ていいよ~」と言われているのに、遠慮したり
結構仲良くなったし、もっと近寄って大丈夫かな?と進んでいったら行き止まりにぶつかったり。

進んでいくことがあれば、ぶつかることがあっても、もっと近寄れることもありますよね。
私は、なかなか進まない。まさに、「距離が分からない」からだと思います。

まぁ、距離が分からないなりに、社会生活を営んでいる(つもり)んで、これ以上は、「ないものねだり」なのかもしれませんが。
  1. 2006/06/01(木) 16:41:56 |
  2. URL |
  3. sugar
  4. [ 編集]

> フクフク丸さん

いや?わたしには、浮いているようには感じられませんよ。

みんな、いろんな意見があったり、いろんな感じ方をしていいのだ~♪(^^)

ただ、それを押し付けたり、相手を全否定したりすると、それこそ「浮きまくる」と思います。

女にも色々いますから、男の人にもいろんな人がいて当たり前。
多分うちの夫なんかは、こんなモヤモヤを話したとしても
「ふーん・・・(なんと返事していいのかわからない)」沈黙・・・。
だと思います(^。^;)

まあ、そんなこんなで、時間が経てばケロッとするわけです。


> sugarさん

孤高の人、って感じでしょうか。
そういうのって、憧れ。
でも、自分にはできない。

職場でそういう感じの女性がいるんです。
仕事はできて、ベタベタしてなくて、自立してて。
でも、あいさつする時はとびっきりの笑顔で、雑談にも自然に加わったかと思うと、自然に離れていったり。
そういう人に憧れているのです。

わたしは距離のとり方がヘタなので、近づけずに怖がられたり
ベタベタしすぎてうざがられたり。
そういうところが、嫌なんです。

でも、自分を嫌いにはならないぞ~~。
と、これからも頑張ります。
  1. 2006/06/01(木) 18:24:46 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

勘違いマン

>「もっと、こっちに来ていいよ~」と言われているのに、遠慮したり
結構仲良くなったし、もっと近寄って大丈夫かな?と進んでいったら行き止まりにぶつかったり。

 あ~、記憶の引き出しから出てきました・・・。

 多分、先日の修学旅行生のお話の時に出て来た「男3・女2のグループ」での
 居心地良さ・言わなくても分かり合える感覚が身に染み付いていて
 わざわざ他のグループに入って行くのも億劫で、
 「最終的にはそこに返れば良いさ」くらいに思っていた時期があります。

 でも、その返るべき場所であるグループの和を壊したのは
 他ならぬ自分
であり、
 その喪失感から
 「こんな悲しさがあるなら、人を好きになったりしなきゃいい」
 なんてひねくれて暗い青春を送った者です。
 
 おはようございます。

 そんな感じで高校時代は何かと「硬派」だとか言われましたが
 残念。
 ただ単にひねくれていただけです。
 そんな男でも構ってくれる女子グループとか、
 男女グループがあって、
 それでもそれに上手く入れないと
 「自分はやっぱり、この人たちに合わないなあ・・・」 と
 肩を落としておめおめと引き下がる人間でした。

 嗚呼、我が返らぬ青春の日々よ・・・
 cry 暗い くら~い かえらな~~い♪

 面白いのが、そうやって自分に自信が無いものだから反動で
 声を掛けてくれる女子に「あれ?コイツ、俺の事好きなのかな?
 と、簡単に青春の勘違いしてた事です。
 そして、それが勘違いであると分かると
 さらにいじけてしまうという単純構造です。

 たかだか12~13年前に勘違いマンだった自分を、
 笑い話にできるようになった私は

 大人年齢が実年齢+12歳ということで、
 それで計算すると、高校時代の話はえ~、24年前の出来事になるわけですね。
 笑い話にもできますよ。
  1. 2006/06/02(金) 04:16:41 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

青春の勘違い

それが青春だぜ。イェ~イ!(^^)

♪もう恋なんてしないなんて
言わないよ 絶対~~♪

って、ことは「また恋をする」って意味なのだね。
こういう回りくどい言い方は、好きじゃないです。
関係ないけど。


青春のほろ苦い思い出・・・。
( ̄-  ̄ ) ンー・・・。
語りたかったけど、無いや( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

今回、こんな中途半端で抽象的な記事を書いたにもかかわらず
多くのコメントがいただけて嬉しかったです。

みんな感じているんだな。
その原因は何かわからないけど、何となくうまく行かない時もあるんだな。
なんて考えました。

やっぱ、ブログっていい!(^^)

丸サマは、経験値が高くていらっしゃる。
何にチェックをつければ、大人年齢って高くなるんだろう。
「銃で撃たれたことがある」あたりでしょうか?
  1. 2006/06/02(金) 17:57:15 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

続けて良いですか?って言うか、勝手に続けま~す

>何にチェックをつければ、大人年齢って高くなるんだろう。
「銃で撃たれたことがある」あたりでしょうか?

 アナタの熱い「視線のレーザービーム」に打ち抜かれたことならあるぜ!

 あ、朝からハイです。
 おはようございます。

 他人の子供を叱ったり
 富士山に登ったり
 TDLに行ったり
 親に怒られて殴られたりすると、経験地アップです。きっと。

 >みんな感じているんだな。

 私も今回のこの記事の大収穫はこれに尽きると思います。
 なんだ~、みんな形は違えど「異質感」あるんだな~って。
 
 自分ラブレターも書けたことですし、
 なんか素敵なコメントを私から引き出してくれた皆様に感謝です。

 こういうのって、自分ひとりでつらつら出て来る物じゃないですから、
 ホントありがたいな~。
 
 木蓮サンのブログで一人で舞い上がってしまってホントすみませ~ん。(反省の色ナシ!)
  1. 2006/06/03(土) 04:49:10 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

何故か、起きてますのよ。

富士山にも登ったことないし、TDLにも行ってないし
親にも殴られたことないし、他人の子供に注意したことはあるけど、叱ったことはないし。

110番通報したことはあり
新幹線のグリーン車に乗ったことはあり
同性に愛を告白されたことはあります。

十分、オトナな経験値とは言えませんか?(^^)

こんなつぶやきのような記事で盛り上がっていただいて、本当に嬉しいです。
まだまだ盛り上がっていただいて、訪問者様同士での意見交換も一向に構いませんので、引き続きよろしくお願いいたします(^^)
  1. 2006/06/03(土) 05:14:56 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

はい、他人の子供も叱るし、富士山には二度も登頂、TDLは数回、グリーン車にも乗れば救急車にも乗るsugarでございます♪
パトカーとヘリコプターと捕鯨船と潜水艦に乗れば、+30歳くらいになるのではないか、と。

……馬鹿なことを申し上げました。

フクフク丸さんのコメントを読んで感じたこと。
みんなが「異質感」を感じながら、おつきあいしてるんでしょうか?
それとも、ここにたまたま寄せていただいているひとたちが、
感じるひとたちなんでしょうか?
そこんとこが、疑問。
「異質感」を感じないひとのお話を是非伺ってみたいと、思ったりします。
  1. 2006/06/03(土) 21:49:15 |
  2. URL |
  3. sugar
  4. [ 編集]

おはようございます

感じない人もいるのでしょうね。
すんなり和に溶け込めて、誰からも愛される人っていると思います。

そういう人は、この記事に立ち止まったりしないのかも?

ちょうどわたしが、不倫を「婚外恋愛」と呼んで、酔いしれた文章のブログには近づかないのと同じで「何言ってんだろ、けっ!」と思っているのかもしれません。

逆に、もし「異質感」をみんなが抱えているとすれば
ズケズケものを言ってみんなを固まらせるイジワルっぽい人も
話に割り込んできて、最後には全部自分の話にもっていっちゃうあつかましい人も
家に帰ればみんな「今日どうしてあんなこと言っちゃったんだろう」
「なぜ、仲間に入れないんだろう」と悩んでいるのかもしれませんね。

そう考えると、ズケズケ言われて不機嫌になる気持ちも、少しは和らぐ・・・
でしょうか?(^^;
  1. 2006/06/04(日) 07:45:35 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

誰からも愛される人

 傍から見ててそう見える人が友人にいますが、
 二人になると「な・・・なぜに?」と思うほど
 「いや、俺って八方美人なのかな・・・」と悩んでたり。
 
 グループの和を総合的な意味で乱さずに、自分を主張しながら相手を尊重したいです。私は。
 そこに「自分の主張」が無くて「頷き、相槌」係になってるのが八方美人なのかもしれませんね。

 友人はちゃんと「自分軸」を持った人間だから「八方美人とはちょっと違う、羨ましい才能だよ」と私は正直に羨ましがっています。 


 >「何言ってんだろ、けっ!」

   の「けっ!」に惚れ直しました。
 
 
  1. 2006/06/05(月) 05:09:14 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

人それぞれの悩みが

そう言えば、みんなから可愛がられるマスコット的な女の子が
突然「みんな、わたしのことバカにしてるんでしょ!大人として扱ってくれない!」と、爆発する場面に遭遇したことがあります。

彼女はとっても可愛い人で、甘え上手で、男の人から見ても「妹的存在」だったようです。
わたしは、あまり親しくなかったので、少し離れたところから羨ましく見ていたのですが。

>「いや、俺って八方美人なのかな・・・」と悩んでたり。

人それぞれ、心の中には悩みがあるのですね。

しかし、丸サマの

> 自分を主張しながら相手を尊重したいです。

これは難しい野望だ。わたしにとっても、これからの課題ですね。


  1. 2006/06/05(月) 07:52:20 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/264-6e4268b9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。