magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

性善説・性悪説

ふと思い出したんですけど
中学生くらいの頃?「性善説」やら「性悪説」という言葉を聞いて
「人の本性は、善か悪か?」なんてディスカッションを5~6人のグループでしたのです。
授業の一環だったと思うのですが。

その時に「性善説」を取ったのはわたし一人で、残りのみんなは「性悪説派」だったんですよ。
とてもビックリして、その後の討論がどうなったか、どうまとめて発表するに至ったかは覚えていないのですが、
そんなこと考えながら友達づきあいって、できるものなのかな?
悪に染まるのは簡単だけど、元々悪いものが良くなるのって、相当難しいだろう、なんて感じたのを覚えています。

今思えば、みんな思春期で、いろんなことに傷ついていたのかも。
「大人ってズルイ!」なんて言うのは、子供の頃みんな感じたと思うのですが、
それ以外にも、幼さゆえに互いに傷つけあったり、
些細なキズが繕えなかったり、いろんなことが積み重なっての
「人間の本性は、悪だ」っていう答えだったんだろうな、って。

思春期に、そんな心の機微も感じないで
「みんな、いい人だよ~」と主張していた、自分のアホさ加減が情けない(;´д`)


今、調べると、この「性悪説」って、単に日常的な「悪事を働く」ということではなくて、
「人間は煩悩が多く、欲望的なものだ」ということなのですね。

それなら納得できる。

以下に自分が弱く、狡く、さもしい人間か。という事は、ひしひしと身につまされて感じることで
今なら「わたしは『悪』だ」と言える。

こういった、妙に哲学チックな考えで、自分の『悪』を肯定したりする姿勢も
浅ましいものだなあ。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/08(木)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<買い物カゴの中身 | ホーム | 傘の先の行方>>

コメント

善人なおもて往生を遂ぐ いわんや悪人をや

 自我の「悪」を認めつつ、それがあるが故に
 「善」に焦がれ、「善」に近寄って行ける
 そんな自分でありたい。

 正直に自分を見つめる事から始めるのかも
 しれませんよね。

 なかなかそれができないんだけど。
  1. 2006/06/08(木) 05:59:44 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

そう

まさに、それこそが「性悪説」なのですね。

「悪」だからして「悪」を認めちゃって、
「どうせ『悪』なんだも~~ん」などと思っていては、イケナイのですね。

キリスト教でも言いますね。
「心の貧しい人は幸いである。天国は彼らのものである」
自分のものにするためにも、「善」に近づかなきゃいけませんね。
  1. 2006/06/08(木) 08:29:51 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

深いですね・・・

最近、とあるところで以下のような話を聞きました。

罪は己が命の栄養であり、体験は自分史を刻む時間と空間である。罪を観じて全許容した時、初めて本当の自分が判るのだと・・・。
これほどまでに罪深い己である事を知った時、それでも許され、無量の愛情で生かされている事に、心から感謝できるのかも知れません。
丸ちゃんの言うように、悪を認めることが始まりだと思います・・・。

いいですねー、こういう話題、好き♪
  1. 2006/06/08(木) 23:27:36 |
  2. URL |
  3. レンゲ
  4. [ 編集]

(□。□-) フムフム

三浦綾子さんのエッセイにも、そういった内容がありました。
宗教家の方のお話には「生かされている」という言葉が多くありますよね。
人間以外の大きな存在の前に、己の罪を認めてひれ伏すという。

「原罪」って言葉ありますよね。
人間が生まれつき持っている「業」というか。

たかがビールの喉越しのためだけに、何百万年もかかってできた珪藻土をザバザバ使っちゃうような生き物ですから。
と、飲まないわたしは、言ってみる(^^)

そんな存在でも「生かしておいてくれる」とは、何て心の広い方なんでしょう。

自分勝手だよね~、人間って。
でも、好き(^^)
  1. 2006/06/09(金) 08:36:11 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/274-74db6004
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。