magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

その後が知りたい

お昼ご飯食べながらテレビつけたら、すごい汚い台所を片付ける番組をやってた。

もう、道具や荷物がありすぎて、何がどこにあるんだかわからない。
食器棚や物入れ、家電置き場。
そういう場所からはみ出した物たちが、スーパーの袋や箱に入れられたまま床に転がっている。
ダイニングテーブルの上は物置状態。どこで食事しているんだろうか。

そこの住人曰く「何があるかわからないから、また同じ物を買ってきちゃう」
「背が低いから、高いところに何があるのかわからない」

そういう人に限って、同じことを言う。
「収納場所をたくさん作って欲しい」

こういうのをテレビで見たり雑誌で読んだりすると、それって収納場所の問題じゃなくて、住人の性格の問題じゃないの?と思う。
少し前の住宅改造番組でも、afterが綺麗に見えるのも、山のようにあった荷物がなくなってるから。

番組などで綺麗に片付けた家の、半年後か1年後をもう一度見たい。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/17(土)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:15
<<結婚したい | ホーム | 「ことの終わり」>>

コメント

きっとその後をみたらまた散らかしちゃってんだろうな・・・。
私も片付けても何ヵ月かするとなぜか物が増えてしまうのだ~。
なんでだろ~。。
  1. 2006/06/17(土) 22:24:17 |
  2. URL |
  3. にょにょ
  4. [ 編集]

わたすもソレ見ましたよ。強烈な台所でしたね。
フタを開けずに賞味期限を全うしたラムネが印象的でした。
片付けられないなら、モノは少ない方がいいですね。
  1. 2006/06/18(日) 05:33:29 |
  2. URL |
  3. きすけ
  4. [ 編集]

私も

収納場所のせいではなくて、捨てられないせいだと思う。(捨てられない気持は分かるけど^^;)
モノが少ないとちょっと片付けるだけできれいにみえるんですよね。たまっちゃうと、掃除って大変だし。。。。
よし!朝からこの記事を読んで家の中を片付ける気になってきた・・・ありがとう木蓮さん。
  1. 2006/06/18(日) 06:44:39 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

> にょにょさん

処分する量より、持ち込む量が多いのでしょうね。
趣味のものなど、どうしても処分できないものってありますよね。
うちも週末に、夫が台所に積み上げていたものを片付けたばかり。
今は、床が前面見えていて掃除もしやすいけど、これがいつまで続くか・・・。


> きすけさん

ご覧になりましたか。
わたしは、他人事ではない!と感じましたよ。
今から3年半前。結婚して住み始めた夫実家には、賞味期限切れの缶詰などが、ごろごろ転がっておりました。
「昭和」の物までありましたよ。
昨日のラムネもそうですが、缶詰もあまり日が経つと中身が蒸発しちゃうんですよ。さび付いて中身の無くなった「昭和」の缶詰を、いくつも処分しましたよ。

> モノは少ない方がいいですね。

同感です。



> sakeさん

そう。たまっちゃうと掃除が大変なんですよね。
わたしも「掃除」と言うよりは「片付け」に時間を取られているような気がします。
片付くと疲れちゃって「今日はもうこのくらいで終わりにしよう」なんて、いい加減にザーッと掃除機かけるだけで終わってしまうんです。

一気に片付けるそ!と思うと挫折するのは目に見えているので、毎日少しずつを目標に頑張ります。
  1. 2006/06/18(日) 07:34:44 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

捨てられません。捨てられたらどんなに楽か。捨てたい!
  1. 2006/06/18(日) 09:00:17 |
  2. URL |
  3. 出人
  4. [ 編集]

うふ♪(* ̄ー ̄)v
出人さんは「捨てられない人」なのですね。
でも、「捨てたい」と思ってらっしゃる。
そこが、うちの夫とは違うところで。
夫は「捨てたくない!」と思っているので、同居人のわたしとしては困るところなのです。
  1. 2006/06/18(日) 09:12:37 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

どうしても捨てられないもの

綺麗な包装紙や紙袋、紙手提げ
専用の箱を1つ作っておいて
それに入らなくなったっら
使わないようなものから処分します。
あ、ウチにはフタを開けて活躍中のラムネあり(笑)
  1. 2006/06/18(日) 11:25:38 |
  2. URL |
  3. ねこみいにゃん
  4. [ 編集]

包装紙やリボン

捨てられないもので、一番にあげられますね。
箱を準備して、その中に納まらない分は処分するというのは、良い方法ですね。

わたしは、取っておかないんです(^^;
昔は取っておいたんですけど、実際使うことって全然なかったんです。
紙バッグは、買った物が1~2枚。
包装紙も、100均で買った物の残りが2本ほどあります。
野菜や果物のおすそ分けは、スーパーのレジ袋で持って行くし
プレゼント用なら包装してもらうか、包装紙を買うんです。
それでも困らないことに気付いたので、処分するようにしています。
  1. 2006/06/18(日) 11:36:45 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

うちも夫婦そろって片付けベタ。
で、たまに遊びに来る実家の母がぶつくさ文句たれながら片付けてくれるんだけど....
夫なり、私なりの「ルールのある」散らかり方が、母の「片付け」のおかげで、めちゃくちゃになり....
余計散らかりますw

母に怒られるの(イヤミがすごいんだw)が嫌で私が「母の気の済むように」前もって片付けても、夫にとっては、「あれ、どこいった」状態なので同じこと。

片付けは自分のペースでやりたいんだけど、母は「私が行かないと、葉桜の家は大変だ」と勘違いしてるし、「来なくていい」と言っても、「なら、いつが都合がいいんだ」とこちらの意図をわかってもらえないので、本人の好きなようにさせてますw
(もっとも、母は、「前もって言っているんだし、葉桜も『うん』と言っているのだから大丈夫」と思ってますw)

「自宅の」片付けには他人を入れないのが一番だと思う...
  1. 2006/06/18(日) 11:38:33 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

そうそう。

他人の領分には触らない。
これは鉄則ですね。

自分にとっては要らないものでも、その人にとっては必要なものってありますよね。

同居人がいると、そのルール作りが大変です。
わたしが「捨てたい」というと、同居人は「取っておきたい」という。
そのすり合わせが難しい・・・。
  1. 2006/06/18(日) 11:44:56 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

確かにAfterのその後見てみたい。

環境が変われば、気分も変わるかもしれませんけど、
どーでしょ、やっぱり元通りになってるのかなぁ?

木蓮さんの家は綺麗そうですね・・・(と振ってみる・笑)

僕はここ数年毎年引っ越しているので、その際ゴミを大量に捨てて、
毎年気分一新していたのですが、
4月の引越しの時は捨てるのが面倒だったので、箱に入れてそのまま持ってきてしまい、
僕の部屋に半分開封したかんじで、積み重なっています。
MOCOの良い”隠れ家”になっちゃってます(汗)。
  1. 2006/06/19(月) 08:11:46 |
  2. URL |
  3. しま@愛夫弁当
  4. [ 編集]

現実は厳しい

おはようございます。熊本からでしょうか?(^^)

ブログで偉そうに語っているけれど、全然綺麗じゃないですよ。
台所も、しまさんちの方が広くて綺麗だ。
夫が「物を捨てられない人」で、わたしが「片付け下手」
そこから導き出される答えは「カオスの部屋」というわけで
「その後が知りたい」のも、あの綺麗な状態を半年後も1年後も維持できるのか?
わたしは、できない!と断言できるからです( ̄^ ̄) エッヘン

いや、胸張ってる場合じゃないって・・・。(^^;

引越しゴミって、必ず出ますよね。
実は、うちの押入れにもあります。
いずれ捨てねばならぬものが・・・。
  1. 2006/06/19(月) 08:15:58 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

主婦の友社の

「出したらしまえない人へ」という本に、木蓮さんが疑問に思っているような話がいろいろ書いてありますよ。

しまえない人がしまおうとするとよけいややこしくなるらしいです。
2004年に出版された本で、荒井有里さんという方の著書です。
  1. 2006/06/19(月) 11:03:50 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

こんにちは。

履歴から来てくださったのですね、コメントありがとうございます。

収納を増やしたら、物が増える!!のです。ぜったい、収納を増やしてはいけない、と私は思ってます。
ま、適度な収納場所は必要ですけれどね。

私も石けんを愛用してます。石けんシャンプーはもう10数年間のお友達。
ずっと調子がいいです。お仲間ですね!
  1. 2006/06/19(月) 16:42:30 |
  2. URL |
  3. ぽんじょ
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

夫と一緒に読んでみたいです。
アマゾンで検索してみよう~っと(^^)


> ぽんじょさん


そうですよね。適度にゆとりを持たせた収納が理想ですよね。
うちの夫は、物で一杯になってないと、不安なようです。
何か、トラウマが隠れているのかもしれませんね。

石けん生活の先輩ですね!
気持ちいいですよね、石けん。
夏は特に実感します(^^)
  1. 2006/06/19(月) 17:21:03 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/285-c2e4c881
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。