magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「所有せざる人々」

所有せざる人々
アーシュラ・K・ル・グィン 佐藤 高子

4150106746
早川書房 1986-07
売り上げランキング : 513964
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
恒星タウ・セティをめぐる二重惑星アナレスとウラス―だが、この姉妹星には共通点はほとんどない。ウラスが長い歴史を誇り生命にあふれた豊かな世界なら、アナレスは2世紀たらず前に植民されたばかりの荒涼とした惑星であった。オドー主義者と称する政治亡命者たちがウラスを離れ、アナレスを切り開いたのだ。そしていま、一人の男がアナレスを離れウラスへと旅立とうとしていた。やがて全宇宙をつなぐ架け橋となる一般時間理論を完成するために、そして、ウラスとアナレスの間に存在する壁をうちこわすために…。ヒューゴー賞ネビュラ賞両賞受賞の栄誉に輝く傑作巨篇。



久しぶりに読み返しました。
通勤のバスの中で、チョコチョコと。

「すべての旅は帰還である」
よい言葉だなあ。

シェヴェックは物理学者で、時間というものは線のように一方通行なのではなくて、
全てが同時にあるものではないか、という仮説を立てる。
始まりも終わりも、同時にそこにある。
そう考えると、全ての距離は無くなる。
その考えから「アンシブル」という即時通信システムや、「内海の漁師」にも出てくる「チャーテン・テクノロジー」という瞬間移動装置が作り出されることになる。

この小説は、アーシュラ・K・ル=グィンのハイニッシュユニバースシリーズの中では、一番古い時代設定のものだ。(西暦2300年らしい)
この作品の中でウラスにあるテラ大使館が出てくる。
どうやら地球人は、この頃には母なる惑星地球をメチャクチャに壊してしまっているらしい。
SF小説ではよくある設定で、それだけみんな未来に絶望しているのだろうか。

シェヴェックの理論は難しい。
アーキストとアナーキストの対立も、想像するのが難しい。

何も持っていなくても困らない生活、というのが想像できるだろうか?
男も女も、全ての人間が対等だという社会を容易に想像することができるだろうか?
通貨や財産のない社会がどう機能しているのか。
そういう社会では、人間の欲望はどう現されるのだろう。(まさか、なくなったりはしまい)

この本の最後の一文。

しかし彼はなにも持ってこなかった。彼の両手は、これまでいつもそうであったように空であった。



この文章を読んで、バスの中で涙がこぼれそうになった。
じんわりと、心にしみる小説である。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/22(木)|
  2. 本の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<「ドニー・ダーコ」 | ホーム | 迷惑コメント>>

コメント

木蓮さん、こんばんは!
私も、この小説は、大~昔に読んだ記憶があります。
その最後の一文、全然忘れてましたが、うっすらと記憶が甦ってきました。
やっぱりいいですね。
本当に、「じんわりと、心にしみる小説」です。
  1. 2006/06/23(金) 21:13:15 |
  2. URL |
  3. ちょいハピ
  4. [ 編集]

この本を読むと、自分の欲深さを省みて恥ずかしくなります。
本当の自由とか、善意について考えさせられます。
SFだけれども、家族や民族の愛について考えさせられるし
個人の尊厳についても考えさせられます。

人の価値は、持っているお金や物では計れない。
そんな当たり前のことに気付かされる本ですね。
  1. 2006/06/24(土) 16:33:44 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

映画はほぼ中毒化している状態ですが、本はなかなか手にとることがなく、小説などにはまったく疎い私です。
が、木蓮さんのこの記事を読んで、この本にドカドカと好奇心がわいてきてさっそく買いに行ったんです。
でも、今じゃ絶版になっているそうで売ってませんでした。諦めきれず古本屋さんへ・・・・・・ありませんでした(T-T)
それでも諦めきれず、結局ヤフオクで落札しました。

なのに、なのに、、、いざ、読もうと本を開けるとウチの2歳児にダァーーと邪魔されてなかなか読めず。。。
・・・楽しみは、取っておきます(T▽T)
  1. 2006/08/13(日) 23:07:24 |
  2. URL |
  3. ヨッシー
  4. [ 編集]

> ヨッシーさん

わたしは、アマゾンで買いましたよ。
SF関係の本って、あまり売れないからなのか、一般の書店ではあまり数がないんですよね。
大きな書店で、やっと1コーナーあるくらいで。

「ゲド戦記」映画化の影響か、ル=グウィンの本もアマゾンでは結構手に入ります。

小さなお子さんがいると、読書するのは難しいですね。
お昼寝のときくらいしか読めないのかしら。
  1. 2006/08/14(月) 08:14:22 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/288-10d32c17
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。