magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「ドニー・ダーコ」

ドニー・ダーコ
ジェイク・ギレンホール リチャード・ケリー ジェナ・マローン

B00018GY3S
ポニーキャニオン 2004-03-03
売り上げランキング : 51114
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
17歳のドニーの家に飛行機のエンジンが落下、彼のまえに現れた銀色のウサギが、「あと28日で世界が終末を迎える」と予言する。そんな不可解なオープニングで始まる本作は、脚本に惚れこんだドリュー・バリモアが製作し、自らも教師役で出演している異色のサスペンス。



好きです、こういう映画。
どういうことだったんだろう?と、後で色々と考えさせられるところがいい。

ギレンホール姉弟と、ドリュー・バリモア、パトリック・スウェイジ
ノア・ワイリーと、何だか贅沢な俳優陣。

主人公のドニー・ダーコは、心に問題のある高校生で、夢遊病のように夜中に家を抜け出してしまう。
銀色のウサギ(っていうか、着ぐるみなんですけど)が現れて
「あと28日と6時間42分12秒で世界が終わる」と言う。

パラレルワールドとタイムトリップ。
未来の記憶(?)といった、はっきり『こうだ!』とは説明しがたい映画だけど、
そこがまた面白い。
製作側の意図は、謎解きのために何度も繰り返し観て欲しい、ということらしいけど
1度見ても「ああなのか、こうなのか」と考えることはできる。
内容をすっかり忘れた頃に、またもう一度観てみたい。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/24(土)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 DVD |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:1
<<「ドッグヴィル」 | ホーム | 「所有せざる人々」>>

コメント

自己レス。
気になる映画。
ネタバレを含むので、以下反転で。

あれこれ考えたけど、これはドニーの夢だったのか?
彼女を救うために戻った(だから「ヒーローかも」の台詞があるのか?)とか、色々解釈はあるけれども
ドニーが10月2日に戻ったということは、ジムの家は放火されないわけで
そうすると、お母さんはあの飛行機には乗らないし、エンジン落下事故は起こらない?
そうすると、ドニーは生きていて、ジムの家は放火され・・・と
話がリバースする。
そういうことなのか?


うーん、製作者の思惑通りなわたし・・・(^^;
  1. 2006/06/25(日) 08:24:53 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/289-a9e8cb0b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。