magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

次女は愛される

思いっきり、独断と偏見です。

わたしは二人姉妹の長女で、小さな頃から家に居るのが窮屈に感じていた。
母親は几帳面な人で頭もよく、家事も完璧で仕事もしていた。
父親は子供っぽく、愛情に飢えている人だった。
年を取ってからできた子供だったこともあり、父親は甘く、母親は躾に厳しかった。
初めての子供というのは(特に待ち望んでできた子というのは)、子育てにも力が入るのだろう。
元気で素直で良い子に育てなければ!と親も必死である。

わたしは期待にこたえようとした。
小さい頃から聞き分けの良い子で、よその子供が「あれを買って~!」と泣いて駄々をこねるのを子供心に「恥ずかしい」と思い、冷ややかに見ているような子供だった。

我慢すること。叱られないようにすること。褒められること。
わたしの子供の頃は、そういうことが大きく心の中にあった。

幼稚園に通う頃、妹ができた。
欲しくて欲しくてたまらなかった妹だ。
可愛い、可愛い妹。
妹は「守るべき存在」として、わたしの心を占めた。

もう少し成長すると、わたしと妹に対しての親の対応の違いに気付く。
わたしには、完璧と自立を求める親が、妹に対してはとても甘い。
さらに年をとってできた子供というのは、心底可愛いものなのだろうか。
上の子で、子育ての期待が大きすぎても成就しないことを学んだのか、親は妹にはあまり口うるさくないように、わたしには見えた。

仕事をしている母が帰ってきたとき、何かをしていないと叱られるのはいつもわたし。
妹には、そこまで厳しくお手伝いはさせなかった。
わたしには、中学生になるとすぐに「自分の下着は自分で洗いなさい」と言っていたのに、妹の下着は妹が嫁ぐまで洗っていた母。

小さな頃から「我慢」を覚えていたので、運動靴に穴が空いても、自分から「買って」とは言えなかった。
でも、妹は高価な玩具を平気で「買って」と言える。
言えば、親は買ってくれるのだ。ということを、そこで初めて知る。
でも、最後まで言えなかったなあ。今でも、言えない。

早くから一人部屋で寝起きさせられ、自分で起きられないと朝からでもとても厳しく叱った母が、就職した妹を「あの子は目覚ましで起きられないから」と部屋まで起こしに行く。

そういう、親の接し方の違いって何だろう?と思っていた。
姉と妹では、親の期待感が違うのか?
親も、初めての子と二番目では、手の抜きどころもわかるのだろうか。

sakeさんの記事「奈良の事件」にも、sakeさんと妹さんの違いについて書かれている。

うちも、妹の方が現実にうまく対処できると思う。
優等生の姉より、天真爛漫に育った妹の方が、現実のご近所付き合いや常識やマナーには詳しい。
小さい頃には「守るべき存在」であった妹が、成人した今では「頼るべき存在」になっている。

これは、親の接し方に寄るのでは?と思う。
姉には、過度の期待をかけ、親の夢を託し、どうか優秀で誰からも褒められるいい子になって欲しいと思うのだろう。
しかし、子育てというのはそう簡単にできるものではない。
きっと、親の期待ほどには育たなかったのだろう。
そこへ、うちの場合は少し年の離れた妹ができた。
同じ女の子だし、親にも子育てに対する余裕ができる。

子供にしても、長女は両親の感心と期待を一身に受け、何をするにも親の初めてのことだし、何かと手をかける。
しかし、次女に対しては長女の時に経験済みの親は、長女の時ほど手をかけない。
次女自身にとっても、生まれたときから親の愛を分け合う「ライバル」が存在するのだから、何とか自分に注目を集めようと必死である。
存在をアピールするために、愛嬌のある性格になるのかもしれない。
姉よりも価値ある存在であるということを、親に示したいという欲求があるだろう。

姉は生真面目で、妹は自由奔放。
こういう姉妹は多いと思う。
生まれたときから、愛される存在になるべき資質を持っているのが
「次女」という存在だと思う。
わたしにとっても、どんなに勝手なことを言われても、どんなにちゃっかりしていようとも、妹は「愛すべき存在」なのだ。

偏見に過ぎますか?(笑)

しかし。
父親の最愛の恋人は、長女なんだよ~~ん。と、負け惜しみを言ってみる(^^)

スポンサーサイト


  1. 2006/07/10(月)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:7
<<自分語りは嫌われる | ホーム | 男と女の考えの違い>>

コメント

トラバありがとうございました

木蓮さんの所もそうだったんですか!

あぁ、なるほど。それで妹の方が要領がいいんですね。
最初から、姉と言うライバルがいて、しかも我が家は姉の失敗をみて、「こうなるまい」とよけるような要領良さがあるんです。
子供の時は私も2番目3番目に生まれたかったですよ。

でも、うちではお金を遣わせたのも心配させたのも私の方ですね。しかも父の面倒まで妹が看るはめに・・・
ごめんよ~
(妹がいて助かった?!)
  1. 2006/07/10(月) 13:46:40 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

妹は宝

わたしも妹がいて良かった!と思います。
何でも話せるし、親にも言えないことまで包み隠さず話せる良き相談相手です。

職場の同僚を見ていても、よく気が聞いて話し上手で明るい人は次女だったりします。
長女でも、上に兄がいる人とか。

小さい頃は、どこに行くにも付いて回っていた可愛い妹ですが
成人してからは、わたしのほうが妹を頼っていて、どちらが姉かわかりません。
毎月来るお寺さんは、すっかり妹の方を「姉」だと思っているようです。
それくらい、座持ちがよく気が利くのです(^^)
  1. 2006/07/10(月) 14:20:08 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

笑える兄弟構成

私も長子長女です。
木蓮さんたちと異なるところは、下が弟だということです。
実は、夫のところも同じ兄弟構成なんです。
(kilaさんのサイトのゲストブックに結構詳しく書いてあります)
なおかつ、義兄が、末っ子(長男ではないw)

時々、義姉と、長子長女同士、「上は損だ」と、言い合ってます。

義父は、娘と嫁、二人の「長女」相手で大変かも(苦笑)。
  1. 2006/07/11(火) 16:48:24 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

はじめまして

sakeさんのトラバからタイトルが気になって飛んできました。

私も三姉妹ですが長女です。
年子の妹そして6つ離れた妹がいます。

共感多い記事でした。
思いを書くと長いので

>父親の最愛の恋人は、長女なんだよ~~ん。と、負け惜しみを言ってみる(^^)

私もそう思ってます。(笑)
  1. 2006/07/11(火) 20:15:58 |
  2. URL |
  3. チロ
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

わたしは上は損とは思いませんでした。
自分が、妹が欲しい欲しいと思っていたからでしょうか。
自分は我慢してでも、妹におやつを多くあげたり、お小遣いで物を買ってあげたりしていました。

夫は男兄弟なので、姉妹が長電話したり、メールしたり
会えば夜遅くまで同じ部屋で喋ったりしているのが不思議なようです。

異性の兄弟関係っていうのは、未知の世界です。


> チロさん

はじめまして。
共感していただけましたか。とっても嬉しいです。

三姉妹とは、にぎやかそうで良いですね(^^)
娘が三人居ても、やはりお父様はチロさんを頼りにしていますか?
うちは、もう父は他界したのですが、わたし達娘のことをとっても大事にしてくれました。
でも、こっそり本音を打ち明けるのは、長女のわたしに。
母親に面と向かって言えない愚痴とか(^^)

三女さんは、どんな感じかしら?
末っ子はやっぱり甘えん坊で、愛される存在なのでしょうか?
  1. 2006/07/12(水) 17:53:49 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

姉は宝

うちは逆で、母親の愛情はほとんど全部長女(姉)にまわされてしまい、次女(私)と3女(妹)にはあまり愛情が残らないみたい。目の前で姉が宝物のように慈しまれ、私たちはあからさまに疎まれるのはつらいです。私も妹もずっと家族を離れて暮らし、妹はずっとノイローゼで精神科に通っています。でも私は子供の時から可愛がってくれた姉が大好きで 私にとっても姉は宝です。
  1. 2006/09/05(火) 12:30:26 |
  2. URL |
  3. ジャスミン
  4. [ 編集]

そうですか

上の記事は、わたしの偏見なので、気になさらないでくださいね。
親子の数だけ、様々な関係があるものと思います。

これからもお姉さまと仲良くなさってください。
妹さんも、早くご病気が治るとよいですね。
  1. 2006/09/05(火) 18:05:25 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/302-2f6c1e01
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。