magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

自分語りは嫌われる

某掲示板などで目にする「自分語り、スマソ」
ネットでは「自分語り」が嫌われるらしい。

そもそも「自分語り」とは?
『はてな』によると、

自分自身のことについて(、大抵の場合、誰にも聞かれていないのに、勝手に)語ってしまうこと。



しかし、個人のブログというのは「自分語り」でないほうが珍しいのではないだろうか?
ある事柄について自分の考えを述べたり、今日こんなことがあったよ~。というような内容が多いと思う。

『独り言』の☆YAS!☆さんによると
『ネットにおける「自分語り」は何処かの誰かが求めているモノ 』だそうだ。

もしも、「これって自分語りだよなぁ」と掲載するかどうか悩んでいる人がいたら、「遠慮せずにどんどん載せていこう!」と言ってあげたい。その内容は、何処かの誰かにとってきっと意味があるのだから。



そう言っていただくと、わたしが書き散らしてきた駄文たちも浮かばれるというものだ。
わたしも、石けんや布ナプについては「知って欲しい」と思って書くが、ほとんどの記事は独りよがりで自分語りだ。

しかし、個人のブログスペースやサイトの中ならそれもいいのではないかと思っている。
そういった「自分語り」の記事の中からも、新しい考えや、自分とは違った意見を見つけるのも面白い。

では、なぜ「自分語り」は嫌われるのか?
それは、前述の『はてな』の説明文にあるとおり、「誰にも聞かれていないのに、勝手に」というところが嫌われるのではないか?

某掲示板にしても、いろんなテーマごとにスレッドが分かれているのに、突然「わたしの場合は・・・云々」と書き込む人がいる。
自覚のある人は「自分語り、スマソ」などという言葉で締めくくるが、流れやムードの読めない人は、延々自分の事情を書いたりする。
そういう人は、大抵誰かにガツンとやられるのだが、
個人サイトの場合はどうだろう。

あるサイトに「これは返事に困るだろう」というような書き込みばかりをしている人がいて、どうにもこうにも気になる存在なのだ。
記事の内容には関係ない自分のその日のできごとや、わたしならば返答に困るような個人的事情を毎日のように書き込む人。
こういう人がうちのサイトに来たら困るなあ。
一日の出来事などを書かれても「ああ、そうですか」としか言いようが無い。
そこの管理人さんは優しい人のようで、丁寧にひとつひとつ返事を書いている。
頭が下がる思いで、いつも見ている。
そんなに日記を書きたければ、自分でブログを始めればいいと思うのだが・・・。

しかし、そういったマナー違反行為にもガツンと言いにくい事情もあると思う。
当事者はいいが、関係ない他の訪問者まで巻き込んでしまうかもしれないこと。
サイトが荒れること。
それによって、閉鎖を余儀なくされてしまうこと。
管理人としては、こういった事態は絶対避けたい。
なので、意に沿わない書き込みがあっても、返事を書かざるをえないというところもあると思う。

ネットの世界も現実もTPOがある。
「自分語りは、自分の部屋で」
これは許される行為なのではないだろうか?

自分自身に自戒の意味もこめて、書き込みには気をつけようと思う。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/10(月)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6
<<「アイリス」 | ホーム | 次女は愛される>>

コメント

「マナー違反」と

あ~、書きたくてうずうずするな、この話題(笑)

でも、あまりに長文の自分語りは嫌われるのは見えているので、一言だけ。掲示板はそれでも、もう10年以上ある文化なんでしょうけれど、ブログはまだ始まったばかりです。個人的には、マナー違反もなにも、まだ、そんなに文化として成熟してないと思っています。管理者にとって招かざる訪問者をすべてマナー違反とは言い切れないと思います。もちろん、一般社会でマナー違反なものはマナー違反なんでしょうけれど。

なんだろ、管理人側としてはいちおうお客さんと思って、形だけでも丁重に扱っているところが、訪問者側は歓迎されていると思いこんでいるってことがあるのかもしれませんね。

そういうことを考え出すと、こんなふうに安易にコメントかけないんで、気にしないようにしてるんですけどね~。
  1. 2006/07/11(火) 02:22:18 |
  2. URL |
  3. 出人
  4. [ 編集]

ブログは、日記的な要素も多分にあるので、自分語りであっても何も問題はないでしょう。
聞きたくもない(読みたくもない)話を無理矢理聞け(読め)と突きつけられているわけじゃなし、嫌なら訪問しなければ良いだけの話。
ブログは、個人のぐだぐだな話を書く為にあると言っても過言じゃないと思います。

  1. 2006/07/12(水) 00:16:41 |
  2. URL |
  3. りゅう
  4. [ 編集]

> 出人さん

うずうずしますか?(^^)
書いてくださ~い。
わたし、考えてることをうまく文章にするのがヘタなんですよ。
出人さんに書いてもらったら「なるほど!」と唸るくらい、主張の通った文章になるかも。

ブログのコメント欄って、わたしはその文章を読んで感じたことを書く場だと思うのです。
感想や意見のコメントが並んでいる中、一つだけ「今日はどこどこへ行って、何々をしました」というような文章が、毎日のように書き込まれているのを見て「ああ、管理人さんも大変だな」と感じたのです。
その文章に関連したことが一言も無く、自分の日記を書き込まれてもなあ・・・、なんて。

ブログマナーは、トラックバック一つにしても論争になるくらいですから
これから少しずつ固まっていく、今はまだ過程なのでしょうね。



> りゅうさん

> ブログは、個人のぐだぐだな話を書く為にあると言っても過言じゃないと思います。

うわ~~い。ぐだぐだです、わたし(^^;
特に自分の心の状態によって、ハチャメチャですね。
テーマもないですし。
自分語りでいいですか?そうですか。ありがとうございます(^^)

こうやって、ここでグダグダ言っているおかげで、外でしゃきっとしていられます。
ガス抜きしなきゃ、溜まりますもの。

うん。お蔭様で、ちょっと元気になりました。
  1. 2006/07/12(水) 18:05:19 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

自分語りをなくしたら 大半のブログが無くなるような気がする~~
私のブログも 自分語りだよ!
でもさ、人の悩みや考えを聞かせてもらうと
悩んでいるこが自分だけではない とか
そういった考え方もあるんだな とか
気が楽になったり 楽しくなったり できるところがいい所だと思います。
  1. 2006/07/12(水) 22:02:48 |
  2. URL |
  3. ねこみいにゃん
  4. [ 編集]

自覚しているかしていないかで大きく変わりますよね。
「スマソ」と言いながら書き綴ってる人は、どうしても伝えたい、というような必死さが見えますが、ただだらだら語ってる人はただの空気の読めない人に見えてしまいます。
内容うんぬんよりも語る人の姿勢が、読み手受け手の対応に影響するんじゃないでしょうか。
  1. 2006/07/12(水) 22:40:41 |
  2. URL |
  3. ofjoytoy
  4. [ 編集]

> ねこみいにゃんさん

「語り合える」ところがいいですよね。
共感してもらえると、とても嬉しかったり
お互いの猫情報を書きあって、相手のブログにもお邪魔したり。
自分のことを語りながらも、話題を共有してるのがいいのかも。


> ofjoytoyさん

なるほど。自覚と姿勢ですね。
自分のスペースで自分のことを語るのはいいとして、
他の人のところに出かけて行って、日記のような書き込みしか残さないというのが、マナー違反では?と気になっていたのです。

空気を読む。気を遣うっていうことが必要なのですね。
  1. 2006/07/13(木) 17:34:16 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/303-bbff5ab0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。