magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

お金で解決?

sakeさんのブログで
『家事をしない旦那に罰金刑?』を読んで考えた。

わたしも、この番組はチラッと見たのだけれど
夫婦間のことなのにお金(罰金)で解決するというのが、何だか嫌な感じに思えたので、すぐチャンネルを変えてしまった。

こういう議論って、これからもまだ続くんだろうなあ。

家事というのは、生きていく上で必要なことで、当たり前に毎日しなければいけないことなのだから、家族みんなが参加してすることが当たり前だと思っていた。
うちは、両親とも外で働いていたので、小学生のうちから
「学校から帰ったら、お米を研ぐ」
「おやつなど、食べたお皿は洗う」
「洗濯物を取り込んで、たたむ」
「お風呂掃除をして、沸かす準備をする」など、当たり前のようにしていた。

父も、休みの日は掃除機をかけたり、ベランダの草木の手入れとか、高いところの掃除とか、町内会の集まりなどに参加していた。

そういう家庭で育ったので、「男は外で働いているから、家ではごろんとして寝っ転がって何もしなくていいんだ」という考えには、うーんと首を傾げてしまう。

sakeさんのおっしゃるように
「男は外で働いて女は家に居るのが効率的」というのもわかる気がする。
そこに、お互いに感謝の気持ちがあれば。
「お仕事ご苦労さま」
「家の中のことをしてくれてありがとう」と、お互いに労わりあうことができればいいけど、
どうしても人間ていうのは、自分のしていることが大変で、相手は楽をしていると思い込むところがあって、
「仕事、仕事っていうけど、毎晩飲んで帰って!」とか
「暑い中、満員電車で通勤しているだけでもくたびれるのに、クーラーの効いた部屋で昼寝でもしてるんだろう」とか
そういう気持ちの積み重ねが
「たまには家のことをしてくれてもいいでしょ!」
「誰の金で食っていけてると思ってるんだ!」
なんていう喧嘩に発展するのかなあ、なんて感じる。

それでとうとう「罰金刑だ!」なんて、暴論になるのだろう。
(1度で3万だって。とても払えないなあ)

うちは、今のところお互い働いて生活費は半分ずつ負担。
家事も、うちの夫は色々やってくれるほうだと思う。
毎週買い物には連れて行ってくれるし、休みの日は趣味の料理の腕をふるってくれる。
でも、洗濯はしないし(わたしがさせないというほうが合っているかも)
掃除機には触ったこともない。

でも「もっと家事をして!」という不満を感じないのは、夫が感謝の言葉を言ってくれるからだと思う。

料理を作れば「おいしい」と言ってくれるし、
洗濯や掃除にも「ありがとう」と言ってくれる。
「疲れてるんだから、しなくてもいいよ」と言われることもあって、そういう時は、
お言葉に甘えてサボります( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

縁あって一緒になった夫婦なんだから、「罰金刑だ!」なんてお金で解決するようなことはせず、お互いに労わりあって暮らしたいものだ。

それに「罰金払えばいいんだろ。ほら」なんてお金をもらったとしても、それはそれで腹が立ちそうな気がするのは、わたしだけだろうか。

お金、お金。何でも、お金。
外で働いて稼いでくるから偉い、とか
何もしないなら罰金として金を払え、とか
そういうところが、今回嫌な気持ちになった原因かもしれない。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/23(日)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<お疲れ様、曙さん | ホーム | 夏休みの自由研究>>

コメント

トラバ楽しみしてました

>それに「罰金払えばいいんだろ。ほら」なんてお金をもらったとしても、それはそれで腹が立ちそうな気がするのは、わたしだけだろうか。

ほんと、この通りだと思います。
私も最初はチャンネル変えようと思って変えないまま見ていたら、それ以上に「男は外で働いて疲れてるんだ」みたいな言い方にも「?」と思って、あんな風な記事になってしまったんですね。

木蓮さんの言われるように、お互いの思いやり=感謝の言葉が全てですよね。(実際に一つ屋根の下で暮らしているといろいろあるのでしょうが)

きっと木蓮さんも、ご主人にいつも感謝されているんだと想像しますよ。
  1. 2006/07/23(日) 12:37:37 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

(^▽^* Ξ *^▽^) イエイエ♪
感謝しているのは、わたしの方なんですよ。
わたしの我がままを、いつも聞いてくれる夫なので。

縁あって夫婦になったのだから
「どっちが偉い」「どっちの方が、相手より苦労している」なんて言い合うよりも、
お互いに「お疲れ様」と感謝の気持ちを持って、自分でできることは自分でする。
してもらったら、相手に「ありがとう」と言う。
それだけで、どんなしんどいことでも、全然違うと思うんですよね。

なんでもお金、お金っていうのは、違うと思うんですよ。
  1. 2006/07/23(日) 16:06:36 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

おじゃまします~^^

私はその番組を見ていないので 良くわかりませんが
私たち夫婦は 木蓮さんのいうように 働いてるから偉いとかそういうことは考えない夫婦です。
正社員で働いている旦那様とパートで働いている私 
どう見ても 私の方が時間があるので 自然と私の方が家事をすることになってます。
それを あたりまえと思われてしまうのは とっても嫌ですけど・・・
私の旦那様も たまには感謝の言葉を言ってくれるといいんだけどなぁ~
  1. 2006/07/23(日) 23:23:38 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

碧さん、こんにちは。
きっと、碧さんのご主人も、碧さんに感謝してると思いますよ。
日本の男性って、照れくさいのか、感謝の言葉がなかなか言えないようですね。
「いわなくてもわかるだろ」って。
それでも言って欲しいのが女心なんですよね~。
碧さんのほうから「今日のご飯おいしい?」とか聞いてみたらどうでしょうか。
  1. 2006/07/24(月) 19:44:07 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/311-b0029170
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。