magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

わたしが心配すること

「フライトプラン」という映画を見た。
映画の内容としては、まあ、何だったので、紹介記事は書かないのだが。

ジャンボジェットの中で、小さな女の子が行方不明になるという話だ。
母親が一人半狂乱で娘を探すのだが、そのときの台詞に
「小さな女の子をさらう変質者がいるのよ!」という意味のものがあった。

こういう台詞が、まず出てくるほど、最近の性犯罪の被害者は低年齢化しているのか。

小さな子供を狙った犯罪は、年々増えているように感じる。
知り合いのお母さんは、娘に可愛い洋服を着せていたら
「あまり可愛い格好をさせていると、変な人に目をつけられるわよ」
と忠告されたらしい。
小学生に声をかける不審者の話は、身近でもよく聞く。

そんな中、テレビのチャンネルを替えたら、幼児にお化粧をしてミニスカートを穿かせ、卑猥なダンスをさせている番組があった。
「エロカッコイイ」がブームらしいが、どうしてこんな小さな子供に、そんな真似をさせるのだろう。
子供は大人の真似をしたがるものだが、ここまでやらせるのは、どうだろうか。
「セクシー」とか「挑発」とか、そういった意味を本人が本当に理解してからするならともかく、
まだわけもわからない子供にそんな格好をさせて、腰をくねくねさせて躍らせて、
どんな人がどんな目で見ているかわからないのに、親は平気なんだろうか。

そんなことを心配するのは、わたしが変態趣味なんだろうか?
変に気を回しすぎだろうか?

「子供を犯罪から守ろう」

幼い子供に、あまり変なことをさせないで欲しいと思うのは、わたしの考えがおかしいのだろうか。

一応、貼っときます。
ジョディ・フォスターは、強い女性を演じるのが似合う。

フライトプラン
ブライアン・グレイザー ロベルト・シュヴェンケ ジョディ・フォスター

B000CS44YI
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-05-24
売り上げランキング : 275
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


  1. 2006/08/01(火)|
  2. 日々是好日|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
<<亀田くんの気持ち | ホーム | お疲れ様、曙さん>>

コメント

こんばんは。
拙ブログを御訪問頂き有難うございました^^

実はずーっと陰ながら読ませて頂いておりましたので・・・
こうやって大っぴらにコメント出来るのが嬉しいです。
(↑別に隠れて悪さしようとか思ってた訳じゃないんですけど^^;)

我家にも娘がおりますが、ある一定年齢になった時から男の子のような格好をさせる事が多くなりました。
こんな御時世、不必要に他人の関心を惹きたくなかったからです。

だから、親が自ら子供を玩具のように飾り立てたり、年齢に相応しくない行動へ駆り立てたりするのは、個人的には如何なものかと思いますね。
子供を出演させる親も親でしょうが、こういう番組を企画する方もどうかと・・・この手の番組には規制はないのでしょうね。

同様に感じる親は少なくないと思いますよ。
これで「変態趣味」と言われるなら・・・上等です^^メ
  1. 2006/08/01(火) 22:17:45 |
  2. URL |
  3. KAO
  4. [ 編集]

どこへ行くのか

結局、子供を“ひとつの人格”と考えることが出来ているかどうか、の違いじゃないのかなぁ、、、と思います。
一人の人間だと認識できている親はその子の将来を思ってあえて可愛くない格好をさせる。しかし、自分の分身かもしくはステイタスとなるべき“持ち物”などと考えている親は周囲の目を引く為に「エロカッコイイ」ブームに乗せるなどとバカげたことをさせるのではないでしょうか。。。

私も子供の親。彼らの日本の将来がとにかく心配です。
  1. 2006/08/01(火) 23:52:20 |
  2. URL |
  3. ヨッシー
  4. [ 編集]

同感です。

子どももペットも同格ですね。着飾らせるのは自分のアクセサリーの延長でしかない。
「子どもが喜ぶから」
と言うひとも居ますが、それは親がそうしむけているからです。

先日も、年間の子どもの衣料費が100万というご家庭がテレビに出ていましたが、
アホかと。
その100万あれば、子どもにどれだけの体験がさせてやれるか。
子どもと一緒に出かけて思い出を作ったり、
習い事をさせて教養を身につけさせたり(これも度が過ぎるとなりませんが)、
その一部を恵まれない子どもたちのためにつかったり、
そういうことで子どもの心が育まれていくだろうに。

子どもに「将来に残るもの」を身につけさせるのが大人だと思うのです。
  1. 2006/08/02(水) 14:25:05 |
  2. URL |
  3. sugar
  4. [ 編集]

> KAOさん

いらっしゃいませ。
実は、わたくしも長い間黙って読み逃げしておりました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
どうぞお気楽に、気が向いたらコメント残して行ってください。

「変態趣味」と表現したのは、もしかしてあれは一般的には
「まあ、オマセで可愛いわね」と笑って見ていられる許容範囲なのか?
わたしが、邪まな考えで見ているから、卑猥で見るに耐えないのか?
変質的な感情を持って見ているのは、わたしだけなのか?と思ったからなのです。
実際に娘さんを持っておられるお母さんの意見を聞けて、よかったです。


> 年齢に相応しくない行動へ駆り立てたりするのは、個人的には如何なものかと思いますね。

その年その年で、相応しい格好とか、似合う服装ってありますよね。
子供のうちから似合わない大人びた格好をさせなくてもいいのに、と思います。

そうやってどんどんエスカレートすると、どうなっちゃうんでしょうね。
  1. 2006/08/02(水) 17:49:27 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> ヨッシーさん

「持ち物」なんでしょうかねえ。
昔と今とでは、親の子供に対する考えは違っているんでしょうね。

うちの父は、ちょっと露出の多い服(ノースリーブとかですよ)を着ても、
「そんな格好で外を歩くのか!」と機嫌が悪かったのですが、
今のお父さん方は平気なんでしょうか。

小さな娘が、腰を振って踊って見せても、それを「カッコイイ」と感じるのでしょうか。

うちの父なら、間違いなく「そんなことするな!」と鉄拳が飛んできたことでしょう。

時代の流れなのでしょうかねえ。
  1. 2006/08/02(水) 17:58:27 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> sugarさん

そんな裕福な親御さんは、年間500万くらいかけて、子供にいろんな体験をさせているかもしれないですよ
( ̄∀ ̄*)イヒッ

な~~んて、冗談は置いといて。

お金の価値も変わっているのですね。
どうしても、自分が育ってきた頃と比べてしまうので、今の子供にとってお金って価値が低いよなあと思うのです。

去年の記事に、七夕の短冊に「お金がたくさんもらえますように」と書いた、知り合いの子供のことを書いたのですが
最近の子供は、ほしいものというとまず「お金」だけど
それも500円くらいじゃ喜ばないんでしょうね。

テレビを見ても「セレブ」だか何だか知りませんが、お金がたくさんあることが「=偉い」ことのように語っている人が多いですね。

子供の被服費に100万使う、というのもその人にとっては自慢なのでしょう。
傍から見ると、滑稽なのですが。

なんでもお金で価値を計る人というのは、逆に貧しく見えるのは何故なんでしょうね?
  1. 2006/08/02(水) 18:07:03 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

学生のころの話ですが...

某フェミニストの授業で、「ドレスコード」について教わりました。
「フェミニズムなんてク○食らえ」の実父も、ドレスコードの話だけは「○○先生は正しい」と納得してました。

卒業後、女性がほとんどいない職場(男子校ともいう)に勤務したことがありますが、その際、「ドレスコード」の教えが役に立ちましたw
過剰防衛なくらい、露出の少ない服を着てたんですw
化粧は控えめにしたり、夏でも長袖を着たり、自分の好みもあったのですが、丈の長めのスカートをはいたりして、ただでさえ(高校時代に、近所の男子校の生徒に「これでめがねをかけたら完璧にガリ勉だ」といわれたことがある)地味なのがますます地味になってました。

今となっては、もう少しおしゃれしてもよかったのかな、と思いますがw

閑話休題
親戚の子に「お年頃」のお嬢さんがいますが、今風の格好をしたいらしく、親御さんもちょっと「....」と思っているようです。
「おじさん(夫のことです)が先生なんだから、多少は加減してね」というのに、渋々ながら同意しているようですが、どうなることやら...

「露出の多い服の意味するところはね...」と言っても、「みんながやってるからいいじゃん」となるのが今時のお嬢様方(全員ではないですが)なので。
  1. 2006/08/02(水) 21:53:51 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

んー。もう自己のある年頃のお嬢様は、自分の意志でそういう格好をしていると思うので、自己責任だと思うのですが
まだ「性」について、何の考えも無い幼児に、大人がそういう格好をさせて、
いわゆる「セクシー」なダンスまでさせるのが、ちょっとどうなのかなあと思ったのです。
わたしは「可愛い」とは思えなくて、なんか痛々しかったのです。
  1. 2006/08/03(木) 07:28:36 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/314-4b36f25a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。