magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「博士の愛した数式」

博士の愛した数式
小川 洋子

410401303X
新潮社 2003-08-28
売り上げランキング : 62659
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

後悔しています。
この本を安易に「通勤のバスの中で読む本」に選んだことを。

もう、1ページごとに涙が出そうになるんです。
記憶が80分しかもたず、数字と子供を愛した博士の言葉の一つ一つや、
そんな難しい雇い主に愛情を持って精一杯接する年若い家政婦さんのひたむきさとか、
まだ子供なのに、相手を思いやる心を持ったルートの言葉のひとつひとつに、
心がじんわりとして、涙があふれてくるんです。

設定が「記憶が80分しかもたない数学者」という独特なものであるため、
そういった特殊な展開を期待して読む方もあるようですが、
これは「愛」をテーマにした小説だと思います。
毎日の日常の中にある「愛」。
積み重ねることはできないけれど、確かにそこには毎日新しい「愛」があるのです。

博士の愛したものは「数」と「子供」と「阪神タイガースの江夏豊」
博士は言う。

物質にも自然現象にも感情にも左右されない、永遠の真実は、目には見えないのだ。



見返りを求める愛ではなく、捧げるだけの愛。注ぐだけの愛。
どうしたらそんな愛し方ができるのだろう。

語り手の家政婦さんも、その子供のルートも、みんな「本当の愛」を知っている気がする。


読み終わってから気付いた、この本の登場人物に名前がないことを。
この本に出会った偶然に、感謝する。
スポンサーサイト


  1. 2006/08/30(水)|
  2. 本の話|
  3. 読書 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
<<理解すること・容認すること | ホーム | わたしが佐野元春を好きなわけ>>

コメント

私もこの本は読みました。
期待していなかった分、感動しました。
ブログでも触れているので、また気が向いたら見てください。
完全数 28(http://udaryu.blog13.fc2.com/blog-entry-192.html
  1. 2006/09/03(日) 19:36:48 |
  2. URL |
  3. りゅう
  4. [ 編集]

きっと

りゅうさんは読んでいるだろうな~、と思ったのです。
だって、タイガースだもの。
わたし自身はタイガースファンではないけれど、それでもとても良かったです。
また、読み返したくなる本です。
涙が出てくるのが、困るんですけどね。
  1. 2006/09/04(月) 11:30:04 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/328-87d2d3a0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。