magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

気の持ちよう

最近見つけたリンリンさんのブログ。
『義母は今日も行く』

同居のお姑さんの面白い行動を書いているのですが、
このお姑さんの料理がすごい!

『義母クッキング』

この画像は衝撃的ですよ。

ご本人は「嫌な嫁」なんておっしゃってますが、
お姑さんの常識ハズレの言動を笑いに昇華しちゃってるあたり、
偉いなあ~と思います。

わたしも、そう思えばいいんだよね。

新婚旅行のお土産のちょっと高いバッグを、掃除道具とかを入れている物入れに斜めに突っ込まれていても
も~、お義母さんったら~。


季節ごとのおいしいものを届けても、
「養殖物だから、安かったんでしょ」と言われても
も~、お義母さんったら~。


先週も様子見に行ったら、買い物行かされて~
重い家具も移動させられて~、掃除もしてないから見かねて掃除して~。
それでも帰りには、生ゴミの大袋3袋も持たされて~、車の後ろの座席はいっぱい。
も~、お義母さんったら~。



わたしには無理です・・・。(T△T)
スポンサーサイト


  1. 2006/11/25(土)|
  2. 日々是好日|
  3. 人間関係 夫婦 嫁姑 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
<<バックアップ取ろうよキャンペーン・2 | ホーム | バックアップ取ろうよキャンペーン>>

コメント

見てきましたよーん

爆笑w
うちの義父も、頂き物のハムを常温保存する人ですが、あちらのブログのお義母様は...
(アイスネタ、受けましたw)
木蓮さんは、一生懸命やっているんだから、無理して、お義母様のこと、笑いのネタにしなくてもいいのでは?
  1. 2006/11/25(土) 16:29:30 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

わたしは、プチダノンにスプーンが刺さっている画像を見て、声を出して笑ってしまいました。
いやあ、強烈なお義母さんですよね。

笑いのネタというか、こちらの受け取り様で、リンリンさんのように
笑いに変えて考えられたら、自分が少し楽かもな~と思ったのです。

しかし、わたしはリンリンさんのように心が広くなくて
姑も、リンリンさんのお義母さんのような天然系ではなく
イヤミ・皮肉・他人を見下す系なので、ちょっと無理がありました。

デモデモ、わたし、昨日も姑の家に行って「床が冷たい」と言うので
家具を動かしてカーペットを敷いてあげたし、
自分でもちょっと頑張ってるなあと思うので、自分を許してあげようと思います。

わたしには、これが精一杯ってことで(^^;

葉桜さん、ありがとうございます。
  1. 2006/11/26(日) 10:22:38 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

拝見しました。

木蓮さん、それにしても良くこんな物を見つけますね。
大笑いしてしまいました。

こんな風に姑を見られる嫁なんて、本当に珍しいと思いますよ。
ある意味、お姑さんは子どもで、お嫁さんがいろいろフォローしていかないと生活できないって事をお互いに感じているからこその関係に思えました。

木蓮さんのところは、お姑さんが、自分は偉いと思っていらっしゃるように思いますので、無理せず、触らずで良いのではないかなあ。
  1. 2006/11/27(月) 14:29:37 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

> 杏さん

そうですね。
この嫁姑の場合、リンリンさんがえらいですよね。
同じお姑さんと暮らしても、わたしならブーブー文句言いそうなことでも、
リンリンさんは笑いに変えて、自分の中で消化できていますものね。

そう。わたしも、夏の妹の発言以来
(「我慢するって言う時点で、そんな関係は長続きしない」というもの)
無理しても結果が良くないことはわかっているのだから、
自分から接近するのはやめよう、と思っていたのです。

つい先日も「やっぱり無理だ」ということを再確認させられた出来事がありましたので、
今後も無理せず、自分のできることだけやって行こうと思います。

ありがとうございました(^^)
  1. 2006/11/27(月) 18:07:14 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

いつだって我慢してきたんだもんね。

「~~なんだから我慢しなきゃ」って思っちゃうのでせうね。
 木蓮お姉さまは。
 
 なぜに私が「お姉さま」と呼ぶのかは、そういう雰囲気が伝わってくるし、
 また、そういう雰囲気がすごく好きだからです。

 ずっと我慢してきたんだもんね。
 「お姉ちゃんだから」「嫁なんだから」「~~なんだから」・・・
 誰かに言われ続けたもの、社会的先入観、目にする雑誌・テレビ・・・気付けば自分自身を置き去りにして、誰かとの関係性の中にしか自分が存在しなくなってる。

 我慢する以外に自分の中に鬱積した感情をどうすれば良いのかも
 考えた事もないよね。

 戦う力を持ってても正義のためには戦っても、私欲の為には言葉や力は使わないでしょ?
 なによりも先に相手の立場とか考えちゃって。やっぱり自分は我慢しちゃったりしません?

 でも、それがお姉さまなんだなあ。
 妹様の箴言が心に刺さっても完全にその色では制圧できないんだなあ。
 それが お姉さま なんだなあ。

 もちっと 甘え上手 になった方がのちのち楽よ。きっと。

 (ああ、なんか書いてて分かる長男です。
  もっとも、私はワガママも通しますが。)
 
 誰からも構ってもらえない(のであろう)性悪キューピッド(ばば殿)は、
 どうしてひねくれモノのネジリン坊になっちゃったんだろう?甘えるのが下手だからですよね?

 結局は 甘えるのが下手な人 が迎えるのは、一人で何でもやっちゃう故に孤独な老後なのか、あるいは一人ではできなくなったから他人にやってもらって文句つけてる老後しか無いのかなぁ。 

 ばば殿にとって木蓮お姉さまは本当は 神様のような人 なのですよ。

 ばば殿の小言聞くたびにこう思ってください。
 「あ、私の後光がまぶしいのね」って(笑)。  
 
 
  1. 2006/12/01(金) 06:27:18 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

> 丸サマ

赤面するような褒め殺し、ありがとうございますヾ(≧▽≦)ノ

姑は、親が商売をしていたこともあって、使用人がたくさんいて
子供の頃から「人を使う」生活が普通だったようです。
結婚しても、舅が地元でそこそこの地位にいた人で「○○家の奥さん」と呼ばれて厚遇されていたので、
どうしても「人は使うもの」という姿勢は崩せないようです。

今は使用人もいないし、舅も亡くなって、舅を慕っていた親戚や地元の人も
誰一人家に訪ねて来ようとはしないし、
「親の商売」と「舅の地位」が亡くなって、姑は孤独な人なのです。

離れて見ている時は、かわいそうだなあ、とは思うけど
近付いて行くと、使用人に接するようにしか他人と付き合えない姑なので
カチン!とくることも多いし、対等な人間扱いしてもらえないことで傷ついたりすることが多いです。

息子たち(夫や義兄)は身に沁みているのか、必要以上には近づかないし
距離を知ってるんですよね。
「これ以上近づいたらヤバイ!」という(^-^;
逃げ足が遅くて捕まるんです、わたし。

> もちっと 甘え上手 になった方がのちのち楽よ。きっと。

お互いにねぇ。
やっぱ、長子というのは、どこかで他人に頼ったり甘えたりするのが苦手かもしれませんね。

この台詞は夫にも言われますです、はい。
「頑張りすぎるな!」ってね。
いや、本人は頑張ってるつもりはないんだけども、傍から見るとそうなのかなあ。

気楽に、気楽に。
余裕を持ちたいです、他人に対して。
  1. 2006/12/03(日) 10:36:00 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

きっと

>余裕を持ちたいです、他人に対して。

 自分に対して。ですよ。
 「こうありたい自分」はあっても「こうでなければならない自分」なんてのはない。

 それだけでちょっと“余白”生まれるっしょ?
  1. 2006/12/03(日) 15:49:47 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

> 丸サマ

そうですかねえ?
自分に余裕を与えると、ブクブクブクブク.。o○

「自分に甘く、他人に厳しく」
「明日できることは、今日しない」がモットーなので。

まあ、成り行き任せっすよ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
  1. 2006/12/04(月) 18:24:15 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/369-f9341f75
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。