magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ネットと子供の怖い話

犬の散歩のように、毎日馴染みのブログやHPを一通り見て回る。
日課になっている。

その中でも、3年ほど前から毎日楽しみにしているのが、
PASORUさんの
『BLUE MOON 少々毒がございます』

あの「花嫁は厄年ッ!」の原作本を書いた人だ。
厳密に言うと原作って訳じゃなく、PASORUさんの書いた本を参考にしてドラマが作られたようだが。

PASORUさんの文章は、毒舌も混じってるんだけど、真実に言及している。
なんて言うと硬いんだけど、オブラートに包んだりせずに本当のことを簡潔にズバッと言っちゃってるところが好きだ。

そんなPASORUさんにも小学生のお嬢さんがいて、子育てについても色々書かれている。
その中で、最近の子供は普通にネットも使うので、娘が危ない目にあわないよう色々リサーチしたりする。
中学生くらいの女の子(安奈でしたっけ?)に化けてHPを開設し、「荒らし」の現実をリポートしてくれたりする。
ネットの怖さも教えてくれるのだ。

最近、気になった記事。
やはり未だに我が子の写真を公開している親御さんはいるのだろうか。
『我が子にもネットマナーを 4』

この記事では、女の子が自ら自分の写真を公開することもあると書かれている。
しかし、女の子が無知で軽い気持ちで撮った写真が、悪意のある第三者によってネットに載せられてしまう事もあり得る。
可愛い我が子の写真の顔の部分と、裸の画像を組み合わせて販売されたりすることもあると聞いた。
外国では、幼児ポルノに使われる恐れが高いので子供の写真などは不用意に公開しないと聞く。
まだまだネットについては発展途上国の日本であるから、親世代の大人もセキュリティについての意識が低い。

以前にわたしも記事を書いた。
『出会ってしまった♪~個人情報をウェブに載せるということ』
この中にリンクしているsugarさんの記事
『【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より』
どういったことで犯罪に巻き込まれるかわからない。
小学生、中学生の子供を持っている親御さんには、難しい年頃の子供が相手で何かと大変だろうが、ネットについても充分警戒するよう指導していただきたい。


ちょっと話はそれるが

最近見ている海外ドラマ『CSI:マイアミ』で、子供の集まるテーマパークで親が目を話した隙に子供がいなくなるという事件の話があった。
その時、母親が「子供がいないんです」と係りの人間に言うと、その店員が非常ベルにすっ飛んで行ってベルを鳴らすと同時に店中のシャッターが下りて封鎖されるという場面があった。

アメリカでは「子供が見当たらない」=「犯罪」というのが当たり前の図式になっているのだろう。

これが日本ならどうだろう?
「子供がいないんです」
店員「いくつくらいのお子さんですか?どんな服装ですか?」
店内放送「何色のお洋服を着た、何歳の、○○ちゃんという女のお子さんが迷子になっています」

そんなことをやっているうちに、もし犯罪に巻き込まれていたなら犯人は逃げるだろうし、最悪の結果も考えられる。

日本はまだまだ平和だなあ。
何もかもアメリカ式にするのがいいとは思わないけれど、危機感は持っていないといけないと思う。

子供を守れるのは、お父さんお母さんしかいないのだから、気をつけて守ってあげてほしいと思う。

こちらがPASORUさんの本。
奥さまは毒舌―農家の長男と結婚したら…すごいよ!
青月 ぱそる

4396612419
祥伝社 2005-04
売り上げランキング : 277390
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そしてドラマのDVD。
花嫁は厄年ッ!
篠原涼子 矢部浩之 岩下志麻

B000ICLXU6
TCエンタテインメント 2006-12-22
売り上げランキング : 22271
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


  1. 2006/11/28(火)|
  2. ブログ・ネットなど|
  3. ネット 子供 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<「スリング・ブレイド」 | ホーム | いじめではなく、犯罪>>

コメント

たしかに・・

小中学校の女の子の写真なんて危ないですよね。
今、読んで始めて気づきました。

考えても始まらないんだけど、子供の写真を傷つくように利用しなきゃならないんだろう?とそちらの方を考えてしまいます。
想像すれば、どんなに傷つくか分かりそうなものなのにね。

うちの息子も「人なんて信用しない」って、この前言っていたけれど、少なくてもネットの世界ではどんな人が何を考えているか分からないと言う事を教えていかなくてはいけないんですね。
  1. 2006/11/29(水) 07:36:02 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

> sakeさん

犯罪ですから。
子供が傷つくことよりも、自分の欲望や快楽の方が大切なんです。
映画「フライトプラン」でも7歳だったか8歳だったかの女の子が行方不明になって、
母親の口から出た第一声が「小さな女の子を狙う変態がいるのよ!」でしたから、
アメリカでは「幼児誘拐」は、お金目的より性犯罪のほうが多いのでしょう。
有名なところでは、あのジョンベネちゃん事件とか。

日本では宮崎勤事件とか。

もう単純に子供の画像などを見て「可愛いね~」と思うだけでなく、性の対象として見られているかもしれないという危機感を持たないといけない世の中になってきたというか・・・。

男の子だからって安心はできません。
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/00010553sg200507091400.shtml

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou05/0208ke76840.html

怖いですね。

kekeさんの「人なんて信用しない」っていうのは、思春期の男の子だなあ、なんて
ちょっと微笑ましく思ってしまうのは、
kekeくん的にはムカ・・・(-_-メ)っとするかもしれませんね(^^;
  1. 2006/11/29(水) 09:48:44 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

子どもの話とはずれますが...

偶然、あるサイトオーナーのご自宅とご実家の場所(お住まいの自治体・最寄駅あたりまで)を特定してしまったことがあります。

オーナーの方は気づいておられないようですが、「○○センター」という公共施設はその方のお住まいの地域限定の生涯学習関連施設でして(たまたま、生涯学習に関する勉強をしてたので、知っていた)....
また、その方が紹介している別のサイトオーナーの方が、「善意」でその方の裏サイト(ある情報サイトなのですが、そのサイトでは、あるページのオーナーになるためには、実名・顔写真公表が条件)を紹介し...
なおかつ、いろいろな本を紹介しているページは、数年前まで、地元の公共図書館で借りた本の表紙がアップされており(最近は、アフィリエイトも兼ねて、アマゾンなどから写真をひっぱっているようです)....

これで特定するな、というほうが、無理、というもの...

まあ、特定できる場合は、土地勘があるか、過去ログなどをまじめに読み込んで、個人情報を覚えておくのが好きな人が閲覧した場合位でしょうけど。
私自身は「○○さんのサイトは面白いけど、見る人が見たら、お住まい特定されちゃうよ....」と冷や冷やしながら見てました。
(普段よくいくスーパーまで固有名詞出してるんだものw)
  1. 2006/11/30(木) 14:30:05 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

それは、そのサイトの方に注意してあげた方がいいんじゃないですか?
葉桜さんが気付いた、ということは
もっと多くの人がわかる可能性もあるということですし。
冷や冷やどころではないような気がします。
  1. 2006/11/30(木) 15:07:39 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/372-f8b46b8b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。