magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「トスカーナの休日」

トスカーナの休日
フランシス・メイズ オードリー・ウェルズ ダイアン・レイン

B00063IX2S
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-11-17
売り上げランキング : 25425
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazon.co.jp
作家のフランシスは離婚後、親友にプレゼントされたトスカーナ旅行でこの地に魅せられ、丘の上の売家を衝動的に購入。さっそく修復にとりかかる彼女だが、トラブル続きで頭を悩まし、孤独感にもさいなまれる。そんなとき、気分転換に出掛けたローマで、ハンサムな青年マルチェロと出会い、彼女は恋に落ちていく。



ダイアン・レインって、日本人好みの美人だなあと思う。
この人の顔を嫌いって言う人は、そういないと思う。
チャーミングだし、親しみが持てる感じ。
ゴージャスさや妖艶さはないんだけど、お近づきになりたい美人だなあと思う。

しかし、アメリカ人というものは、シングルでいることがそんなに不安なのかと驚いてしまう。
前に見た同じダイアン・レイン主演の「理想の恋人.com」もそうだったけど、離婚したからといってそんなに焦ってすぐ次の相手を探さねばならないものなのか?
一人でいることが、そんなに孤独で救われない気持ちのものなのか?
映画だから、多少は大げさに作っているんだろうけど、まあ落ち着きなさいよって気持ちになる。

パッケージからは、トスカーナの自然が綺麗に見えるステキな家なんだろうなと思ったけど、あまり景色は出てこず、ちょっとガッカリ。

主人公のフランシスが、言葉もよくわからない土地で、家の改装を通じてよき友人にめぐり会えて、家族同然のように親しくなれるのは羨ましいなと思った。
こういうハートウォーミングな物語なんだから、無理にロマンスでハッピーエンドにすることもなかったんじゃないのかな、なんて思った。

心がゆったりしている時に見るのがお勧めです。

スポンサーサイト


  1. 2006/12/06(水)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 DVD |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
<<この頃ちょっと良い感じ | ホーム | 「スリング・ブレイド」>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/374-f649d40e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。