magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

代理お見合い

ニュースを見ていたら「代理お見合い」という特集をしていた。
少子化に歯止め!らしいが、要は30歳過ぎた独身の子供の結婚相手を親が見つけるために、パパとママが奔走するというもの。

ん~~~…何だか、モヤモヤする。

ある夫婦の前日の打ち合わせを見てみると
「やっぱ公務員だよな」
「競争率高そうね」
「これは年下だから」
「これに決めましょう」
なんて。
ホント品定めって言葉がぴったりな感じ。

当日のお見合い会場。
お見合いという名目ではあるけれども、大きな会議室に年配のご両親がずらっと並んで、色々説明を聞いた後、個別アタック開始。

公務員で30代前半くらいの男性は人気があるようです。

逆に女性は35歳過ぎると、話も聞いてもらえないというか
履歴書も受け取ってもらえない。

例のご夫婦は、娘さんが36歳で
「うちは、35歳までじゃないとダメなんです。孫がいないので」とか
「短大でですか?うちは四大出希望なんです」とか。
いろんな理由をつけて断られていた。

ああ、なんかモノ扱いなんだなあ…と。
何だか悲しくなってしまいましたよ。

わたしの友人にも、独身者はいる。
仕事が忙しかったり、結婚のタイミングが合わなかったり、
独身でいる理由はいろいろだが、共通しているのは
「結婚する理由がない」といった感じ。
女一人でも食べて行けるし、男も一人だって生活していける。
家事は家電がやってくれるし、一人でいた方が自由だし。

そういう考えで独身でいる人に、親が決めたお見合い話って億劫なだけじゃないのかなあ。
代理お見合いで、末永く幸せに暮らしている率ってどれくらいだろう。
あんな「孫生みマシーン」の嫁が欲しい姑とか、学歴差別偏見たっぷりの姑の息子と、親の決めた見合いで結婚してうまくいくのかなあ?なんて。

おまけに、そこまでして娘を嫁に出したい親だと、何かあったときに受け入れてくれるかしら。
「嫁いだのだから我慢しろ」
「離婚なんて世間体が悪い」なんていって、理解してくれないのじゃないかしら。

少子化は社会問題だと思うけど、こんなことが解決になるのかしら。

結婚って、何なのでしょうね。
スポンサーサイト


  1. 2006/12/24(日)|
  2. 日々是好日|
  3. ニュース 結婚 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:8
<<年末なのですね | ホーム | 「ザ・グリッド」>>

コメント

代理お見合い?!

やっぱりそう言う時代なんですね~

何年か前に知り合いが「就職説明会に親が来る」と聞いて驚いたことがありました。
今は結婚相手も親が選ぶものなんですね。

それで上手くいけばいいけれど、上手く行かなかったら、誰のせい?になるのかな?
それとも『結婚』と言う共通目的があるから、かえって恋愛結婚よりお互いにうまくやっていけるのかな?

自分の息子を考えると、たしかに首を突っ込みたくなる気持は分かるけれど、やはり自分で探して紹介してほしいですが・・・うちもどうかしら。
  1. 2006/12/24(日) 23:34:07 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

逆行それもまた時代

 うへぇ。
 昔は子供の育て方や教育にその家なりの一貫性があって 「私を育てて下さった父様、母様が決めてくださった方なのですから間違いはありません。」 なんて理屈が通ってた家庭もあったのでしょうけれど、

 現在そもそもが、子供に対して自由気ままに育つように教育してきた結果が今の日本なのに、今更親がでしゃばって子供の人生を振り回そうとしたって、本人たちが乗ってくるワケがないでしょうに。・・・乗ってくるのか?????
 

 ま、しかし、そういうのが会合として成り立つくらいに参加者もいることですし、世の中、ビジネスチャンスはゴロゴロ転がってるんですね。ぶっちゃけ、詐欺でしょ。
  1. 2006/12/25(月) 05:51:22 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

丸様の

>ぶっちゃけ、詐欺でしょ。
に私も1票!!!
そこまでして....
と私も思いまふ。
  1. 2006/12/25(月) 14:13:36 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> sakeさん

そこに、息子や娘の意志や同意があれば、代理お見合いもいいかもしれませんけど…。
あくまでも、息子や娘が「結婚したい!」という気持ちがあって、でも仕事が忙しくて出会いがないとか、異性と知り合う機会が少ないとか、お見合いを紹介してくれる知人がいないとか。
でも、結婚したいという本人の希望があれば、まだいいのかもしれませんけど。

結婚って、誰でも良いわけじゃないし
いくら条件がよくても、人間的に…とか
趣味が合わないとか、色々あるじゃないですか。
とってもいい人だけれども、どうしてもお友達以上に見れない人もいたり。

そういう男女の機微みたいなところをすっ飛ばして
「孫が欲しいから」良さそうな条件を親が見つくろって、っていうのが、
う~~~ん…どうもなあ、と感じたのです。

うまく行かなかったら、見る目のなかった親のせいになるんでしょうか。
  1. 2006/12/25(月) 22:17:14 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> 丸サマ

> ぶっちゃけ、詐欺でしょ。

「詐欺」とは違うと思う。
いわゆる「結婚相談所」に、本人じゃなくて親が登録してる形だと思います。
「結婚相談所」が、入会したからといって必ず結婚が約束されているものではないのと同じで、この代理お見合いも、親同士の条件が合ったら履歴書と写真を交換して、その後本人同士のお見合い→お付き合い→結婚という段階を踏むようです。
費用がいくらかかるのか知りませんが。

このワードで検索すると、いっぱい出てくるから、意外と需要が多くて儲かっている業界かもしれませんね。
  1. 2006/12/25(月) 22:30:07 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

わたしは、詐欺とは違うと思います。

親にとっては「そこまでする」理由と価値があるのかもしれませんね。
  1. 2006/12/25(月) 22:31:17 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

出遅れたけど。

これ知ってる~~。親が子供の自慢をしまくって、なんとかお気に入りの相手(実際はその親)をゲットしようと、モノスゴイ勢いで頑張ってるところをテレビで見ましたw。
物々交換かよっと突っ込み入れたくなりますね。
だけど、実際それで結婚する人は、お互いに「親が決めた人なら誰でもいい」って思ってるんだろうから、案外うまくいっちゃうのかね?
ほら、昔も「あの両親の娘なら見なくてもわかる!」ってなもんで、本人の意思に係わらず嫁にもらったりしてたじゃない?それで本人達だって、「親が勧める娘なら間違いない」って、一生添い遂げるわけだからね。
要は「結婚観」でしょうかねえ。
あ、あたしは遠慮しますよ~、もちろん。
  1. 2006/12/29(金) 12:57:04 |
  2. URL |
  3. レンゲ
  4. [ 編集]

> レンゲさん

早々、まさしく物々交換

そうねえ、昭和初めの価値観なら「親の決めた許婚」なんていうのも
まかり通ったんでしょうけれど。

もし、嫁姑問題なんて起こったときに
「ボクちゃん、知らないもん。マミーが決めたお嫁さんなんだから」
なんて事にならないのでしょうか。
あのニュースに出てきたお姑さん予備軍達は、相当手強そうでしたよ。

わたしも、ご辞退申し上げますです、はい。
  1. 2006/12/30(土) 16:32:03 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/381-c36f209b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。