magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「様」と「御中」

出人さんの記事『「御中」の使い方』を読んで、
あ~~!わたしも同じこと言われたあ!と思い出した。

わたしは、何度か転職しているので新人時代を幾度も経験している。
なかなか個性的な先輩や上司もいて、こちらが「それは間違いでしょ」と思うような指摘も受けたことがある。

出人さんの記事にある「○○会社御中△△様」と書けと言われたこともあるし、
「○○会社御中△△部長様」と書けといわれたこともあるし、
一番びっくりなのは「○○会社御中 御社長様と書けといわれたときだ。

「御社長様」って・・・アップロードファイル

さすがにその時は先輩OLさんに相談したが、結局その指示を出した人は嫌われていて、
何でも自分の思い通りに他人が動かないとキレて騒ぎ立てる人だったので、
面倒くさいからその通りにしましょうと言うことになった。
絶対チェックして「御社長様」と書いてなかったら、
「木蓮が指示通りに書かない。常識のない失礼なやつだ!」と暴れるに決まっているし、
その人の名前で出すんだから、恥はその人がかくんだから放っときましょう。
ということになり、そのまま書いた。

作家さんの名前は忘れたが、エッセーで
「わたしは相手に失礼がないように、宛て名は○○会社御中△△様と書くようにしている」と書かれているのを読んだことがある。
まあ、敬称を忘れるよりは重複した方がましだろうという考え方かもしれない。
しかし、その人は
「最近の会社は電話の受け方がなってない。こちらの名を尋ねるのに
『失礼ですが?』としか言わない。『失礼ですが、どちら様でしょうか?』と尋ねるべきだろう。
そういう失礼な問い方をされた時は、わたしは名乗らないことにしている」とも書いていて、
いやいや、それはあなたの方も失礼なのでは?と思ったのを覚えている。
誰の何ていうエッセーだったかなあ。
結構マナーについて色々かかれてたが「電話をかけても名乗らない」というところで、
一気に冷めてしまってほかの事は覚えていないのだ。

ビジネスマナーも細々とあって、地方によっても受け答えに特色があったりして、
転職すると業界によっても常識はいろいろなので、初めて知った!ということも多い。

東京の会社に電話をかけると「お世話様でございます」と言われることが多いが
西のほうは「お世話になっております」と言うことが多い。
これも地方色なんだろうか?
スポンサーサイト


  1. 2007/05/20(日)|
  2. 日々是好日|
  3. ことば ビジネスマナー 人間関係 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:11
<<日本語検定 | ホーム | かゆい!>>

コメント

うん

どうも。お、経験有りですか~。あるんですね。やはり。

ただ、たちの悪いのは、そのクソ丁寧主義者が自分の先輩であることもさることながら、その宛名の相手様御自身でいらっしゃりあそばされるときですよね。

その先輩が「わたしも変だと思うけど、この人にだけは、○○社御中、御社長様って書くようにしないと、あとでアレなんだわ。いいじゃない、これも顧客サービスと思ってやっときなさい~」と言われたら、ちゃっかりそうなさったと存じ上げますです。
  1. 2007/05/20(日) 08:50:21 |
  2. URL |
  3. 出人
  4. [ 編集]

そうなんですよ

会社生活で一番怖いのは、OLを敵にまわすことなんではないかと
思ったりします。
普段から嫌われていると、非常識も指摘してもらえないし
「面倒臭いから」と放り出されてしまうのですよね。
「御社長様」と書かれた封書を受け取った会社が、どう思ったのかはわかりませんが、
この指示を出した人は「長」のつく役職だったのですが、その後飛ばされて
解雇されたみたいです。

宛名の相手先が「御社長様」と書かれるのを喜んでいるのだったら、
やはり顧客サービスの一環として、それはそれで良いことなのかも知れませんv-8v-8
  1. 2007/05/20(日) 09:09:04 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

そう言えば、

いつだったか、郵便局でたまたま見た封筒。
どうやら会社に履歴書を送る学生さんらしく、宛名が『○○会社行』のままだったんです。
そこで、お節介にも、「こういう時は、行を消して、御中って書くものよ」って口出しした事があります。

私が学生の頃はこういうこと教えてくれたけど、最近は教えないのかなあ?
  1. 2007/05/20(日) 22:18:22 |
  2. URL |
  3. [ 編集]

結婚式や葬式で

表書きを見るとその人の「人となり」が見えてきますよね。

話は違いますが....
時々「宅急便で返却可」の遠方の(市民開放している大学図書館とか、都道府県立図書館とか)図書館に宅急便で(そのほうが、直接行くより経費が安いw)本を返却することがありますが、あて先は「○○図書館 貸出担当者様」と書いているけど、これって、正しかったのかな、と今、ちょっと(いや、かなり)不安になってます.....
  1. 2007/05/21(月) 10:12:29 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

> 杏さん

最近は教えないのんでしょうか。
でも、わたしも特に教わった記憶は無いんですけど
マニュアルとかに書いてあると思うんですよね~。

話は違うのですが、願書提出時期だったのでしょうか混んだ郵便局で
一人の学生さんが窓口の人に「返信用封筒にも切手を貼らないといけませんよ」と言われて
その意味がわからないのか、何度も同じことを言われて固まっていました。
一般的なこと、常識的なことが通じない時代になっているのかな~と思いました。

結婚披露宴の招待状の返事も、結構年配の方でも書き方を知らない人もいるみたいですし、
杏さんに教えてもらったその学生さんは、ラッキーでしたよね。
  1. 2007/05/21(月) 18:24:37 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> 葉桜さん

貸出担当者「様」でいいんじゃないでしょうか。
貸出係なら「御中」と付けたいところですが。

正しくはどうなんでしょう~~v-236
  1. 2007/05/21(月) 18:35:16 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

宅急便の荷札って

ご丁寧に「.......様」ってなってますよね。
それを2本線で消して「貸出係御中」ってするのが面倒なので、「貸出担当者」ってしちゃいますね。
  1. 2007/05/21(月) 23:18:22 |
  2. URL |
  3. 葉桜
  4. [ 編集]

正しくというより原則は

正しくというより、原則ですが、当然ながら、
「様」は人につけ、「御中」は組織につける
ですよね。

「部」「課」は組織ですから「御中」、「担当者」は人ですから「様」でしょう。
「係」は微妙です。どっちでもいい感じですね。


  1. 2007/05/21(月) 23:53:59 |
  2. URL |
  3. 出人
  4. [ 編集]

懸賞の

主婦雑誌に載っていた「懸賞に当たる応募はがきの書き方」みたいなので、
「○○係御中と書きましょう」と書いてあったのを読んでから
「係には御中」と思っていましたよ。
  1. 2007/05/24(木) 04:42:14 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

はい

わたしも原則「係」は「御中」です。わたしの記事の中ではそうしてます。

ただ、様でもいいときもあるかなと、ちょっと思ってみないでもないんです。そうですね。たとえば、仕事上のつきあいかなにかで、その係が誰か名前を知らなくて、ただ経験的に一人の人がやってるのを知っていたりして……なんてシチュエーションです。

「係」とか「委員」って、そういうイメージの言葉かなって思ったのです。
  1. 2007/05/24(木) 07:30:15 |
  2. URL |
  3. 出人
  4. [ 編集]

委員

「○○委員」とくれば「殿」と付けたくなりますね。
しかし、「殿」は目下の人に付けるもの、という印象が強いので
やはり「様」なのでしょうか。
  1. 2007/05/24(木) 18:34:18 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/409-b94a92fb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。