magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「アサルト13 要塞警察」

アサルト13 要塞警察
イーサン・ホーク ジャン=フランソワ・リシェ ローレンス・フィッシュバーン

B000FMGTFI
ポニーキャニオン 2006-08-02
売り上げランキング : 39923
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「Oricon」データベースより)
激しい吹雪に見舞われる大晦日のデトロイト。老朽化のため、その日を持って閉鎖される“13分署”を謎の武装集団が襲撃する。多数の銃器と爆撃の凄まじい攻撃に、警官と収監された犯罪者は手を結び、脱出を試みるのだが悉く阻止され、次々と仲間は殺されていく。



「アサルト」と聞いても、何のことかわからないので英和辞書で調べてみると
「~~を猛襲する」「~~への猛攻撃」という意味らしいです。
「13」は13分署のことで「13分署が猛攻撃される」話なのですね。

なかなか面白かったです。

出演者が「あ、知ってる~」な人ばかりで。
主役の二人はもちろん。
イーサン・ホークのカウンセリングをする女医さんは、「ER」に出ていたアンナ・デル・アミコ役のマリア・ベロ。
囚人の一人はジョン・レグイザモ。「エグゼクティブ・デシジョン」の軍人役。結構アクの強い人。
悪徳警官のボスに、ガブリエル・バーン。病気でもしたの?って思うくらい痩せてた。
「アサシン」のエージェント役がスマートで印象的だったけど、あれも15年くらい前なのね~。

ストーリーは「お?『スズメバチ』的な感じ?」と思ったけど、それよりも一方的な感じで、
全然「要塞警察」じゃないじゃん!と思った。
「要塞」どころか「穴だらけ」で。
数少ない味方は、バンバン殺されちゃうし
ヒロイン的役割なんだろうと思ってた人も、簡単に殺されるし
お決まりの裏切りもあり。
でも、スピード感たっぷりで飽きさせない展開だった。

イーサン・ホークは、こういったハードな物語の主役ってどーなの?と思ったけど、
ローレンス・フィッシュバーンの強面振りとの対比とすれば、
なかなか「妙」なキャスティングと思えた。
見て損はないといった感じ。

印象的だったのは、秘書(?)役のドレア・ド・マッテオ。
ゴージャスでエロっぽい女の人。フェロモン、ムンムン。

スポンサーサイト


  1. 2007/06/09(土)|
  2. 映画の話|
  3. DVD 映画 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
<<「県庁の星」 | ホーム | 「スッピン」とは、どの程度?>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/415-981332af
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。