magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「プリティ・イン・ニューヨーク」

プリティ・イン・ニューヨーク
ミラ・ジョヴォヴィッチ デヴィッド・クラムホルツ デニース・リチャーズ

B00077D97W
ポニーキャニオン 2005-02-16
売り上げランキング : 50252
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「Oricon」データベースより)
二人の女性の間で揺れ動く、不甲斐ない男を中心に描いたミラ・ジョヴォヴィッチ主演で贈るロマンティク・ラブ・コメディ。



いやいや・・・。
ミラ・ジョヴォヴィッチは、なぜこんな映画を引き受けたんだろうか?と、疑問を持ちながら見進めていくと
なんだか、ちょっといい。

最初のオーウェンのダメ男っぷりが、あまりにもひどくて失笑物だったが
広い心で見守るナディーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のおかげで、
彼のダメ男っぷりも愛すべきものに見えてくる。
昔のメグ・ライアンの「恋人たちの予感」を思わせるストーリー。

作中ナディーンがオーウェンに言う台詞。
「あなたに愛がわかるの?愛は覚悟よ。秤にかけるものじゃない!」
まったくもって、その通り!
「愛する」ということには、相当の覚悟が要る。
相手の人生をも引き受けるだけの覚悟をもって「愛している」という言葉を使って欲しいな。
肉欲は愛じゃない。
昨今の風潮を見ていると、そのあたりが気になる。

いやあ~、年のせいでしょうか。

恋人たちの予感 (特別編)
ビリー・クリスタル メグ・ライアン キャリー・フィッシャー

B000KQFC2U
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26
売り上げランキング : 36615
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも好きな映画だけど、この二人は最後まで「友達」でいたほうが良かったのでは?
と、見た後に思った。
男女の関係になると、友達同士だったときには魅力だったり気にならなかったことが、
欠点に思えたり許せなくなったりする。
この二人は、関係を持たないほうが良かったんじゃないかなあ。
一夜を共にしてから後の展開は、急に面白くなくなった気がした。
スポンサーサイト


  1. 2007/09/08(土)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 DVD |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
<<久しぶりにのんびり・・・ | ホーム | 看護婦さんの手>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/437-844fceab
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。