magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KY

若者の言葉というものは、いつの時代も上の世代のものからは何を言っているのかさっぱりわからなくて、
ある意味仲間同士だけで通じる「隠語」のようなものだ。

前日テレビで最近の若者言葉を解説していて、その中にこの「KY」があった。

これは「空気(K)が読めない(Y)」という意味らしい。

ほ~~、イマドキは若い人のお付き合いで、そんなに「空気を読む」ことが大切なのだな、とちょっと意外な気がした。
若者といえば、コンビニ前や電車の中や道端や、どこでも地面にしゃがみ込み
それこそ通行人の迷惑など考えないで、勝手気ままに行動するものだと思っていたが、
仲間内では空気が読めないと嫌われるのか。


ところで、わたしは自他共に認めるバカ正直人間である。
他人の言うことは、たいてい信じる。
自分も、思ったことしか言葉に出さない。
心にもないことなどは、言えない性質だ。

先日ある掲示板サイトを見ていたら「気がきかない人」という題で、自分の周りの気がきかない人たちを嘆いている投稿があった。
その中の一文を読んでびっくりした。
友人同士で車で移動した際に、駐車場代など相手が「いいよ」と言うと「あ、そう」と言って本当に出さない人がいる、と言うのだ。

「いいよ」と言うなら、本当に「いい」のではないの?
「どうぞ」と言うなら、本当に「どうぞ」ではないの?

「普通、一度は断るものでしょう?」と言われても、じゃあ、何度断られたら本当に「いい」のでしょうか。

「どうぞ」「いいよ」「どうぞ」「いいよ」と、何度繰り返せば、受け取るか引っ込めるか決まるのでしょうか。

本当にそういうのって面倒くさい。
誰かが車を出すなら、駐車場代は残りの人でワリカンで。とか、簡単に決めちゃえばいいのに。

「いい」と言う人も、本当は欲しいなら「ありがとう」と受け取ればいいのに。

こう考えるあたり「超KY」なのかもしれない。


今日、またその掲示板を見ていたら、パン屋さんに勤める人が
子供が落としたパンを取り替えようとしたら、親が「結構ですよ」と言ったので、そのまま精算したところ
後日その人から「結構ですと言っても、取り替えるのが普通でしょう?」とクレームが入ったとか。

ああ、面倒くさい。
取り替えて欲しいなら「結構です」なんて言わなきゃいいのだ。
それについている返事の中に「最低3回は繰り返し聞く」なんていうのもあって、ああ何と面倒なことか・・・。

社交辞令はお付き合いをスムーズにするために必要なものとわかってはいるが、それならば後でクレームをつけるなどという無粋なことも無しにしていただきたい。

「そうは言っても、相手はもう一度すすめてくれるだろう」とか
過度な期待は持たないほうがいいような気がする。
一度断って相手が下がったら、「自分の言ったことを受け入れたのだ」と受け止めれば
世の「気が利く人たち」も、それほど腹が立たないのでは・・・

と、超KYなわたしが言っても、説得力がないのだが(^^;;
スポンサーサイト


  1. 2007/09/28(金)|
  2. 日々是好日|
  3. 言葉 建前 |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:6
<<井ノ原快彦という漢 | ホーム | 専用醤油>>

コメント

KYかぁ

私も「ここはいいよ」と言われれば、サッサとサイフをしまいます。
「まぁまぁいいから」なんてやり合ってられないし、ほしければ最初から受け取ればいいと思っているので。

KYって言うのも、何を基準に空気読めないとしているのか・・・
KYって言う言葉を発する人が、本当は一番空気読めてなかったりして。
そう言う言葉は先に行ったもん勝ちのような気がします。私のように先んじて言えないのは、KYとみなされちゃうかな?
  1. 2007/09/28(金) 22:06:45 |
  2. URL |
  3. sake
  4. [ 編集]

> sakeさん

わたしも、口先だけの「どうぞ」「いいわよ」なんて、レジ前のおばちゃんのような会話は嫌です。
自分が「いいよ」というときは、本当に「いい」と思っているからなので
本音と建前がうまくわからなくて、「気が利かないわね!」と陰で言われていると思います。

若者が言う「KY」は、多分「ノリが悪い」とか、そういう意味なんだろうなあって思います。
片方では「ソンナノカンケイネー」と言いながら「空気を読め」とは、相容れない考えだと思うので。

> そう言う言葉は先に行ったもん勝ち

そうだと思います。
何でも、先に言っちゃったもん勝ちですよね。
  1. 2007/09/29(土) 09:50:30 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

なんだか分からん優越感

 他人を貶める言葉を使用して、自分を優位に印象付けたがっているのだそうですよ。最近の若者は。
 珍しく読書したら、そんなこと書いてました。

 私はある程度空気読みますけど、自分の立ち位置を変えずに自分の有利な方に相手を動かして流れ変えますね。あるいは無視してこっちに流れを寄せる。

 この「KY」だとか、ちょっと前の「うぜぇ」とか「ムカつく」とか自分の感情を言い捨てて、何の解決にもなってないのにそれで物事や相手との関係が終了になると思い込んでいる人たちがあまり好きじゃないので、そういう人には構いませんけれどね。
  1. 2007/09/29(土) 17:11:06 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

KYね~。

KY,ワタシも実はゆうべ知ったばっかし。
場の雰囲気を読めないってことで使うのでしょうね。
盛り上がってる雰囲気をシラケさすとか、
逆にしんみりムードの時におちゃらけた事を言うとか。

木蓮さんの言うような場合の、面倒くさいKYですが(笑)
一歩引くことや遠慮することが美徳とされる日本人には多いですよね。特に中高年。
それが本心ならいいんだけど、実は内心は違ったりするから面倒くさいんだよねー。
その点では若い子の方がストレートでわかりやすい気がしますよね。
永遠の25歳も、実は中高年の部類に入る歳なので、見習わなくちゃ!
  1. 2007/09/29(土) 18:56:19 |
  2. URL |
  3. レンゲ
  4. [ 編集]

> 丸サマ

その本、わたしも読みましたですよ。
多分、同じ本だと思うけど、題名が思い出せない。

「空気を読む」というのは、実はかなり高度なことで「チョ~ムカつく~~」
などと口走っている若者ができる芸当ではないと思うのですが、
彼らは彼らなりに、グループの中で自分の立ち位置を探り合っているのかもしれませんね。

若者が生意気なのは、今に始まったことではありませんが
他を貶めて自分を高く思い込むより、自分を高める努力をしなければなあ。
それって孤独なマラソンランナーみたいなもので、自分の前にも後ろにも誰もいなくて、
それでもより早く走りきるために最後まで頑張らなきゃいけない。
誰かの背中が見えていたり、後ろから来る足音が聞こえていたりするよりも、
ずっと難しいことだけど。
それでも走らないといけないんだなあ。
  1. 2007/10/01(月) 00:32:52 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

> レンゲさん

> 一歩引くことや遠慮することが美徳

そう。日本人の美徳。
しかし、本当の美徳であれば、それだけで満足なはず。
「一度は断るものなんだから、後2回は勧めなさいよ!」とか、自分は断っておいて後日クレームをつけるとか、
そういうことはしないのが「美徳」なんじゃあ?と思うのです。
それって、全然スマートじゃないよ、と。

「美徳」が形骸化しているだけなら「じゃあ、駐車場代はワリカンね」と言っちゃった方が、
お財布を出すタイミングを計りかねている人にとってもありがたいと思うのです。

色んな事柄が変わりつつあるのだから、その時々に合わせたスマートさがあってもいいと思うんですがね。

永遠の28歳は、本心で話してお互いに気配りできる社会になればいいのになあ、と思うのですよ。
あ、そういう変化の過渡期で、「本音でOK派」と「本音と建前派」が混在しているから、わかりにくいのかなあ。
( ̄~ ̄;) ウーン
  1. 2007/10/01(月) 00:40:31 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/445-14f43f73
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。