magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「怒りの方法」

怒りの方法 (岩波新書)
辛 淑玉

4004308909
岩波書店 2004-05
売り上げランキング : 84571
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出版社/著者からの内容紹介
うまく怒れないという悩みは意外に多い.だが,怒りは,生きるエネルギーにも,人間関係を変えていくきっかけにもなる.どうすれば,怒りの感情とうまく付き合って,それを効果的に相手に伝えられるのか.社会への怒りは,どう表現すればいいのか.怒り上手を自認する著者が,怒りの素を取り除く方法を,わかりやすく伝授する.



つい、迷った時に読み返してしまう本。

「怒り」をウマく表すのは難しい。
つい「噴火型」になってしまったり「玄関マット型」だったり「放火型」だったり。
なかなかウマく「問題解決型」にはできない。

「怒り」をウマく表せないのは、他人様もご同様のようで
わたし達はお互いに「怒り」に慣れていない。
だから、「怒り」を表すことがヘタなのと同様に、受け止めることもヘタだ。

この本はハウツー本ではない。
「怒り」を感じる事柄は、それぞれ様々なので「こういった場合はこう」といった事例を
挙げるのは難しいのかもしれない。

「怒り」をウマく表現するには、まず確固たる「自分」という存在が無いとダメだ。
価値観や基準値がブレないでいること。

時々「わたしの感じ方はおかしいのかしら?」と迷うことがある。
しかし、わたしはそう感じるのだ。
そう感じることは、おかしいことではない。と気付かせてくれる本でもある。

スポンサーサイト


  1. 2007/12/22(土)|
  2. 本の話|
  3. |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:2
<<「新 自分で治す「冷え症」」 | ホーム | 自律のココロ>>

コメント

今の自分は自分

 本当の自分はどこか別の場所に眠っていて、かりそめの自分がこの世で生活している

 そう考えていた時期が私にはありまして。
 それも尾崎豊の「卒業」の「あと何度自分自身 卒業すれば 本当の自分にたどり着けるだろう」という一節、その言葉に影響された15~16歳の頃に考えてしまって、深く考え込んで迷って。

 そりゃあ、暗い青春時代を過ごさせていただきましたぁ~あっはっは~。

 その悩んでいる自分が「本当の自分」なのだと気づいたんですよ。

 だいぶ経ってからなんですけどね。
 ある友人と話していて、その自分よりもはるかに上手い具合に世の中と折り合いをつけながら生きているように見えた友人が、実は自分と似たような無駄な苦悩を抱えていることと、その友人が私に対して私が彼に対して思っているのと同じ印象を持っていたを知って。

 >確固たる自分がないとダメ
 「~じゃないとダメ」って思うと、自分にプレッシャーがかかっちゃいますよ~。
 世の中は多種多様なもっともらしい戯言と欺瞞に満ち満ちていますから、心は絶えず揺れ動きます。そんな自分で良いと思うんです。
 でも、「これだけは譲れない!」という絶対的ライン引きは必要だと思うんです。それを「信念」と呼ぶのか、「確固たる自分」と呼ぶのか、それを越えてくる者を排除したり戦ったり、あるいは回避・無視する術くらいは持ち合わせるべきだと私は思うのです。
  
 >「わたしの感じ方はおかしいのかしら?」と迷うことがある。

 私も日々「迷いの中」です。 
 迷いながらでも、自分が感じるように動けるようになりました。
 その先にあるものが成功でも失敗でも、道は続いて行くものだということも経験から知りました。思い知りました。

 ゆえに「俺のやってることがおかしいと思うのであれば、アンタらはそこで笑ってろ」と開き直るようになりました。それでも凹んでる時には「らしくない」と言われれば落ち込みますけど・・・。

 そう感じることは、おかしいことではない。

 またお互いに「どう感じるか」をぶつけ合って、新しい自分に出会える旅を続けて行きましょう~。
  1. 2007/12/25(火) 05:24:25 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

> 丸サマ

> 「これだけは譲れない!」という絶対的ライン引きは必要

そうそう。
「これ」っていう基準が無いと、怒れないですもんね。

世間では、何でも笑顔で受け止めてサラリとかわして怒りを表に出さない人を「大人」というようですが、
怒りを感じているなら、それをうまく表現できる方がいいんじゃないかと思うのです。
ぶつけるんじゃなくて、問題解決のために話し合う。
それでもダメなら、回避する。

職場でも、いろんな不満を持った人が話に来るんだけど
「自分で言っちゃえば?」というようなことが言えなくて悩んでいる人も多い。
怒りや不満を表面に出すと、人間関係が終わってしまうと考える人が多い気がする。
ガーッと怒って、今後のお付き合いはプッツリ切るとか。

そうではなくて、怒りを感じる部分や、不満な部分が改善されればもっと良い関係が築けるはずだから、そこを調整しましょうという感じに、お互いの気持ちを話せればいいのにな、と感じたりするのです。

それには、お互いに成熟していないとダメなのかな。
「怒り」を表すほうと受け止める方、どちらも成熟した考えを持っていないと
うまく話し合いも進まないかもしれないですね。

最近、ちょっと疲れた。
体も疲れてるのに、なんかいろいろ考えちゃってε=( ̄。 ̄; フゥ…
  1. 2007/12/28(金) 08:40:45 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/465-d10367de
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。