magnolia~日々是好日

雑記帳。日々のできごと。思いつくままに。 本館『magnolia』の日記代わり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. |
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

字幕派?吹き替え派?

映画字幕で業界が四苦八苦 若者の知的レベル低下が背景か?

若者の活字離れが進む中、映画会社が洋画の字幕づくりに苦慮(くりよ)している。文字数を減らすだけでなく、漢字の使用を最小限にし、極力ふりがなをふる気の遣いよう。「読み」だけでなく、中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも。こうした事情を反映し、アニメだけでなく、実写映画でも吹き替え版が急増。映画業界では「若者の知的レベルがこれほど下がっているとは…」と驚いている。(岡田敏一)



以前どこかで「日本人は字幕が好き」という記事を読んだ。
海外では、外国の映画が封切られる場合、ほとんどが吹き替えらしい。
それだけ日本人は、オリジナルを愛するというか、生の声を尊重する傾向にあるらしい。

わたし自身、洋画を見に行く時は迷うことなく字幕を選ぶ。
外国の人が日本語を喋っているなんて、何だか違和感がある。
それに、日本人は演技過剰というか、なんか妙に吹き替えの声がオーバー過ぎたり
力みすぎたりしていると感じることが多いからだ。

しかし、最近海外ドラマを多く見るようになって「吹き替えの方がいい」と思うこともある。
「ER」は吹き替え放送のときを選んで見るし、「CSI」もレンタルDVDで見るのだが、
声は吹き替えにして日本語字幕を出して見る。
この二つのシリーズは、何だか吹き替えの声がしっくり来るのだ。

日本語の台詞を聞きながら、字幕を読んでいると
やはり言葉にした方が文字よりも情報量が多いな、と感じる。
字幕は文字数に制限があるため、実際の台詞を要約していることが多い。

その短い字幕が読めない若者が増えているということ。
当然知っているだろう歴史や、言葉を知らない若者が増えているそうだ。
「ゆとり教育」のせいですか?
別に字幕が吹き替えになってもいいとは思うが、言葉や歴史は自分で勉強しないと。
文字を読む機会も、昔に比べて減っているんだろうなあ。



「CSI」シリーズ。マイアミやニューヨークもあるけど、わたしはラスベガスが一番好き。
CSI:科学捜査班 シーズン5 コンプリートDVD BOX-1
ウィリアム・ピーターセン, ジェリー・ブラッカイマー

CSI:科学捜査班 シーズン5 コンプリートDVD BOX-1
CSI:科学捜査班 シーズン5 コンプリートDVD BOX-2 CSI:マイアミ シーズン3 コンプリートDVD BOX-1 CSI:マイアミ シーズン3 コンプリートDVD BOX-2 CSI:マイアミ シーズン4 コンプリートDVD BOX-1 CSI:4 科学捜査班 コンプリートBOX2
by G-Tools
スポンサーサイト


  1. 2008/06/09(月)|
  2. 映画の話|
  3. 映画 ニュース |
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:4
<<日本でサマータイムを導入する意味 | ホーム | 「ベスト・フレンズ・ウェディング」>>

コメント

知的レベル低下・・・

 小さい頃から心を育むような「名作アニメ劇場」も見ることなく、お気楽なバラエティー番組に慣らされて育ったら、そうなって当然かも・・・。

 “当然知っているべき”歴史や言葉を知らないのは、なにも若者だけじゃないんですけどね・・・>岡田敏一氏(苦笑)。自分たちの世代はセーフだと思い込みたいのかなぁ?
  1. 2008/06/09(月) 20:53:41 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

当然知っているべき

昨日テレビで、女子アナウンサーが「福笑いって何ですか?どうやって遊ぶんですか?」と
真顔で質問しているのを見て、えぇぇ~?っと思ったけど、
今時やらないもんねぇ。
お正月だからって、一家で揃ってカルタや双六なんてしないし、日本の文化もそうやって廃れていくのですねえ。
ウィーとかDSとかにやられてしまうのでしょうねぇ。

最近のおバカさんたちが出ているクイズを見ても、「文章を理解する」ということが全ての基本だなあ、と思ったりする。
彼らは、とっても愛くるしくて好きなんだけど。
活字離れがイカンのでしょうか。
  1. 2008/06/10(火) 21:47:33 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

活字

 私、普段はちゃかして「週刊プロレス」と漫画しか読みません。なんて色んな所に書いてますけれど、これはほとんど事実なんですよ。
 ただ、この「週刊プロレス」が侮れない。今は私より若い編集者が主流になってそれこそ作文・感想文のレベルの記事みたいなのが多くなってしまいましたが、10~15年前の「週プロ」には夢やロマンや情熱があった。プロレスという競技をベテラン記者が多方面から得た情報を交えて文学に昇華させていた記事が多かったんですね。あれによって文章を書く力が鍛えられたと思ってます。なんだかんだで、活字に触れ合っている私です。

 
 今は・・・活字と言えばテレビのテロップ。
 あれの誤字脱字は意外と多い気がします。
 ただ、ああいうワンフレーズをテロップで出すから、活字離れというよりも文章離れが深刻であると捉えた方が良いのかもしれませんよね~。

 会話形式の活字ならテレビゲームにもやたらと出てきますけれど、状況説明とか時間経過、風景描写の文字表現となるとからっきし出てきませんし。本当は、文字で書かれた情報からどれだけイメージできるかという部分が一番大切なのでしょうけれど、テレビやゲームはその肝心なイメージというかビジョンの部分がすでに作られてるわけで。
  1. 2008/06/11(水) 05:50:49 |
  2. URL |
  3. フクフク丸
  4. [ 編集]

> 丸サマ

「物語」を読まなくなってるかもしれないですね、最近は。
いわゆる「古典の名作」とか。
心情とか、風景とか、心に沁みるような文章を読んでないからかもしれませんね。
文章を読んでないと想像力も貧困になるのかも。

記事にあった、「ナチスって何?」については、単に勉強不足かもしれませんが。

  1. 2008/06/13(金) 18:47:12 |
  2. URL |
  3. 木蓮
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magnolia02.blog9.fc2.com/tb.php/502-e21ef8f7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。